2008年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008年12月30日 (Tue)

NEWS WINTER PARTY DIAMOND in 福岡

行ってきましたよ~久々のジャニコンです。
NEWSは去年もクリスマスだったから、ちょうど1年ぶりでした。

KAT-TUNではまだ1度もアリーナに入ったことないのに、NEWSのチケット、1昨年のミラクルな位置に続いてアリーナでした。
でも、D4ブロック111と112って数字でしたから、何だか人の渦の中なのかな~って、期待もせず、28日の1部だけだし、気楽に出かけました。
夜遅くまで、第九でアドレナリン出しまくった夜の次の日ですから、倦怠感がないはずもなかったしね~
ところが!!!
席についてみたら、びっくりだよ!
だって、あまりにアリーナ内の後ろ過ぎて、結局バクステから2列目だったんですよ!それも曲がり角のとこ。

どのメンバーも、来る!来る!来る!!!
一番が亮ちゃんでした。 何か面白いものが目に入っていたのか、それはそれは満面の笑みでかなり長い間立ち止まって~
あの亮ちゃんの笑顔にやられちゃうんだな・・・って実感できるくらい。

Pちゃんも、たくさん手を振ってくれたし。

まっすーが来たからと、表?「智久」 反対側「まっすー」 で作ってるうちわを「まっすー」側にしておいたら、気がついて手を振ってくれたんだよ!

もう、どのメンバーも相変わらずのサービス旺盛!
いつもNEWSのコンサートでは、ミラクルな席で、ミラクルな視線と笑顔に満たされて~~

KAT-TUNはね・・・運が悪い、つか、そういうグループなんでしょうかねえ・・・
視線も、手を振ることすら奇跡的にあるかないかの1回勝負!みたいな感じでさ~
親子席ばかりがもてはやされるしね・・・いやはや。


今回のコンサートは、PARTYです。だから、チケットにINVITATIONカード(裏はグッズの案内ですが)が入っています。
いかにもPARTYらしさが出てましたよ!
セットがとってもきれいで、ダイアモンドの名のごとく、キラキラしてて。
そして、カジュアルなイメージのNEWSなのに、衣装がかなりフォーマルでさ。カッコよかった~~
白いスーツで登場。いきなりHAPPY BIRTHDAYから始まるけど、「おめでとう!」って言ってくれる映像から始まって、テンション上がるし。
カジュアルなジャケットでも、白に統一してあったり、パンツだけそれぞれカラフルな色になってたり。

選曲もアルバムにこだわらず、いろんな曲があり、イメージがやっぱりちょっとおしゃれな感じにまとめられてる気がしました。
会場によって、あったりなかったりするという、Pちゃんと慶ちゃん二人の曲「銀座ラプソディ」かな?
すごくすごくおしゃれなの。それで、かなり切ない・・・
いつか語ろうと思って語り損ねてる、私の中にずっと潜んでるあるイメージに通じる曲でね。
二人のダンスも演出も素敵だったし、詞も素敵で。
ちょっと泣いちゃいました・・・・・


始まるとすぐ、亀ちゃんがいないことが急に襲って来て、わあ~って泣きそうになったのだけど。
でも、NEWSはその力で、楽しいPARTYへと導いてくれました。
頭の端っこにはずっとずっと亀ちゃんがいないステージが悲しい・・・ってことはあったのだけど、でも、楽しいって思わせてくれました。
ほんとに近くて、凄く良く見えて、幸せな席でしたしね・・・
実は双眼鏡を忘れていたのですが、全く必要ありませんでした。
花道からの角だから、次々に誰かがいて、誰もが手を振ってくれて。
いやはや。幸せでした。
ありがとう!・・・・・って心から言えるような、そんなコンサートでした。

バックについていたM.A.Dの中に、「月光」で散々考え抜いたキャスティングだった辰巳雄大くんがいなかったのは、ちょっぴり残念でしたけどね。



いつかはKAT-TUNもアリーナのあんなミラクル席で見れたらいいのになあ~
いや・・・あの席でも、そう簡単には笑顔はもらえないかも知れないけどね。


MCでね、手越くんが選曲会議に出す曲を選ぶのに、ファンがどんな曲が好きかをリサーチしようと、ブログとか覗いたらしくて、その話からさ~
「妄想小説とかあるよね!」なんて、盛り上がったのよ。
「いや、そんなに読んでるってわけじゃないけど!」とか言いながら、シゲ、慶、てごあたりでしばらく。
こっちはドキドキ!
だって・・・・・・・・・・・
やっぱり考えちゃうよ。亀ちゃんが目にしてくれる可能性。
億にひとつ、兆にひとつでも確率はゼロじゃないって、やっぱり考えちゃってさ~
ドキドキ、ちょっぴりニマニマ。

そんなこんなの、NEWSコンでした。
今年ラストのお楽しみでした。



実は、このコンサート、娘のクリスマスプレゼントってことで、旦那にちゃんと言って行ったんだ!
「KAT-TUNに!私が!」・・・は、多分言える日が来ることはないような気がしてますが、「NEWSに娘」なら、少しでも楽に行ける様になりたかったしね・・・
でも、知らせたら知らせたで、同じものに3回4回行くというのは、逆に絶対言えないだろうな・・・
本気で行くなら、やっぱり嘘つきになるしかないって印象でした。
そうそう立場が楽になるはずは、ないようです・・・・・ふううううう



もう、旦那が休みに入り、記事が書ける環境もなくなっていますので、今、メール打つ振りしてOEでメールフォームに書いています。
明日にでも隙を見て、ブログのエントリーに移したいと思います。
今年最後の記事になりそうな気もするので、一言ご挨拶です。




今年ココへいらしてくださった方々、本当にありがとうございました。
なかなか細かな更新はできませんでしたが、私のスタンスで、書きたいことを自由に書けたと思っています。
何より「月光」を書き上げたことは、今年の大きな出来事でした。
また、いろいろな方とめぐり会い、いろんなお話をさせていただき、楽しいこと、嬉しいことがたくさんありました。
でも、その一方で、出歩くことが最小限に留まってしまい、失礼ばかりでした。
今のところ、そうするしか継続エネルギーが得られなくて、これからもそうなるだろうと感じています。
申しわけありませんが、どうかご容赦お願いいたします。

亀ちゃんへの発信と共に、「私」をつづる場所・・・
ココをこれからもそんな風に大切にして、そのうえでいろんな方と繋がっていけたら幸せだと願います。
どうか、皆さんも、ここでよかったら、皆さんのことをお話ください。
今年も、本当にありがとうございました。
また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

来る年が皆さんにとって良い年でありますように・・・
そして。
彼にとって、また一層いい年で、そして、更にステップアップの年でありますように。

  ずっと見つめて   想いを紡いで 

また、来年も・・・・・・・








All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・


スポンサーサイト
編集 |  11:12 |  ジャニじゃに的日々  | CM(6) | Top↑

2008年12月27日 (Sat)

Freude(フロイデ)!!

Freude!   「歓喜」です。

いよいよ、第九本番の日となりました。
昨日は、午後に合唱の練習。 夜は初めてオケと合わせました。本番の舞台に上がって・・・
今日は15時からゲネプロです。
本番は19時。  合唱つきは第4楽章ですから、しばらく舞台のひな壇に座って待機してから、歌います。

当初は絶対覚えられるはずないと思っていたドイツ語も、いつの間にか頭の中に入って。
人間って不思議だよ。
やろうと思ったら、時間かかっても、力が必要でも、何とかできる。
一人でエントリーしましたが、前からの顔見知りは結構いましたが、新しいお友達つかメルアド交換した人もできて。
楽しく練習してきました。

問題は~
ラスト付近、感極まって泣いちゃいそうなのが・・・・(笑)
しっかり歌い上げなきゃね!


ベートーベンがこの第九を書いたときは、もう耳が聞こえなかったのではないでしょうか?
歓喜の歌ではあるけれど、始めのほうは、苦悩や苛立ちが散々表現されています。
毎日、普通っぽく生きていても、どうにもならないことや、諦めるしかないこともたくさんあります。
クリスマスが来ても、サンタさんに私の願いは届かず、今も、ココにいる・・・
それでも、小さな幸せって、探したり、そうだと気づいたりすれば何とか見つかるものですね。


夕べ、リハから帰ってくると、珍しく車まで娘が出てきて、
「亀!亀が歌うよ!ママ!」
って叫ぶの。
旦那に聞こえそうだし、
「どうせ、知らん振りして見るんだから、録画でいいよ」
って言ったら、
「パパお風呂入ってるから!!!」
って、息切らしたように・・・
慌ててブーツのファスナーももどかしく、リビングに転がり込む!
ホワクリは終わっていましたが、ドンストを歌っている彼が見れました。

実は、帰り道、車の中はスキマスイッチが流れていたのに、ふと、意味なくふっと叫びたくなって、彼のこと呼ぶ秘密の呼び方で「******!!」って、車の中で叫んでた。
思い返したら、あの時間が楽屋から舞台袖にスタンバイしてるくらいの時間だったみたい・・・
舞台で夏のコンサートの衣装を身にまとって、踊って歌ってる彼。
「いま・・・このじかん・・・・・」
そうつぶやいた、偶然が重なった奇跡の瞬間でした。

「今日はお互い、舞台にいたね・・・」
奇跡的に生放送が少し見れたこと、同じ時に同じように舞台にいたこと。
諦めることの多い、悲しくもある日常に、薄日が差したような。
そう、Freude・・・・・



人それぞれに、いろいろなFreudeがあるのでしょう。
私のはいつもちっぽけで、すぐに日常にかき消されてしまう。
だから・・・だからこそ・・・・・
今夜は歌います。声高らかに!

Freude!!



聞いてくださる人のため。
聞きには来れないけど、離れたところで見守ってくれるお友達のため。
そして、
自分のため。
やっぱり・・・・・外せませんね!
彼のため。

届け!  歓喜の歌!  






All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



編集 |  12:14 |  日々つれづれなるまま  | CM(2) | Top↑

2008年12月24日 (Wed)

Merry Merry Christmas ☆

 タイトル~アンの小箱
    

クリスマス・・・

キャンドルの灯り  暖かな部屋  囲むテーブル  おいしい料理と交わされるプレゼント

笑顔があふれて・・・

聖夜に彼はどんなクリスマスを過ごすのでしょう


サンタクロースさま

もしも私にも、プレゼントをくださるとしたら

どうか私をココに繋ぎとめているものを取り払い

私をひとひらの雪にしてくださいませ

そして そりに乗せて空高く舞い上げてください

上空の強い風に乗り 一人真っ暗な空をふわふわと

不安でつぶされそうになりながらも 飛んで行きます

彼のところまで


彼は・・・・・

東京では珍しいという クリスマスに舞い落ちるひとひらの雪に 

きっと気がついてくれることでしょう

そして 手のひらを差し伸べてくれるでしょう

私はその手の中にうまく とまることができるでしょうか

うまくできれば・・・・・ 

憧れて 憧れて 焦がれ続けた

彼のぬくもりの中でこの世から消えることができますね


もし もし・・・

彼の手のひらの脇を抜けて

冷たい地面へと・・・・・

落ちたら・・・・・


私は

私は

彼を見上げて ひとしずくの涙を流し 

その涙で自身が消えてゆくでしょう



それでも この世で最後に目に焼きついたものが

彼の姿であるならば 

私はそれでも きっと幸せだと思えるでしょう

空から彼の姿を探し

彼に向かって落ちて行く間・・・

それが一番の幸せの時間です

その時間に 祈りましょう



Merry Merry Christmas

あなたが幸せでありますように

Merry Merry Christmas

あなたの元まで来て溶けた雪の花びらを

どうか 覚えていてください

またきっと・・・ いつかめぐり会って 

その時に 心が確かめられますように・・・・・

Merry Merry Christmas

あな・・・た・・に・・・・・

しあ・・わ・・せ・・・・を・・・・・・・・・・・


      イラスト~Lazy Colors







All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





編集 |  15:40 |  小さな幻想集  | CM(4) | Top↑

2008年12月20日 (Sat)

やばいぜっ!

いつの間にかもう20日になってる・・・早いよ~~
クリスマスのことも頭になかなか入らず、飾りもきっと片付けるのに手間取りそうだから・・・と敬遠しちゃって。ダメだよね~
昨日、学校で子ども向けのクリスマスコンサートで歌ったから、学校に少し持って行こうとして、初めて飾りを置いてるところ触って、家にも少し並べてみた。
やっぱり、ちょっとは気分が違うね。ちゃんとやらなきゃダメだね~

来週から怒涛の日々ですよ。
22日、お仕事です(連休の間の忙しさが予想されています。たまたま長い勤務の日、トホホ)
23日、隣町での、映画「歓喜のうた」上映のイベントとして、練習兼ねた第九の披露です
25日、お仕事です
26日、第九リハーサル(午後と夜です)
27日、第九本番(リハはあるけど、本番は夜です)
28日、NEWSのコンサート(1部だけですが・・・)
29日、お仕事です(たまたま最終日で、丸1日の勤務に当たりまして・・・
                          すっごい忙しさが予想されてます)

やばそうな気配です。生きて乗り越えられますように・・・
以前、良く正月に倒れてました。今年はあの頃みたいにならないでおかなきゃなあ~~
皆さんも、かなりお忙しいことでしょう。
ですけど、この年の瀬に職と住まいを奪われる人が日本にはあまりにも多くなるようです。
忙しかったりするのも、感謝しなきゃなりませんね・・・




亀ちゃんも忙しい毎日過ごしてることでしょう。
渋谷の看板を見せていただきましたが、ほんっと、ほんと、吸い込まれそうでした。
あの放つ光というか、オーラというか、雰囲気はナニ??
「ひゃ~~~カッコいい!!」
叫ぶような、噛み締めるような言葉を吐いて、しばし眺めていました。
雑誌の津波も、お友達との協力で、ほぼ手中に・・・・・(^.^)
待ちうけが、次々変わっちゃうよ。
今は、クリスマス近いから、CDのブックレットっての?あの中の少し首をひねった姿。
いまだに、見るたびドキドキしちゃう~

ジャニショの写真も、お友達との協力で、全買い続けていられます。
一度全買いしちゃうと、‘選ぶ’って行動ができなくなっちゃう・・・
残してきたものが見たくなっちゃったり。
今は、娘用に、ジャニショでは竜ちゃんの写真の前で、必死で選んでる私です。



さて。さっきの殺人スケジュールが終わったときには、すでに主人はお休みに入っています。
・・・・・ってことは、
録画予約が、ものすげえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~!!!!!
いったい何時間ありゃ、大丈夫なのでしょうか?
5日には主人は出勤ですが、私もお仕事・・・トホホホホホ
ライブDVDが届くのを、いかにしてバレずに受け取るか~の作戦もまだ手付かずなのに。

正月準備でなくて、亀ちゃん受け入れ?準備が、大わらわの年の瀬です。
皆様、風邪に気をつけてくださいね~





All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





編集 |  14:53 |  日々つれづれなるまま  | CM(2) | Top↑

2008年12月17日 (Wed)

偉大なる先輩

やっと中居くんの「私は貝になりたい」に行けました。
そう、新聞屋さんの懸賞で当たってたチケット。やっとです。

とにかく、感想としては・・・‘俳優、中居正広、圧巻’ です。
その存在感たるや、物凄いものがあり、もちろんそうではないとは解っていても、中居くん一人が背負う映画のように思えてしまった・・・。

まだやってる映画の筋を書くのは忍びないので、書かない主義ですが、だいたいご存知のように、戦争でひねりつぶされたように消えていった無数の命の中のひとつの命の話。
赤紙1枚で召集され、家族も仕事も手にしていたもの全てを捨てて集められる人々。
訓練という名のいじめのような体験。
失われていく人間らしさ。それを失うまいと、目を見開く主人公。

やがて一つの出来事、事件・・・があり、それを包括した戦争は終わりを迎えた・・・・・筈だった。
ところが、戦犯という名をきせられて連行される主人公。
裁判には、まだ終わったはずの戦争は色濃く根付き、訳のわからないまま「絞首刑」が下される。

自分にできる唯一の手段だと、苦労に苦労を重ねて200名分という膨大な署名集めに走る妻(仲間由紀恵)。
その姿に、慟哭しました。映画館なのに、声が抑えられなくて、相当苦労しました。
はたから見ていて泣けたのではありませんでした。
その時、なぜか仲間さんだった・・・・・
物凄く必死な気持ちで、ギリギリな気分だった。
若い頃出会って、二人きりで手を取り合って、静かに小さく暮らしてきた二人。
お互いだけが唯一の頼りで、他には子ども以外、何もなかった二人。
その人の命を救うために、できる唯一のこと・・・・必死・・・・そう、死にそうなくらいに必死。
それが伝わってしまったのでしょうか。
あの時、私は仲間さんだった。 
そして、思う相手がいた。頭の中で共演していた・・・・・彼と・・・・・・・

収容所では、SMAPの他のメンバーが出てきて驚きながらも、その静かな演技に引かれていきます。
他にも収容所には出会いがあり、残酷すぎる別れがあり・・・
でも、その中にも希望へと続く時の流れがあります。

でも、ラストには恐ろしい結末が待っていた。
この時、俳優・中居正広が物凄いことになります。
その表情は、CGかあしたのジョーのように劇画かと思われる様相を呈し、恐ろしくさえあります。
計り知れない恐怖と、無念、無念、無念・・・・・。
あまりに渦巻く感情に、主人公は人間はもう嫌だと、そうたどり着きます。
だから、生まれ変わったら・・・・・・・・・・
もう、見ている私に涙はなかった。
泣くなんて、そんな甘っちょろいもんじゃない。
ただただ、恐怖と無念に胸を締め付けられ、唇噛んで画面を見つめてしまいます。




丁度、録画していた「情熱大陸」を、意図せずに昨日見ていたのです。
MC、バラエティ、歌、踊り、俳優・・・どれもやっていないと不安だと語った中居くん。
なかなか素顔を出さず、影で努力するような人。
今までのドラマ作品は「白い影」も「砂の器」も、心に暗い影を背負った、うたばんの彼とは全く正反対のような役どころ。
それを見事に演じきってきた。
その集大成のような、この映画。
役にかけ、入り込み、演じきる、出し切る。
それは坊主になり、哀れなほどに痩せることから更に先へ、深みへと入り込んだ、役者の世界。

「情熱大陸」で、女子高かどこかの試写会の舞台挨拶にて、中居くんはこう話しました。

  何か新しいことにチャレンジして、
  「成功」という結果をもらえる人もいるかもしれないけど
  もらえない人だっている

  だけど、チャレンジして、「成長」って結果は、
  必ず誰にだって与えられる
  俺はそう思うんだ

この言葉、物凄く響いたの。
普通の暮らしよりも、常にチャレンジを要求される仕事、もう長い。
いろんなジャンルを手がけ、レギュラー番組もあまりにも多く、保つことと変化することを同時要求されるような世界。
そこで、彼がチャレンジし続けて得てきた、確かな手ごたえ・・・それは「成長」だったのだろうね。


戦争で死ぬということ。
これはただひたすらに理不尽で、無念で無念で悔しさ以外の何者でもない。
私たちの国では、まだほんの少し前まで戦争があって、その頃死なねばならなかった人々の、無念の涙と、その血は、私たちの足元の土にも、まだまだじっとりと浸みこんででいるのだと、焼け野原の東京のシーンではそんなことを考えていました。

どうか、多くの人に見て欲しい映画だと、私は思っています。




そして。
中居正広という人が、亀ちゃんにとって、かなり身近である先輩だってことを感謝せずにはいられませんでした。
まだまだ、彼は、足元にも及ばないと思えます。
それは、馬鹿にしてるとかじゃなく、素晴らしい目標があってよかった・・・ということ。
小さくて狭いところでものを考えずに、是非、大きな目で、目標高く進んで欲しい。
心から、そう願うから。
大好きだからこそ、ここで満足したといいたくない。
「中居くん見てきたよ。物凄かったよ!」と、報告したい。
きっと彼にも、そんな日が来ると信じていたい。
次の作品での「チャレンジ」と「成長」に、期待満々です。

機会があれば、この作品、彼にも是非見て欲しいです。






All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・

  


編集 |  17:09 |  日々つれづれなるまま  | CM(2) | Top↑

2008年12月16日 (Tue)

あ・り・が・と。

久しぶりになってしまいました。
週2回とは言え、月曜日は完全束縛状態で、ほら、夜は全然亀ちゃんに関することやらない・・・つか、やれないのね。
だから、何だか離れちゃった感じです、彼と。少し。

○協も充分仕事のつもりでやってきたの。つか、今もだけど。少しだけど頂けるものあるし。
でも、今度の就職はなんか厳しい・・・
結構、精神的に来るわ。
昔を思い出す~周りの誰もが自分よりすごく優秀で、息苦しかったような感覚・・・
まだ3日しか勤めてないから、慣れてきた頃の自分が、少しは気楽というか、自信持って生きててくれることを、マジで願っちゃいます。
若い頃と違って、今は見た目でベテランに思われちゃう・・・それは辛いよ。
教えてくださる先生が、ずっとベテランで物凄い知識と速さと優しさともお持ちでね。
素晴らしい方の下で幸せなんだけど、いきなりの目標はあまりにも高い高い壁で、目がくらんでる状態です。
この職業の方は、皆さんそれくらい頭が良くてカッコいいのかな・・・
やっぱ、まだ、自分には分不相応だな~なんて、嘆いちゃってる弱気な私です。

優しいメル友さまには、これ以上はないというくらい支えてもらって、相当にお世話になりつつ・・・
日曜日はしばしば憂鬱になりつつ・・・
月曜日の夜は疲れ果てつつ・・・
何とかやっていかなきゃと、日々言い聞かせつつ・・・

人生ってさ、ちょっと順調のような気がしたら、必ず次には苦しいこと待ってる。
まあね、逆もまた真なり・・・・・なんだけどね。



亀ちゃん、1月のテレビにも結構出るようですね。
今日は歌が生放送だしね。
ドラマもどんどん忙しくなってるだろうしね。
お正月番組とかは、もうすでに収録終えてるよね・・・
ってことは、最近ずっと忙しいままってことよね。
すっごい、頑張ってるはずだよね・・・
いつもそう思って、いつもその姿想像して、憂鬱な朝も出発します。

雑誌とかではいつも前向きな様子とかが多いんだけど、きっと彼だって、憂鬱も不安も苛立ちや焦り、孤独とか迷いとか抱えて、それでも立ち止まる間もなく走る、あるいは走らされてる時だって、きっと、きっとあるんだって思う。
そんな彼が見せる笑顔、優しさ・・・そういうのに触れられる自分を、ありがたいと思う。
こんなに好きな人が、現実に存在しないくらいの勢いの、遠い人ではあるけれど、
その姿、その声、その笑顔、そして語る言葉がメディアを通せば触れられる。
それでも幸せだと、最近では思ってしまう。
その分、私の中では、彼ほど大切なものはなく・・・・・
亀ちゃん・・・
亀ちゃん・・・・・・
私も、頑張るよ。



今夜、生放送。元気でいるでしょうか?
ごめんね。私、第九の練習に行ってくるから。
亀ちゃんもしっかり歌ってよね! 見るの楽しみにしてるからね!
私も、歌うよ。 ちょっと字が違う「歓びの歌」を。
本番まで、あと10日くらいしかないんだ。
やっと、鼻歌がドイツ語になってんだ。
だから、行ってくる。
亀ちゃんも、行ってらっしゃい



最近また、改めて思ったりするよ。
あなたを好きで良かったと。
あなたがいてくれて、良かったと。
こんなに大好きで、こんなに大切で。
そんな自分をくれた人に、会えてよかったと・・・・・
亀ちゃん・・・・・・・あ・り・が・と。






All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・




編集 |  16:12 |  亀ちゃん的日々  | CM(0) | Top↑

2008年12月08日 (Mon)

冷やし中華・・・・・じゃなくて。

  「○○○始めました」
季節はずれの冷やし中華ではありません。
お仕事始めました。

とは言っても、パートで今のところ週2回、月曜日が9時半から16時まで。木曜日が9時半から13時まで。
世間的には楽勝パターンですわね。
お仕事は、資格を生かしまして‘○○師’です。
おほほ・・・小説とか書いてますが、実は理系出身です。
でも多少道の選び方に誤りがあったようで、大学では相当落ちこぼれて苦労しました。
まあね・・・たまたま、周りがすごい秀才ばっかりでね・・・
落差激しかったり、助けられたり・・・
古い読者はご存知の、同窓会でのリベンジ・・・つか、すっきり・・・の話のHくんも、大学院まで行きましたからね・・・

~~っと。だから、ジャニヲタやって、歌うたって、物書きしてる自分はとっても楽というか、楽しくて好きでしたのに。
でも、我が家の経済事情は、私のフラフラを許してはくれず、とうとう今日から出勤の羽目に。
今日は、とっても運が良かったようで、記録的な暇な日だったそうです。
いきなり午後までのプレッシャーに、朝からお友達に泣きついたりしちゃったのですが、穏やかに過ぎてくれました。
この歳で、13年ブランクの専門職。緊張します。
でも、職場には常勤で、まだまだずっと年上の方がいてくださり、その方、優しく教えてくださるので、本当にホッとして帰ってきたところです。

○協のお役目も、まだ引き続きです。
こっちは月一で都会に行けるし、去年の千葉のようなことがあれば、最高!
4月からも、今のところは続けるつもりです。
早速、明日は○協の方の定例会議なので、ジャニショ行ってきます!
~~~ん?
何となく文脈が変ですか? 目的がずれてるよね?
いやいや・・・裏の目的こそ、真実の目的なり! (爆!)
ホワクリのPV撮影風景出てるらしいから~連れて帰ってこなきゃ!ね!




また、一層亀ちゃんに頼る日々が始まります。
帰りに運転しながら、やっと「仕事」って言葉を、亀ちゃんと同じように使えるんだ・・・などと、そんなこと考えていました。

えっと・・・。雑誌買っても、テレビ見てもあまりそういうこと書かないから、不人気なこの場所。
私の場所のようですが、一応亀ちゃんのお名前を看板に掲げております。
もう語られたのかなあ・・・「TVぴあ」
良く・・・つか、全然解らないなりに、ヘアメイクさんとスタイリストさんと、衣装協力とか、お値段とか見るの好きです。
「TVぴあ」買ってきて、亀ちゃんのセーターが、いつかどこかで見たような気がして、すぐに衣装の欄を探して見てたんだ。
そうしたら、
  衣装協力:○○、○○、・・・、kame、Ber Ber Jin
こう書いてあるの。

え???これってなあに?
亀ちゃん、じんじんがお洋服屋さんに関係あるの? 偶然?
ちょいとびっくりしていました。


あとさあ・・・亀ちゃんのピンキーリングが移動してるよね?
夏は右手だったのよ。 でも、今は左手
左手の中指と小指、右手が薬指かな? リングは。
私のお仕事さ、リングもネイルもダメだろうから、それがすっごく寂しいのだけど、今まではお出かけの時は、左手にピンキーして、薬指は・・・・・でしょ?
んで、右手は中指か薬指に大き目のをするのが常でした。
‘幸せ逃がさぬ派’であります。
いつしか、亀ちゃんのピンキーが移動してて、嬉しいんだけど、幸せ掴んでるの?などと、してはいけない自問自答をしてしまいそうになり、頭をぶんぶん振って止めたりします。

し、しかしですよ。
私の左手に合うピンキーリングは、決して右には入らないのであります。
やっぱり利き手はたくましいのでしょうか? どの指も右の方が太い・・・です。
亀ちゃんもそうだとしたら、ちょっと太ってきつくなったとか? えへへ。
ピンキーとおそろいのブレスも最近してるの見ますよね。

かなりの手フェチなので、そういうところばかり見てます。




こんな私の初出勤日でした。
レスも書かずに、こんなことばかり書いて、ごめんなさいぃぃぃぃぃ~






All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・







編集 |  17:51 |  日々つれづれなるまま  | CM(6) | Top↑

2008年12月06日 (Sat)

舞台芸術~ライオンキング

ゆうべのMステ、待ってました!!と言わんばかりの、PVの衣装でしたね。
中丸くんが、もったいつけて教えてくれてるのを先に見たから、どうかな・・・って思ってました。
あの衣装、かなり、とっても好きです。

でも、驚いたのは、3人での1泊旅行。
「ツーリング兼ねて・・・」って、田口くんもバイク買った?
それとも、どっちかが二人乗りして?
バイクは寒くなかったでしょうか・・・
でも、ケーキ持って行ったのなら、バイクは難しい・・・車かな?

へええええ・・・3人ねえ・・・
亀ちゃんが気楽に過ごせる人選だとは思えるけどね。
泊まりで行けば、ゆっくり飲めるし、忙しくなる前に良かったんじゃない?
聖くんも亀ちゃんも、街に繰り出す時には張られてるでしょうからね~~
中丸くんたち以外では、最近そういうの聞かなかったから、何だかゆったりしてた今年中盤、そういう心の余裕というか、メンバー間の熟成になったのかな~と嬉しくなりました。



放送では、イントロの間、田口くん絡みなのか、ニヤニヤ?ニコニコ?笑ってる彼らに、歌に入れるのか心配したり、でも、笑顔がなんとも嬉しかったり・・・

12月はまだまだ生放送があるようですから、‘今の亀ちゃん‘見守れますね。
楽しみにしておきます。






さて。亀ちゃんがテレ朝にいることを意識しつつ、私は夕べ、娘と劇団四季ミュージカル「ライオンキング」に行ってました。
久しぶりの舞台芸術です。
でも、今年は、天下の帝国劇場、梅田芸術劇場と行きまして、今回福岡シティ劇場。
来年には、博多座が待ち望んで招致したらしい「ミスサイゴン」のチケットを買ってあります。
亀ちゃんの帝劇から繋がるかのように、舞台へと足を運んでいます。


KAT-TUNの歌のように、雨が雪に変わったりする寒さと強い風が吹き荒れる日で・・・
学校が終わってから、ダッシュで行っても、晩御飯には15分でうどんを食べるのがやっとでした
でも、このスーパーの懸賞、結構周りもチャレンジしてたんですよ。
当たるなんてすごい!って言ってもらえて・・・ラッキーでしたから、うどんだって平気!平気!
2階席でしたが、タダだもん、平気!平気!
当たった人の塊でしょうか? 私たちの横と後ろには人がいるのに、前は大きく広く誰もいない・・・
それ見て、逆によみがえるのよね・・・
開いてる席がしっかり目立つくらい満席のドリボ。わさわさと人のあふれるロビー・・・
亀ちゃんはその満席に感謝しなくてはならないと、改めて感じたりしていました。


劇場のロビーは、やはり何処もホテルのようで、クロークもあり、丁寧な応対がなされます。
前かがみを禁止するアナウンスが幾度も流され、実は私たち親子、帝劇で注意されちゃって前かがみを気をつけること、覚えたので、懐かしい気分で聞いたりしました。

このミュージカル、一番はそうね・・・衣装というか、人が動物になってること・・・かな。
例えばキリン。
両手両足に竹馬をつけたよう。頭には長い長いキリンの首となるように帽子としてかぶり、四つんばいになって歩く。一人でキリン。その背の高さたるや、ほぼ本物。

象は、足1本に一人ずつ人が入ってる巨大さ! 2階で残念でしたが、客席を通って登場してきました。

かなり長い出演時間があるハイエナは、前かがみで丸い背中を表し、手で顔を持ってる。
パクパク口を動かしながら、台詞をしゃべるの。

動物になりきってる仕草から、飛ぶようにして走り抜ける時の足の形まで、ものすごく作りこまれて。
顔は大抵、お人形でできてるのだけど、役者の顔も見えている。
なんて説明したら良いのか、難しすぎるのですが、人が見えたまま、動物になってて、でも、じっと見てるうちに、その動物だけが浮かび上がってきて、人が見えなくなる感覚に陥ります。
だけど。だけどです。
その目になった時、私は敢えて役者さんの表情をオペラで見てました。
動物の顔を、持って動かしながら・・・その顔が演技していればいい位、その動きは動物に見えるのに・・・見えなくなった役者さんの表情は完璧に台詞の感情を表してます。
人形操作と、自分の演技を同時にやってるようなもの!すごいです!


また、舞台の色彩がアフリカのようで、原色がきれいでした~
人はサバンナの草にもなり、風を表現したりもします。

物語は、確かに手塚治虫さんの懐かしき「ジャングル大帝」もどきですが、演出がね~すごいよ。


後半では、まず観客席に鳥をぶんぶん回しながら、役者さんがたくさん入ってきます。
私たちの目の前にも一人。女性でした。
肌がきれいでね・・・とってもきれいでね・・・背中も腕もぴかぴか!
変なんだけど、そういうの磨くのも仕事なんだな…って思って見てた。
笑顔で、しっかり歌う歌声が聞こえてきました。
帝劇で、どなたかのすぐ傍、こんな距離でロープの準備をしたんじゃないかと、亀ちゃんを想ったりもしてました。

アフリカですから、結構伴奏梨の歌も多くて。
ハモリが独特の幾重にもハモるのが多くて。
やっぱり、歌はすごいです。劇団四季ですもん。
言葉がはっきりくっきり聞こえてくる。台詞もそう。
それは、亀ちゃんとは比べ物になりません、専門家!って感じです。

あ、でも、高いところから落ちる場面で使われたフライングのようなものは、静かにするると下ろされ、聖くんが落ちてハッとした様なそんな鋭さは全くありませんでした。
人がつるされて、空中を移動するのはあっても、もちろん舞台の上だし、静かな横移動。
亀ちゃんみたいに、観客の上でのアクロバットや、フライング・・・あの迫力!
これは、劇団四季にも誇れるものだと、私は身内感覚で胸を張る気分でしたよ。

ダンスも「揃う」ってことは、全然負けますが、アグレッシブさはね、ドリボ負けてません。
キスマイやABC(当時)の鍛えられたスピードのあるダンス、誇らしいと思えていました。




もう亀ちゃんの舞台に行くことは、叶わぬ夢になるかも知れません。
東京は遠く、果てしないところにあります。
だけど、私はここで生きている・・・
だから、またいつの日か、何年先か、何十年先か、魂になってしまってからか解らないけど、舞台の上の亀ちゃんに会える日のために、
舞台の上の亀ちゃんを見る目を養っていたいと思います。

ただ、彼がやってるから見る・・・・・そういう人だけが来る舞台ではなく、光一くんが賞をいただいたように、一般の芸術として捉えられる日が来るように、私も努力したいと思います。
自分のものさしを、彼だけを見るものじゃなく、他の素晴らしい作品と比べたり出来るようでいたい。
批判とかじゃなくて。
彼には、ずっとずっと上を向いていて欲しいから。

負け惜しみでしょうかね~いつでも何処にでも行ける人には、理解しがたいのかも知れないのですが。
それくらいしか、できない・・・・・とも言いますね。
少しでも、「一般的に見れるファン」を目指します。
その為に、いろんな歌を聴き、映画にたくさん行き、ドラマもたくさん見てるんだもん。
どうしても、盲目にはなりますが~~(笑)



彼はテレ朝、私は劇場で過ごしていた、寒い夜でした。







福岡シティ劇場がある、キャナルシティという場所は、クリスマスイルミネーションが有名です。
帰り10時ごろ、もう賑やかではなかったけれど、こんな風でした。
キャナル0812-1
きゃなる0812-2
きゃなる0812-3

バス停までの強風の吹き荒れる道。
このイルミネーションを見てしまったら、どうしても聞きたくなって、「White Christmas」の着うた(フルは持ってないのよ・・・)を鳴らしながら小さく縮こまるように夜道を歩く、私たち親子でした。





All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





編集 |  15:19 |  亀ちゃん的日々  | CM(4) | Top↑

2008年12月03日 (Wed)

流れ落ちるしずく

やっとアマゾンから新曲が届いて。
でも、時間がなくて、PVだけ!と、娘とお互いに約束して見ました。
事前に頂いたのはあったのですが、本物のが一番に見たくて、我慢していました。
だから、CM以外では、始めて…

彼が画面にいる姿で、頬に流れ落ちるしずく…
胸が熱く、そこから絞られるように、ぽとり…ぽと…り……




マニュアルが遅れていて。
何度も見ながらも、新曲の特設サイトには書いてくれていたから、慌てず静かに待っていました。

今、ようやく見ることができて。
元気そうな、いつもの茶目っ気たっぷりの文と絵文字並べ…
微笑みながら読んでいました。

でも。
最後に、遅れたこと、ごめん…って。
それ読んだら、また、しずくが頬を伝う…




今年はこうして、彼の姿だけで、彼の小さな言葉ひとつで、幾度となく、しずくを絞り出してきた、私の瞳。
舞台、コンサート、頭の中、写真でも、雑誌の一言でも。

深い意味なんかなくて。
ただ、ただ、大好きだと、思い知らされる度に…



また、今日も。


あなたが、大好きです。
編集 |  23:40 |  亀ちゃん的日々  | CM(2) | Top↑

2008年12月02日 (Tue)

立派なクチビル

HEY!×3の亀ちゃんは、幸せくれる亀ちゃんでした。

亀ちゃんが、何か食べてるところって、すごくすごく好き。
食べてる姿・・・というより、きっと日常を垣間見てる気がして、ドキドキしちゃうんだろうって思えます。
そ、居眠りしてるとこ、見ちゃったような・・・口がうっすら開いてたりとか~
この間、Pちゃんが書いていたみたいな、寝起きのぼさぼさ見ちゃったような・・・あくびしながら、髪の毛ぐちゃぐちゃしながら起きてきたところに遭遇しちゃったりとか~
そんな、一人暮らしを覗いちゃった気分に、フッとなったりするんだよね。
そう・・・・・亀ちゃんちの間取り想像しながら、小説書いてるときも同じ気分です。

ケーキ、好き? あんまり好きじゃない?
ジャニには生クリーム苦手って、結構多いんだね。亀ちゃんはどうなの?
亀ちゃんが甘いもの好きか嫌いか、そういえばずっと疑問なのよ~
どっちにしたって、しっかり見られながら食べるのって、照れるよね。

私は立派でなくても、真ん中あたりでイチゴに行きそうです。
亀ちゃんの基本はラストですか・・・?
立派なクチビル?  うふふ亀ちゃんのクチビルこそが、私には世界一立派です

し、しかし。スポンジ食べる一口がおっきい~~!!
いつもあんななのかな? ちょっと意外でした。
なんとなく、ガッツリいくのは、聖くんとじんじんのイメージで。
亀ちゃんは、もう少しちょっとづつ食べていくような気がしてました。
でも、確かに亀ちゃんのあのクチビルは、普段はコンパクトに小さいのに、いざ開けるとおっきく開く?伸びる?
そのギャップ、大好きなのですけどね・・・
じんじんと二人して、吸い込みながらケーキ食べてました。
左手も手伝って、大きな一切れはお口の周りにクリームを残し・・・・・ラストでお口は手で拭きましたっ!
その笑い方~!  大大大好きな笑顔です。 
テレ交じり。 目を細めて、恥ずかしそうな・・・
私を幸せにしてくれる、大切な笑顔です。

心理テストが、キスのことだと知らされた時、自分は3回目のデートでキスすると出たとき、含みのあるような笑い方してぇ~
なんで、やきもきしちゃうんでしょうね・・・この私。
でも、じんじんみたいに「自分からしますよ~」って、言わないでいてくれて助かりましたっ。

食べてる姿で、私生活想像してドキドキするくせに、やん!それ以上はやだ~って、しっかり線引きしてます。
勝手なやつですね・・・私。



左手の手首には、ミッキーの形の黒くて、カットのある髪ゴム?でした。
またあれが、ネットで売り切れてるんでしょうねえ。
なんなのか、全然知りませんけど・・・


HEY!×3を見たら、Mステで髪の毛切ったのが、よおおく理解できましたですっ。
結構伸びてたんですね~  チョッキンと、いってたわけですね。


衣装もまた変えてきて。予備校じゃないですが、普段着バージョンって感じ?
亀ちゃんのなんて、インには薄手のTシャツか? 雪に耐えられる服じゃなかったですね~
3回目の生放送、どんなお姿か、楽しみです。
そして、今日はマニュアル。今回は私にはあっという間に感じます。
おたより、楽しみにしていますね! 長めにお願いしますね・・・亀ちゃん。





あ。
竜ちゃんとゆっちのソロ活動、はじめて見た映像があって感動でした!
どっちも参加したら楽しそうだねえ・・・ゆっちのは、本当にはじめて見たんだけど、工夫がいっぱいそうだね。
行けた方が羨ましいです。
頑張った二人に改めて拍手です。
「ソロはしないのか?」の問いに、頷いてたよね、亀ちゃんは。
NEWSで、Pちゃんや亮ちゃんがやらないように、亀ちゃんとじんじんはやらないものなのかな?
舞台があるから、それがソロみたいな亀ちゃんだからかな?
究極の個人的には・・・・・・・・
東京しかやらないものは、ヤラナイデクダサイ・・・・
究極の個人的願いではありますが・・・・・


ありゃ。だらだら書いておりました。
アマゾンから新曲来てるか、ポスト見てきま~す。
では。






 All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・




 


編集 |  21:33 |  亀ちゃん的日々  | CM(4) | Top↑

2008年12月01日 (Mon)

小説風幻想「月光」 最終回

12月になりました。
急に動き始めたことがあって、ごんままっちとしては、体も気持ちもまさに「師走」とばかり、そわそわしております。

亀ちゃんも、12月はテレビの放映、雑誌の発売と、彼がこなしてきた仕事が次々にかなり大量に我々の前に現れる様子・・・
夕べは、受け止め作業の手分け打ち合わせしたり~

新曲周りの映像など、とっても素敵なものばかりのようです。
彼の姿が、楽しみです。





さて・・・・・。
長期のお休みをはさんで、随分長いこと携わってきた「月光」も、とうとう最終回になります。
どれくらいの方が、続きを待っていてくださるのか、最近では全く解らなくなってしまいましたが、ぜひ、目を通された方、一言でもお言葉いただけたら・・・と願っております。








    All Johnny's Fan ブログランキング →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





編集 |  16:27 |  小説風幻想「月光」  | CM(12) | Top↑
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。