2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2014年03月28日 (Fri)

滝沢歌舞伎in博多座  鑑賞のお話

堂本光一くんに続いて、タッキーが博多座にやって来てくれています。
確か29日はタッキーのお誕生日ではなかったかな? きっとすごい数のファンの方がチケットを求められていることでしょう。

あたしも是非1一度は拝見したいと、チケット取りに動いたのですが、発売はあたしが博多座会に入会したかしないかの頃で、
両親も気がついていなくて、(なんせ博多座会の先行はすごく早い・・・)フリーの立場でチケット取る羽目に。
ハガキで申し込んで、親にもはがき出してもらったけど、かろうじてあたしのハガキが当たりました。
DSC_0050.jpg  DSC_0048.jpg  DSC_0049.jpg



19日水曜日の昼の部、2階の一番後ろの席でした。





何度か行った博多座ですが、歌舞伎で行ったことがないのよね・・・ミュージカルばかりです。
それで壁の提灯の列が目に留まりました!
本格歌舞伎でも、ここは提灯なのかなあ~  なんて想像して見てました
DSC_0052.jpg



席はほぼ満席。あたしは通路沿いの席ですが、一番後ろだったので、通路の突き当たりに椅子が二つ置かれて席になっていまして、一人座られました。




公演はパートに分かれています。
(記憶の薄い人間の書くことなので、怒らないで読んでください)
最初に歌やダンスっぽいの。
次に、短かめの四季に合わせた歌舞伎。
そこまでで幕間になった。
後半は源義経のお話。 タッキーは大河ドラマでやったよね。


最初のパートに歌舞伎らしく、正座で挨拶があった。
スノーマンがまずがっしりと脇を固めてて、一人ひとり意気込みを話す。
でも、ふっかーだけは「最近いつも寝ていると言われますが・・・目はこれで精一杯開いています!!」って爆笑誘っていましたよ。
あと、今回初参加と言うはせじゅんがいて。 風間くんがすごくメジャーになったので、こういう舞台にも出られて良かったな~なんて思えて。
注目は親子出演の京本くん&お父さん。お父さんは義経までは出てこられませんよ。弁慶の役なんです。
あとはThey武道二人とか、バイオリンの後藤くん、ピアノの石垣くん、などなど・・・



一番最初の部分はあまり歌舞伎!って感じはなかった気がするけど、
四季の歌舞伎はきれいでした。
特に最後の冬のは、舞台がとってもきれいな冬の感じで好きでした。

案内役のはせじゅんが、「次は・・・です」とアナウンスを入れてくれるけど、突然2階席に居たりしてね!
とにかく「滝沢歌舞伎」ですから、タッキーの舞台!独壇場!って感じ。
フライング、立ち回り、早着替え、有名な舞台上での白塗り、太鼓共演・・・・
申し訳ないけど(笑)フライングは亀ちゃんのを見てる亀担では「これだけ?」って感じね。
亀ちゃんはめちゃくちゃ飛んでいたんだな・・・と、今更思うよ。 でも、タッキーもはせじゅんと同じ位置の2階席に現れて、そこから飛んだのは良かったわ~
サイドにたくさんゆったり席がある博多座ならではね。
あの瞬間のために、あの席取りたくなるけど・・・ジャニは席が選べないもんなあ・・・

立ち回りは、たくさんたくさんあるし、やっぱすごいね。
タッキーが福岡の番組で「右手だけ太くなった」って話してたもん。

早着替えは多いよ~~  舞台上の白塗りの時に、スノーマンが時間つなぎを頑張るのだけど、その時タッキーの舞台の歴史が語られるんだ。
滝沢演舞城からずっとね。スクリーンに様子も流れるよ。
その時に、歌舞伎界でずっと昔から行われてる早着替えと言うか、衣装の早変わりだね、その秘密の解説もあったよ。
このときのVTRには、あたしの認識の範囲では藤ケ谷くんとか横山くんがチラッと写ってた!
この早変わりや、予想しないところから現れるタッキーで、タッキーと言う存在が幾重にもなって、独壇場でもバラエティに富んで見えるんだと思えます。


舞台上での白塗り。へえ~これなんだあって感慨。
とにかく出ずっぱりなんだから、止まったら汗が吹き出るようで、傍についてる黒子二人のうち一人は扇ぎ係。
髪をまとめて、下地から作ってく。普通の数倍の速さなんだって・・・
中央やや上手にスポットの中にタッキーがいて、下手側にスノーマンが並んで立って、いろいろ話して、歴史の映像流しつつ、間を持たせます。


太鼓の共演は迫力あったなあ~
全員上半身裸ですが、みんな筋肉がすごい! タッキーが一番すごく見えたのはさすが座長です。
筋線維が筋状に盛り上がってて、背中にも筋が見えてね。ギリシャの彫刻みたいな。
でもね。 ふふ。  後藤くんと石垣くんだけは、ちょっとぽっちゃりでね・・・(笑)
透明な台の上に太鼓が乗ってて、タッキーが叩くのですが、その台が廻るの。
タッキーは太鼓と共に台に固定されてて、真横になったり、逆さになったり!!
でも、その見た目パフォーマンス以上に、たくさんの太鼓の音の重なりが好きだった~
音響のいい状態での太鼓って、SHOCKでも感じるけどうるさくないの。お腹に響く感じが心地いいんだよね。


すごいのは、プレゼント受け取るコーナー。
タッキーが小僧みたいな役のとき、客席の一番前の列にプレゼント受け取るために下りてく。
かごに入れてもらいながら話をする。
遠くから来てる人いたし。 前日に綿菓子の機械を渡したらしく、お砂糖を持って来てある方。
渡辺くんに「話し方の本」渡したり。滑り止めマット渡したり。
スノーマンメンバーご指名がかなり多かった。
受け取るのはタッキー一人だよ。外の出演者は舞台の上に並んで待ってるというか、楽しんで見てる。
プレゼントは地元名物系あり、面白系あり・・・でも、タッキーが食いつくのは面白いやつ、スノーマンへのやつ。
いくつもいくつもかごを変えて、たくさん受け取っていました。
面白かった~~   あれ渡すのは一元さんには対応できないね~~





幕間の後は義経のお話。
前半に較べると、お芝居なので音楽もなかったり、言葉や人の名前があたしの頭でごっちゃになったところに静かなので、ちょっと眠くなりそうだった。
左となりのおばさまは、大き目の寝息を立てていましたし。
このお芝居の弁慶が京本くんのお父さんです。
京本くんは若い侍で、無謀気味に義経を守ろうと、最後に斬りこんでいって切られる。それを弁慶が愛おしそうに、残念さをいっぱいにじませて抱きとめる。
いいシーンでした。

このお芝居の最後、義経が竹やぶの中に追い詰められてくシーンがすごかった。
廻り舞台をうまく使いながら、深い藪に逃げ込んで行く感じが良くわかる。
更に小雨が降ってくる。
「え?博多座も水使えるんだな。少しなら」なんて思って見ていたら、雨がどんどん激しくなって、やがて最後にはどしゃぶりに!
博多座も水使えるんだね!驚いたよ。
タッキーもジュニアもびっしょびしょ。それが切なさの演出には絶大な効果あるよ。
切られて水の中に倒れこむ・・・  ぬれて着物が体に張り付く・・・  義経側が負ける・・・


そうして、お芝居が終わると、出演者は赤いスーツで出てくるの。
そんなに長い時間はかかってない。 ジュニアたちは濡れ髪をうまくまとめて。 京本くんとかは、白塗りの時代劇メークだけどうまいことスーツ着てる。
でも、タッキーの髪の毛は乾いてた。やや不自然なふんわり感があったから、無理やり乾かした?カツラ?
華やかな赤いスーツで終わっていきます。




でもね・・・・・
そんなもんなの?  歌舞伎だからなの? 最後の最後の時間です。
今までなら、立ち上がっての拍手で、鳴り止まない・・・それを観客側も演出してきたようなもんだよね。
もちろん、気持ち届けたくてやってるスタンディングオベーションですよ。

最前列から行く列かには立って拍手を送る方がいて、外にも少しはいるの。
でも、2階なんて殆んどいない。
あたしはたまたま一番後ろで、迷惑する人いないから立って拍手を送った。
最前で複数回来てる人が立ってるのにね。立たない約束はないだろうけど・・・
ドリボも、SHOCKも、蜷川作品も全員のスタンディングオベーションで終わってきたけど、歌舞伎だから?
???のまま終わりました。
拍手もすぐ止んで、そそくさと引き上げてある感じで・・・





博多座ロビーにはこれがあるだけでした。
DSC_0053.jpg
外に出ると、「○○農協婦人部」のバスが博多座脇に迎えに来ていた。
こういう舞台、見るの始めての人が多かったのかなあ・・・




滝沢歌舞伎。
盛りだくさんな、タッキーの想いが気持ちがぎゅっと詰まった舞台だって思えました。
ジュニアが、その背中を見て、いろいろなことを吸収してる様子、タッキーが若い子を育てる度量があるのかな~って感じがする雰囲気を感じたような気がしました。
・・・そういうのは亀ちゃんには感じなかったことかなあ。






いい時間でした。博多に来てくれたこと、ありがたいです。
ドリボが亀ちゃんで続いてたら、夢に見た博多座にいてくれる日々があったかもしれないね。かなりの確率で。
博多の滝沢歌舞伎もあと少し。
怪我の無いよう、素晴らしい舞台を勤め上げてくださいませ。
タッキー、ありがとうです。










職場にお土産に買った博多座饅頭
CIMG5579.jpg  CIMG5582.jpg
光一くんの時みたいに、売店のあちこちにお人形が飛んだりはしてなかったです。
タッキーと博多座の歴史はこれからでしょうね!












  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・







スポンサーサイト
編集 |  19:05 |  ジャニじゃに的日々  | CM(4) | Top↑

2014年03月04日 (Tue)

仁くんも遠くなってしまったね

聖くんがいなくなって。

仁くんもいなくなった。更に遠くへ。


仁くんはジャニーズの枠内では、気持ちが収まらない人だろうから、こうなるのは意図したことのようですが。

それでやって行けるなら、ホントにすごいし、そうなって欲しいと願うし、頑張ってほしいと期待しています。


いろんな出来事が起きるものですね・・・
留まっていることなんて、一つもない。
大きなうねりの中で、翻弄されたまま、ちょっとの休息があっても、また波にもまれて。
あっという間に、人生って終わってしまうのかなあ・・・なんて、思うことが多い、この歳になるとね。

マスコミさんが、仁くん退社を、聖が引き金にもなった・・・みたいに言ったのは嫌だったな。
仁くんは、仁くんの意思で動く人だし。
だって家族があって、これまでだってもがいて、考えて、閉じ込められて、また考えてって、いろいろ経てきた人だよ。
今は同じグループでもない聖くんの退社と関係なんてあるとは思えない。
万が一、あったって、きっかけはそうでも、そのあと全ては仁くんの意思でしょう。



手元にあるKAT-TUNの曲の中には、仁くんの声がずっと残ってる。

自分で選んだ道で、充実した生き方をして欲しいと、願います。

あっという間に人生は過ぎてくからね(笑)











最近、なんだか、冷えてます。
心が、気持ちが冷え性。
冷めてんじゃないよ。ぜんぜん。
なんか、風が吹き抜ける・・・・・・・
あっためたくてもがいても、ダメなんだよね。

このまま死んじゃうのって、つらいなあ。
こんな風で、あとどれくらい?
こんなんじゃ、生きてるって言えるのかな?

情熱の元はまだあるつもりなんだよね。
火が小さい。

なんか、寂しいな。















  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・









編集 |  18:21 |  ジャニじゃに的日々  | CM(2) | Top↑

2013年04月16日 (Tue)

ENDLESS SHOCK in 博多座

光一くんのENDLESS SHOCKが、今年も博多座に来てくれました。
来てくれることが嬉しいのと、
ジャニーズの舞台を、ちゃんと学びたいのと、光一くんの舞台に対する尊敬の念があり、どうしても行きたい舞台です。
亀ちゃんファンとしての目線でもあります。

会員のあたしの父親がチケの申し込みを忘れてしまってたんで、今年は自力でゲット!
ハガキにて手に入れました。
CIMG4925.jpg




12日金曜日、1階の真ん中だけにある後ろの2列。その前のほう。
ここは、2階席の屋根下みたいなところで、フライングは見えなくて諦めざるを得ませんが、ステージに立っている出演者とはかなり目の高さが同じで。
また、前が通路なので、視線を遮るものが少なく、かなり見やすかったほうじゃなかったかと思います。
あたしは結構この位置は好きです。
「舞台は中央で」ですもん(笑)


去年、内くんだった役が、屋良くん。
ずっと植草君がやられてたという、オーナーの役が、今回は女性で前田美波里さん。
前田さんは、ドリボに出てくださったことがあるんで、生で拝見すると「懐かしい」感じもしました。
相手の女性役「リカ」は、ごめんなさい、知らない人だった。
去年は松田聖子さんの娘さんだったんですけどね。

ちゃんと辰巳雄大君は引き続き~
彼は、あたしの小説の登場人物になっていただいてから(あはっ!勝手にですが~)ずっと注目株なのだ。
それと、舞闘冠だった山本亮太君くんが今回は参加してます。





生のオケで始まるんだよな~これは凄いわ。
新曲は、最後に光一くん自身が2曲教えてくれましたが、ちょっと調べると3曲あるのかな?
中でも、「DEAD or ALIVE」は、あたしでもすぐに判りました。
また、振り付けが結構、マイケルジャクソンのスリラーに似ていましたので、振り付けがトラヴィス・ペイン氏だと、すぐに判りました。
でも、これよかった~
なんか、題名どおり、生か死か!というような、鬼気迫る雰囲気があって。


何となく、あたしの中のジャニーズのダンスって2種類あって。
一つは、東山さん、翼くん、光一くんという感じの、背中がピン!と伸びたもの。
もうひとつが、屋良くん、聖くん・・・みたいな、ちょっとストリートっぽい感じ。
あ、これはあくまであたしにとって・・・ですので、ご了承を。
で、山本くんは屋良くん的。
辰巳くんたちは、屋良くん的だって思ってたけど、SHOCKでは光一くん的な感じがする。
今回、この2種類のダンスがあって、深みが増した気がしました。

え?亀ちゃんはどっちかだって?
う・・・・ん。実はこれは困るのだ。
基本的には、光一くん的だとは思ってるんだけど、背中が丸いのがちょっと違う。
といっても、ストリートじゃないとは思っています。
個人的には、もう少し背中を立てて踊って欲しいとは・・・はい、個人見解ですが思ってみています。





ストーリーとしては同じだけど、コウイチが病院から戻ってきた時、リカとオーナーが実は最初から事実に気がついていた・・・という流れが、今回はうまく表現されてて判りやすかったです。
戸惑う、悩むリカが、痛々しくて健気だった。





オーナーも、差し入れに「ビバりんご」とか持ってきたり、コミカルなところも出しつつ、
お墓は作ってなかったけど、リカとの親子関係も女性同士で、良く表現されていて、良かったし、見やすかった。





やっぱり、どうしてもね・・・
あの世に旅立つことを、本人も、仲間も承知の上でのステージね。
これは涙なくしては見れないんだな・・・あたし。
あの気迫を、毎日、毎日、何ヶ月も表現し続けている光一くんの凄さには、本当に本当に頭が下がります。
3時間を越える長さ。出ずっぱりですしね。
凄いよ、本当に凄い。




いい舞台です。引き込まれてしまう。
いい曲、素晴らしい台詞、圧巻のダンス&パフォーマンス。
また見られて、幸せでした。











亀ちゃん好きで、ドリボ好きで、舞台好きになって・・・
という仲良しで、ドリボには一緒にいく友達が一緒でした。
かなり遠いところの友達です。

で、亀ちゃんがベムで来福したときの「ナイトシャッフル」を見せていたので、SHOCK終了後は博多座から歩いてすぐの櫛田神社に行きましたよ。
CIMG4927.jpg
亀ちゃんが自分のお財布を出して、おみくじを引いたところ。
あのテレビでは、ちょうど結婚式を終えたカップルに亀ちゃんは遭遇しましたよね?
実は・・・・・
あたしもあの場所で結婚式したんですよ。
ホテルの中に作ってある祭壇では、何だか嫌で、これは譲れないわがままでした~
で、そう決めた後、母親に言われてびっくりしたんだけど、あたしの両親も櫛田神社で結婚式してたんです!
わ~お!!
そんなゆかりのある場所で、亀ちゃんがまた結婚式に出くわしたというわけです。


「ナイトシャッフル」繋がりで、どうしても味わわせたくて、晩ご飯はこんなイカがついてるお食事を予約しました。
CIMG4928.jpg
場所が狭くて、コンロの上に載せられちゃってますが、イカの生き造り。
そうして、これはもつ鍋のコースなんです。
CIMG4930.jpg
最近は、田口くんだけモツ鍋希望で、多数決で水炊きになってしまうようですし、試写会で来てくれた時も水炊き食べたって言ってたけど、
去年彼女とは水炊き食べたので、今年はモツ鍋。

あたしにも、恐ろしいくらい久しぶりのモツ鍋でしたわ。
やっぱ、美味しいです。





事件からずっと引きこもって、自分をようやく保ってきた感じなので、こうして長々と出掛けるのは久しぶりで。
でも、楽しい時間でした。
ゆっくり過ごせたのは、退職のお陰。
何でも100%悪いってことはないようですね・・・














All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・











編集 |  13:05 |  ジャニじゃに的日々  | CM(0) | Top↑

2012年03月26日 (Mon)

思ったんだけど・・・

今朝は、AKBのあっちゃんの卒業とかありまして、バタバタしながらテレビを聞いていました。

仁くんのNEWSもあったね。
こっちの話は、昨日娘のスマホを買いに行っての帰りに、いきなり娘がスマホのNEWSで見てて知ってたんだけどさ。

国内ツアーの中止ですってね。
福岡もラインナップに入ってたようなのに、国内でツアーがあること、あたしは認識してなかった・・・
で、それも同時にびっくりしたんだよね~

でさ、活動をさせないってペナルティーと、会場のキャンセル料が発生した場合は、仁くんが個人負担するっていうペナルティーがあるということだけど。
それってなんか違うんじゃない??

だって・・・
仁くんが大好きで、結婚したって、世間を驚かせたって、その姿を見たくて、歌う声を聞きたくて、
アメリカで活躍したがったって、日本で待ってることしかできなくて、
ずっとずっと待ってた人だってきっといるわけでしょう?

ツアーは4月5月だったという話。
チケットだって手元に渡ってたかもしれない。
楽しみにしていらしたことでしょう。

それを中止って!!
ファンの目線、一度でも立ったことがある決断なんでしょうか?
事務所の体面と、金銭的なロスの埋め合わせじゃないかって思えて仕方がないです。

ファン目線に立って考えたとしたら、
金銭的ペナルティーなら、仁くんの減俸とか、無給とかでいいじゃない?
「ギャラなくても、会場まで来てくれるファンの前に立ってこい!
その口で、ちゃんとファンに説明して、話して、解ってもらってこい!
で、精一杯の赤西仁を見せて、安心してもらって来い!」
・・・そういう風なのが、筋じゃないかって思えた。




批判とか、ここで書くの別に好きじゃないんだけど、
今回の措置はなんだか違うような気がして仕方がなくてね。
どう思われます??

ま、亀ちゃんに置き換えて考えてもみたけれど、
あたしは、結婚したって時点で、足が向く自信がないんだよね・・・
顔をまともに見る勇気がないような気がするんだよね・・・
だけど、そうじゃない人がいらしたら、応援してあげてって、頼むような気持ちだと思う。
自分が出来ないから。

そう考えたら、なおさら仁くんのツアーに参加したいと思っていた人には酷な今回の措置だと思えてね。
報道を少し見たけど、そういう目線での話はなかったんで、あたしはここでちっっさく語ろうかって思ってキーボードの前に座りました。

ジャニーズには、ファン目線での取り組みを決して忘れない商売をして欲しいと・・・願います。








All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・








編集 |  18:24 |  ジャニじゃに的日々  | CM(0) | Top↑

2012年01月21日 (Sat)

素晴らしき「ENDLESS SHOCK」

18日、13時からの「ENDLESS SHOCK」昼公演へ出かけました。

博多座会に入っている両親取ってもらった神席の日です。
相方は・・・あまりの神席に急遽お誘いして、来てもらう事にした東北地方の亀友です。
地震はもちろんですが、彼女的にはもっともっとつらいことがあった去年を、今ではようやく乗り切り、
落ち着いた生活を取り戻してきている人です。

午前中、空港までお迎えに行き、お昼はラーメン「一蘭」へ行きました。
亀ちゃんたち、KAT-TUNが好きだって言ってた博多ラーメンです。
かなりのチェーン店になっているけれど、、ちょっと変わったお店です。
噂では、私語をしたら怒られたことがある・・・なんて話があって、あたしも行ったことがなかったんで、
ちょっぴりこわごわ足を踏み入れました。

中はカウンターのみ(中洲店)。
CIMG3617.jpg

こういう風に、一人分ずつ仕切られていて、
CIMG3615.jpg
細かい具や、麺の好みなどを発注して、ラーメンが来ると、前の赤い幕も閉じらて、味に集中する環境が与えられるという・・・
CIMG3616.jpg
ごめんなさい・・・集中するため、食べ終えてから写真撮ってます

味わいのたっぷりある、でもあっさりした美味しいラーメンでした!










そうして、すぐ近くの博多座へ。
この日は1階、前から2番目中央から左よりの通路沿いの席です。

博多座の3階からの景色
CIMG3618.jpg
2階からだとこんな感じ
CIMG3619.jpg
1階は帝劇よりもフラットです。なので、余計に前のほうってのは嬉しいってことになります。




始まりは、目の前のオーケストラボックスに、生のオーケストラがいて、ゆっくり上がってきながら音楽を奏でるのです!びっくりです!
そうして、レビューのように出演者が現れて、光一くんのお礼と「間もなくENDLESS SHOCKのストーリーへとご案内いたします」みたいな挨拶があり、植草くん演じる劇場オーナーの語りから物語に入ってくんだ・・・

オフブロードウェイでステージをやってた光一、内、リカ(沙也加さん)と仲間たち。
光一は「SHOW MUST GO ON」をいつも掲げながら、たゆまぬ努力と工夫をする人。
やがて、その実力は評価されることとなり、大きな劇場から誘いがかかる。
やや気持ちにずれを生じながらも、みんなで大きな劇場へとチャレンジする。
でも、その中で気持ちのずれは大きくなり、光一と内の諍いというか・・・そんな状況に。
で、結果的には、小道具の日本刀を内が本物の日本刀にすり替えるわけ。
最初、小道具を使ってた内。それをわざと落とす。
急いで代わりの日本刀を仲間が持ってくる。
光一はそれを内に渡すのだけど、その時それが本物だって気がつくのね。
恐れおののきながらも、それを渡す。
内は光一がビビッてステージに狂いが出ればいいと思っていた。
だけど、光一はその真剣で切って来いという! 芝居を続ける。
「誰か止めてくれ!」とおののきながらも、向かってくる光一に逆らいきれず、結局真剣は光一を貫く・・・
大量の出血。そうして、階段から転げ落ちる・・・・・
(ここで前半が終わる)



オーナーが穴を掘ってる。光一は病院で寝たきりだといい、墓穴を掘っていると言う。
おどろおどろしいゾンビや、光一の「復讐を!!」という低く怖い声。
・・・オーナーの夢だったのだけど。
光一が入院してから、内はその劇場でステージを続け、他の仲間は元の小さな劇場に戻ってた。
実は、内は光一の病院へ行っては、窓から病室を見上げたりしながら、いつか帰ってくると信じる光一のためにステージを守ってた(みんなはあとで気がつく)。
ある日、リカが看護婦さんから光一のネックレスを受け取る場面があり、
やがて光一が元気な姿で帰ってくる。
みんなははしゃぐけど、リカだけ浮かない顔をしてる。
内は戸惑うからか、勝てない相手の復帰からかイライラしてる。
だけど、リカはわかってた。
冷たすぎる体。好きな相手なのに、存在を感じない。
彼が幻想だってことを。
でも、光一自身すら気がついていなかった。
口にしたら光一が消えてしまうと恐れたリカだったけど、とうとう、内とのもつれで内がナイフを出したときに、それを口にし、ナイフで光一を刺す!
血も出ない、痛くもない光一・・・それでみんなが気がついてしまう。
そうして、全員が絶望に浸った中で・・・・・やがて内が頼むの。
もう一度一緒にステージがやりたいと。
光一は言う「もし、俺がショーの途中で消えてしまったら・・・そのときは判ってるな・・・」
そう。「SHOW MUST GO ON」
本当に、本当にラストとなるステージを務め、その存在をしっかりと残し、光一は亡くなる。
「俺は俺が頑張る背中で、みんなをひっぱって行ってたつもりだったけど、
違ったような気がする。
みんなが居てくれたから、頑張ることが出来たんだ」
そう言い残して・・・・・




これがあたしが記憶してる限りの大まかなストーリー。
まず、小さな劇場でのびのびと夢を目指したステージ。
次は大きな劇場でステップアップしたけど、責任とかも背負ったステージ。
幻想で登場してのステージ。
そうして・・・
消えるという自己の運命をわかった上でのステージ。

そのどれもが見事です。
幻想の時、内がステージで踊ってるのを、背中向きで表現し、光一たちが楽屋なんだろうか?で踊ってるのが正面向いてて、ダンスがシンメで踊られる。
これ良かったな~~♪

ラスベガスぽいのあり、アフリカかエジプトの探検隊ぽいのあり、ジャパネスクなのあり・・・
光一がストリートでやってた太鼓の名手をスカウトした・・・という設定で、凄い技術の方が参加されています。
(パンフを買わなかったので詳しいことは判らないけれど・・・)
ラストステージの内くんとの3人での太鼓の場面も、凄い迫力!

最初のフライングは、ステージ上手から走ってきて、あたしたちの目の前で離陸!
何しろ前から2番目! 足が当たりそうで、思わず「キャッ!」と声を上げて身を縮めました。
凄かったよ~~!! あの瞬間!!

前も書いたけど、ホントにたいしたセットはないの。あの大きな階段くらいよ。でっかいのは・・・
それ以外は、箱が上がったり下がったり廻ったり、ステージ上で動かせるようなのが出てきたり、いろいろな布を垂らしたり。
でも、それに効果的な照明が当たったり、ドライアイスで雰囲気作ったり、ステージ上で早着替えしたり。
そういうことで、たくさんの場面をかもし出す。

オーナーの夢のシーンでは、光一の低く怖い声を後ろのスピーカーから流す。
どこかに光一の亡霊が居るんじゃないかって、思わず見渡してしまったり。

残念ながら(笑)前から2番目だとフライングしてる光一の姿は後ろばかりで殆んど見えません。
だから、14日に3階に行っててラッキーでした!
飛ぶ姿はやっぱりきれいです。足の形がまったくわざとらしくない。
布をただ掴んで飛ぶあのフライングは、凄いよね・・・
手首に輪を通すんじゃなくて、薄い布を掴んで肘にまわしてぐっと力を込めて飛ぶ。



会場内のすすり泣きは、光一が亡霊だとみんながわかってしまうシーンでたくさん聞こえます。
でも・・・・・
あたしは、そのあと、光一が自分の運命を知った上で、この世に残そうとするものを全て出し切ろうとして勤めるステージを始めると、涙が止まらなくなりました。
生きた証を、仲間への感謝を、そうして・・・無念さをも込めたステージ。
そのすさまじいまでの意志の強さが伝わってきたのでしょうか?
すすり泣くのではなく、ただただ涙が頬を伝って、最後まで止まらなかったんです。
死を、自分の終わりを意識した人間の意志の激しさ。そうして潔さ。
それが、素晴らしいステージにあふれ出てる。

「す、すごい・・・・・」
それしか言葉が出てこなかったのだけど。
光一くん担じゃないからこそ!
それなのに、こんなに心が揺さぶられるものかと、かえって感動してたようなところがありました。
凄い人ですね。




このミュージカルは、出演者の数もドリボより多いです。多分。
もちろん大人ばかり。ジャニも含めて、ダンスのプロばかり。
MA(今もこのグループ名でいいのかしら?)の4人には辰巳雄大くんも居ます。
あたしの小説「月光」冒頭に出てくる名前です。
あのお話を書き始める時、あたしなりのドリボを頭の中に描くためにキャストを探したの。
で、友達に紹介してもらったのが辰巳くんでした。
端正な姿、醸し出す雰囲気と、雑誌を探して読んだ彼の言葉が楽しい人でね。彼にすぐに決めたんだ。
だから、勝手に辰巳くんはあたしの注目株で、少クラプレミアムでは名前がなかった時もあったりしてたけど、ちゃんと見てその踊りっぷりに感嘆してきたの。
その彼が踊る姿が、目の前、近いときは2メートルくらいに居て、この感激もありましたね~♪
いつも大きく口を開いて、歌を歌いながら踊ってた。
笑顔が底抜けに明るくて、素敵な人だよ。

それほどのダンス名手と、多分アクロバットチームもいらっしゃるので、とにかく群舞が凄いのです。
植草くんだって、ダンスメインで売り出した最初のジャニーズ、少年隊なんだし、
内くんも、すっかり細々くなって、凄く精悍になって、背も高いし、ダンスの切れは素晴らしかった。
そうして、沙也加さんまでも、女性ダンサーと同じ振りをきちんと踊ってる。
その大人数での群舞がね、迫力なんだ~!



長く続いている演目。
光一くんの、1回1回全てを吐き出してしまうような凄い表現もだし、
それにつられる様に揃えられたメンバー(カンパニー)の全力さも。
まとまっているんだろうな・・・と感じました。

内がリカに渡そうと買ってる指輪、みんなが「どこで買ったのか?」と問うと「キャナルシティ!」って答えたり、
楽屋のお掃除のおばちゃんに光一が「どこから来たの?」と問うと「博多」あるいは「天神」だったり、
幻想になって病院から光一が戻ってくる時、
小さくかがみながら戻ってきたり、なあんか回ごとに違う方法で出てきてるようだったり、
コミカルな場面もちょこっと挟まれててね。
そこでの光一くんの様子は、「堂本兄弟」のような笑顔でね~
ずっとシリアスに進んでく、しっかりしたお芝居だけに、少しのアドリブや、小さな笑いも印象的でした。





相方ともども、涙に暮れた顔で、辺りに落ちた紙ふぶきを少し拾い、席を離れました。
すると、売店~ロビーと、館内には、感激の涙で聞いたばかりの歌が流れているのです。
この演出というか、サービスというか・・・素敵でした。

   大空が美しい それはきっとそうさ 僕らが居る大地があるから

このフレーズ。心に残りました。
2回見ただけですが、数日口ずさんでしまう曲が3曲くらいありました。
最後のほうでは、3部か4部に別れてのハーモニーもあったと思う。
声の重なりは、感動をつれてきます。

ドリボも、曲では負けていないと思うんだけどな~
桟橋の曲とか、「ONE NIGHT」とか、もっと作りこんで長くして欲しいし、
ハモリをもっと増やして、重厚な曲に仕上げて欲しいし、
最後の「挑戦者」は、きちんとあのミュージカルのテーマ曲としての詩を設定して、代表曲として確立して欲しいな。
で、ショータイムがなくなって、物語の余韻をきちんと味わえる状態で帰して欲しいと願った。

最後のお辞儀は、亀ちゃんのほうが好きでした。
せっかくのお辞儀・・・もったいないもん。
あの帝劇のステージの上で、つらつら近況を語る時間なんてもったいなさ過ぎるもん。

・・・いろんなことを考えながら、階段を降りて行きました。




下のロビーには胡蝶蘭がいっぱい。
CIMG3620.jpg  CIMG3621.jpg



まだ続く博多座公演、もっともっと見たいのが本音だけど・・・
これでおしまいです。

残りの博多座、そうして続く帝劇での公演、カンパニーの無事と健康と、ますますのご活躍をお祈りいたします。
博多に来てくださって、ありがとうございました。











内が指輪を買った(笑)キャナルシティに案内して、
晩ごはんを早めに食べました。
博多に来てくれたからには・・・もつ鍋か水炊きでしょうか?
KAT-TUNご一行は、水月の水炊きを堪能されたことあるようですけど、水月は高そうですし、
うちのスタッフが見つけてくれてた中洲の、水炊きももつ鍋も選べるお店に行きました。
CIMG3622.jpg  CIMG3623.jpg
水炊きのコースをセレクト。
お刺身からから揚げ、サラダなど、かなり女性向けに出てくる美味しいお料理の数々。
二人で尽きない話をしながら、味わいました。

あたしは次の日は休めず、早めのバスで帰宅したので残念でしたが、
久しぶりでも、何の違和感もなく、再会を約束してお別れしました。



楽しく、堪能した一日でした。
仕事漬けの毎日になって始めて、休んで出かけた一日でした。


相方、光一くん、仕事の埋め合わせをしてくれた方々、
たくさんのかたに、感謝して・・・・・








始めて観たSHOCKですので、内容に間違いがあるやもしれません。
大きな間違いがあれば、教えてくだされば幸いです。








All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・











編集 |  23:09 |  ジャニじゃに的日々  | CM(4) | Top↑

2012年01月16日 (Mon)

うん・・・・・ENDLESS

土曜日、物凄い分量のお仕事をして、間に合うのかどうか不安でしたが、お店の休憩室で夕方の昼ご飯を食べ、家に帰る時間のないまま博多座へと急ぎました。
そう・・・ENDLESS SHOCK

CIMG3609.jpg
外にある大きな看板です。

CIMG3611.jpg
この階段を上がっていくと、入り口のロビーへと続きます。

CIMG3612.jpg
これが階段の上。


中でチケットを提示すると、またエスカレーターを上がってやっと1階席。
この日は3回の最後列でしたので、また更に2階分上がっていくのです。
とにかく縦に長い(つまり高い)印象の劇場です。
梅芸もそんな感じですよね?




いろいろ書いておきたいのですが、時間もないし。
博多座内の写真は、また撮れたら撮ってきます。

堂本光一主演、「ENDLESS SHOCK」
これはなんと言うか・・・すごい!濃い!あるいはエグイ!とすら言えるほどに、迫力あり、光一くんの凄さに圧倒されるような舞台でした。

ステージを勤める光一・・・それが常にあるから、さまざまな舞台場面で光一くんがずっと出てる。
とにかくずっと踊って、ずっと歌ってる。
よろいを着た殺陣も凄い!内くんの相手役としての動きも凄い!
階段落ちだって、目の前で実際落ちているのに、映像を見ているような気持ちというか・・・
流れの中で、落ちてくから、わざとらしさとかがないのだろうか?
長年培われた技術なんだろうか?


そうして、悲しい場面で会場中がすすり泣く・・・
光一くんが頑張ってる場面とか、素敵に輝く場面とかじゃなく、
ひたすら悲しい場面にて、啜り泣きがそれはそれはたくさん聞こえてくる。
ファンの方が、役の光一になっているのか、話の中に入り込んでご覧になっているのか。
そのすすり泣きにも圧倒された。


沙也加さんも、辰巳くんたちと同じ振り付けで群舞するところも多く、けいこの厳しさが思い浮かばれたり。
あと、3階席だからこそ!で言うと、
照明効果、舞台転換、色彩の変化・・・対した大きなセットが出てきた訳じゃないのに。
例えば、ライオンキングみたいに、大掛かりな動物が出てくるようなわけじゃないのに、
さまざまな舞台上の変化があって。

3時間10分くらい。
普通なら当たり前の話しだけど、当然「ENDLESS SHOCK」のお話で終始する。


話しの流れがわかりにくくて「???」な時もあったけど、
しばらくしたら解決したり、
ちょっと「??」なまま終わったり(笑)




殆んど笑わない出演者たちでね。
シリアス具合は相当なもので。

あたしもいろいろなこと考えながら、真剣に見させていただきました。







今週、再度行きます。
神席です。
あまりにも神だったんで、あまりにも遠くのお友達を誘いました。
ジャニーズの舞台を一緒に学びたいと心から思う相方に声をかけました。

チケット申し込み当時は、こんな生活になってるつもりじゃなかったんで~~
水曜日はお休みとりました。
仕事の相方、新婚ちゃんは笑顔で「楽しんできてくださいっ!!」と言ってくれてます。

神席にてまた何を感じるか・・・・・
楽しみです。

光一くんには、体に気をつけて、怪我がないように・・・と祈る気持ちです。



では。また報告しますね。









All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・










編集 |  19:20 |  ジャニじゃに的日々  | CM(0) | Top↑

2011年12月09日 (Fri)

なんだか、次々・・・

まったくもって、情報に疎くなってるのでしょうか?
ABC-Zがデビューするって! いやはやびっくり!!
あのグループだけ置き去りで、ちっちゃいのがデビューしてくの、少し痛いような気持ちで見ていたんだけど。
とりあえずは、良かった。

DVDでのデビューって、結局デビュー曲はどうなってるのかな?
よくわからないけど。
一番、橋本くんが置き去り感があるんじゃないか、焦りで辞めたりしないか気になってたんで、
ホント、良かった。

橋本くんは、仁くんが好きらしいよね?
じっと見てると、すごく似てるところ多くて。
歌い方とか、歌う曲の選び方とか、仕草とか、目線とか・・・似てるんだあ~

そんな仁くんのハガキが届いたりしてね。
ジャニーズも、ものすごく動きが激しいですねえ。

カウコンがやたら賑やかになるのかな?
仁くんも帰ってきてくれたらいいのに。
Pちゃんは、アメリカ行っちゃうのかな?
NEWSは歌う曲があるんかな?
いろんな意味で楽しみなカウコンです。
あ!もちろん、テレビですよ~
それも録画でいつ見れるのか判りませんがね。


なんだか急にデビューが次々ですね。
それぞれが、素晴らしいものを持っていると思うので、きちんと継続した活躍が出来るような、
事務所の姿勢に期待します。

亀ちゃんもあっという間に、デビュー後輩がたくさんになりましたね~












一方、あたしは、ちょいと明日はお休みとってます。
あさってのリハーサルがあるのでね。
バタバタして、緊張ばかりして、辛いこともあって、
翻弄されて、涙流れたり、溜息ついたり、寝不足でふらふらしつつ、
とうとうレクイエムの本番がやってきます。
11日、18日。
当初の計画と違ってさ、これにでると、3週間ぶっ通しで活動し続けることになるわけで・・・
朝が早いか、夜が遅いか。
体力が心配だけど、どうにかなるさ。いや、どうにかしなきゃだね。

年末は30日までだし。年始は4日から。
休みなき人生であります。




今年は大掃除とか、まったく不可能っぽい。
だから、「洗面所の蛇口」とか、「洗濯機のホースのホコリ」とか、ものすごくみみっちい範囲で。毎日どこかやってます。
もちろん、それで大掃除は終わるはずないけど、
それでも、皆無よりましだもん。



そんなこんなの12月です。
今日はとても寒くて、雨が降っています。
皆さん、体に気をつけて。









All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・








編集 |  17:41 |  ジャニじゃに的日々  | CM(2) | Top↑
 | HOME |  NEXT

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。