--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげさまで、また誕生日でした。
たまたま水曜日で休みだったから、何かしようかな~めっちゃのんびりか?と考えましたが、ま、水曜ですし。
久しぶりに映画でも行くことにしました。

行きつけの映画館が時々やる、古いけどスタッフおススメの映画を800円で見られるキャンペーンをちょうどやってるけど、見たいのは午後の上映で、起きていられる自信がなかったから、午前の上映作品から・・・
  「清く 柔く」
にしました。

ずっと前、「重力ピエロ」を見た時の記事に、その不思議な魅力のこと書いた岡田将生くんが出てるやつ。
いや~~ 彼は大輪の花になりましたよね。
リーガルハイにも出ていますが、細くて背が高くて、顔が小さくて肌が白くてきれいで。
今の精悍な髪形とスーツ、さすがです、素敵です。
笑うと大きくなる口。くりくり動く目。
画面にいてしかるべき、麗しき姿だといつも拝見しています。

なんとなく、胸がきゅーーんとなりたくて選んだ作品でしたが、51にもなりますと、そう簡単にはきゅーーんとは行かないようでして・・・・
「羨ましいなあ~」なあんて感じで見てきました。

あんな仲のいい男女になったことないもんなあ・・・
最近、職場で話した話題ですが、
  「あたしには未だモテ期がない・・・」
ってね。
60歳でもいいです。モテ期味わってから死にたいなあ・・・と願っております(笑)







なんですか、本音を書くと怒られがちですが・・・
亀ちゃんのドラマを、なんともなあ・・・見ない私。
ちゃんと録画はしてあるよ。最初はちょっと見た。
最近もちょっと見た。

女優さんとむつまじい姿が見れないとか、キスが怖いとか、それも全然ないってわけじゃないけど、昔と違ってそれが占める割合は今は小さい。
じゃなんで???
あたし自身、うまく説明できないんだ。
バンドワゴンは小説持ってるから、お話に特に不安だらけでもないし。
なんだろうね??

妄想のし過ぎかも知れない(笑)
亀ちゃんはあたしの頭の中で、あたしが考える「和也」でいつもいる。
実際の亀ちゃんはGoing!とか、歌番組の亀ちゃん。
それに更に誰かになってる亀ちゃんまで抱えきれないって感じ?
良く判らないや。
とにかく、亀ちゃんはあたしにとって、すごい身内感覚の人で、別の人になってる彼は外の彼なので、そんなに必死で見なくてもいいかな・・・みたいな感覚でしょうか?
あたしが妄想するのは、演じたあと帰ってくる彼。
だから、素に近い彼のほうに気持ちがいくのかな?
う・・・わかんない。
舞台は、役かもしれないけど、生身が目の前にいてくれるからね。
同じ空気を吸うってことは、身内に近い感覚もあるからかな? どっぷりその環境を味わってます。

ま、気にしないでください。
51でも、へんな妄想オバサンってことですよ。






そんな妄想癖の困ったオバサンはLIVEの当落を待っています。
が、「年末だよ、大丈夫?」と合唱友に言われて、ホテルとJRのTOURを昨日ネットで探してみたけど、だんだん頭がパニックになった!!
で、今日スーパーの中の旅行取扱店に行って取ってきた(笑)
キャンセルがきく内に、当落発表してくれ~~

4人になったKAT-TUN、一目みたいと勢いもあって申し込みしたけど、帰ってくるのが大晦日。
旦那になんていうか・・・
もち、そのまま言うけど・・・


うん。
ちゃんと言えるように、日々を頑張ります。
お仕事、家事、園芸、etc.・・・・・



亀ちゃんは大阪から、横アリ、そして野球で東京ドームですか?
息つく暇のない年末年始。
あたしも、がんばるぞ!









  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



スポンサーサイト

水曜がお休みのあたし。
で、水曜が華の日みたいですが、一日時間あると思うと、大物洗濯とか、ちゃんとした掃除とか、庭のこととか、はてはダビングとか、その他溜ったこととか「やらなきゃならない日」みたいになってね。
その上、午後には「明日の前の日」って感覚になる。
そ、サザエさん症候群みたいなやつよ。

だから、あたしは火曜の午後のほうが好きです

そんな今日という日も、もう真っ暗になりました。
暗くなるの、早くなりましたよね。
そして、寒いですね。




日曜日がいとこの結婚式でした。
訳ありの、ものすごくすごく歳の離れた相手と結婚したいとこ。
ちょっと変わってて、でも、いい歳してやたら真っ直ぐなところのある人です。
両親は、ずっと反対していましたが、さすがに折れて、その日を迎えました。
まだ妹が、わだかまりの最中で、もろ手を挙げてお祝って訳でもないようでしたが、
親戚一同は、「ま、本人の希望なんだから」の立ち位置で集まっていたような感じでね。

家の家族に出し物頼まれちゃったんで、家族三人で出来る企画、涙も笑顔も誘うような企画を練って、準備していきました。
それで正直、すごく慌しい2週間ぐらいを過ごしていたんだ。

あたしが「秋桜」歌って。
続いて、「テントウムシのサンバ」
赤・青・黄色のテントウムシのパネル作って、三人で背負って。
踊りを考えて。
「サンバに合わせて踊りだす♪」のくだりが3回あるからさ、リオのカーニバルをイメージして、旦那の顔から下が水着の女の子になるように絵を書いて。
その絵が、スクール水着→かなりsexyなビキニ→貝のパンツとノーブラを手で隠す
ってどんどんあらわになってくようにしたの(笑)

そうして、当日、つるつる頭のあたしの父に、「お月様やって~」って頼もうよっていうんで、首の下にあてがう、夜の山里を描いていった。
父は快諾(笑)
家の父って、もと偉い人なんだけどさ。社長だったんだけどさ。いい人なんだよ。
楽しいの大好きで、場に合わせて、楽しいことやってくれるし、そうなるように考えてきたあたしを、褒めてくれる。
だから、現役時代はしょっちゅう仲人やってたし、そのせいでお正月のお客さんがハンパなかった。
なのであたしは裏で、お正月は料理準備して、お皿洗って・・・
毎年だったし、すごい人数で、お正月は嫌いだった。ほんっと、やだった。
でも、しゃあないから、毎年やってた、手伝い。

結果的には、そのお陰で、いろいろ覚えたけどね・・・料理。


花嫁の母が、あたしの叔母ちゃん。
と言っても、母と歳が少し離れているので、小さいときはすごく遊んでくれるお姉ちゃんみたいな人でね。
いつも周りの大人と同じ呼び捨てで呼んでた(笑)
今でもそうだわ・・・友達みたい。
だから、叔母ちゃんのためにも、頑張ってだしものやったんだわさ。

親戚一同は、超バカ受けでした~~やった~~






笑顔っていいですよね。
高校生なのに、目いっぱい頑張って出演してくれた娘の笑顔は、可愛かったし、誇りだったし。
旦那のやつも、やたら褒められて、ニコニコだったし。
(あたしが全部考えて準備して、目立つとこやってもらったんだけどさ~~
司会のお姉さんも、ミキサーさんも、お食事担当のスタッフさんたちも、やたら受けておりました(笑)
ま、あたしのソロ曲が前座みたいになっちまったんですが、良しとしまする。

お二人の出来るだけ末永い(新郎がかなりのお歳なので)幸せを祈ります。







明日、どうしようかな。
免許の更新、行くかな・・・
どう過ごそうかな・・・

健人の映画、見に行きたいです!(笑)
そうそう、sexyzoneのアルバムラストの曲「名前のない想い」がすごーーく好きで、娘とアンコール用にハモリまで練習していったけど、さすがにアンコールはなかった・・・・・・・・・・(笑)

月末は、仕事がひどく立て込みそうなので、更新行くかな・・・
本当は、水曜は引きこもりたいんですけどね。





皆さん、風邪に気をつけましょうね。





年賀状買わねば・・

デザイン探しの旅に出なくては・・・・・












  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





2013.11.02(Sat):亀ちゃん的日々
水曜日って休みにしてるんです。職場変わる前に行けなくなってた映画を、職場変わったら見に行きたいって思ったし。
でも、最近疲れ方が激しくてさ~ 更年期だから??
睡眠がどんどん短くなってしまってるのもあって、美容院でも電車でも、果ては映画館でもすぐに眠くなるのよ・・・
これはホントに困る現象なんだけどね・・・

で、水曜日は引きこもってることが殆んどです。
それでも、花を少し手入れしたり、大物洗濯したり、編集とダビングやら・・・で、気がついたら気絶するみたいに寝ちゃってること多々あるし。
あっという間に終わっちゃう休日です。

で、寂しいから、気がついたらテレビ欄で気になる映画や2時間ドラマを録画してます。
少し前にそうした「Wの悲劇」薬師丸ひろ子さん主演のを、昨日から2日かかって見ました。
2時間持たないのよね・・・覚醒時間が。





随分古い映画のように感じます。着てる服が懐かしい感じ・・・あたしの大学頃の感じなのかな?
ジャケットには肩パッド。スカート長め。
ダンスの練習シーンでは、レオタード、腰で結んだTシャツ?、レッグウォーマー。
めっちゃめちゃゆっくりのステップ。あたしでも出来そうな(笑)
「この頃の人が、今のちいさいジュニアの速いステップ見たら腰抜かしそうだ!」って思ったよ(笑)

この映画、見損なったまま過ぎちゃってて。でも、主題歌がものすごく大好きで。
だから、どんな映画にあの曲だったんだろうって、ふと思って録画したの。

清純な感じの薬師丸さんが、先輩役者と「始めて」「寝る」場面から始まって、面食らったわ!
画面では画はなくて、暗い雰囲気だけの画なんだけど、会話で判るの。
なかなか色っぽい・・・

薬師丸さんが女優への道を、がむしゃらに、果てはめちゃをしながらも進んでく。
実に体当たり! 
でも、彼女には実力はあるんだよ。
あるすごい出来事に巻き込まれて、それでも女優魂で掴み取った舞台の役。
それが上演される場面となった・・・
劇場は外側から映る・・・・・
ロビーの人並みへとカメラが動く・・・・・
「あれ?」
あたしは、一時停止して、更に巻き戻して(HDDではこんな言い方しないか?)身を乗り出して見た。
「帝劇? え? 帝劇!!」
外側の場面で、しっかり帝劇の看板が映ってる。
ロビーが、シャンデリアが、めっちゃ帝劇。
2階か3階(ってある?)席から、カメラが滑っていって、1階席、そうして、舞台へとたどり着く。
舞台袖も帝劇かどうかは、行ったことないから(笑)判らないけど、多分そうじゃないのかなあ・・・

そうして、舞台は進み、初日は拍手の嵐のカーテンコールで終わる。
演じ終えて、倒れこむ薬師丸さんを、ベテラン女優役の三田佳子さんが一括する
「カーテンコールも演技のうち!!」
言われて、ハッと立ち上がってカーテンコールに並ぶ薬師丸さん。
一旦幕が下り、次はこの二人のカーテンコール。
また幕が下りる。
三田さんが言う。
「今日だけは譲ってあげるわ。しっかり挨拶なさい。」
薬師丸さんは1人残され、また幕が上がる。
亀ちゃんみたいに、そこで言葉を話したわけではないけど、鳴り止まない拍手に深いお辞儀と、左右に向いたお辞儀で答えた。

そう!その場面!
その時、カメラは舞台の置くから背中越しに薬師丸さんを捕らえるときもある。
客席には満員の観客! 鳴り止まない拍手!
あたしは思った「見た!!!!!」
亀ちゃんが幾度となく見ていた、帝劇の舞台からの景色。満員の観客と止まない拍手です。
そのものズバリを体感することが出来るんです!
ちょっと、鳥肌ものでした。
観客って、かなり近く見えるものです。
普通に見てると、やっぱり想像どおり、1回の真ん中から後ろのほうに目が行く。
よくぞ、よくぞ。
あの帝劇最前列の日、視線を落としてくれたものだと、また思い出してしまいました。


そうして。この映画。
舞台監督役がね、まさかのね、蜷川さんなの!
きゃ~~本物じゃない!びっくりした!
最初,似てる人なのかと思って、エンドロールで確認したわさ。「蜷川幸雄」ありましたよ。
竜ちゃん、いよいよですね。





見終わって、なんだか感激して・・・
で、久しぶりに書いてる。

古い映画の中の、驚き体験でした。










All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・






ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。