2015年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2015年09月12日 (Sat)

青い種子は太陽の中にある  大阪公演  その3

いよいよ明日が千穐楽ですね。
どんな感じだろう・・・  ほかの出演者の方々のように、やっぱり充実感だけど、終わらないでほしい~って感覚なのかな?
もっともっと良くできる・・・って考えてるのかな?

舞台や楽屋を想像しながら過ごす夜長です。



あたしの感想っていうか、ただ舞台のこと書いてるつれづれも今日が最終回。
良かったら、読んでくださったあなたの舞台の感想も聞かせてください。





さて。 2回も休憩があるのは初めて。 3時間40分だった、全長、8日の日はね。
この休憩が終わったとき、アパートができた!(笑)
1階だとすごーい! すぐ近くを出演者が通ってく。 近くで見たら、そのいでたちはもっと面白いよ。
細かくいろいろぶら下がってたりさ~

カップルになってアパートへ入居する。
蛇口をひねるだけで水が出る。
いろいろ言っても、快適に違いないわ~
みんなの浮かれようは、賢治自身をますます追い詰めていったんだろうね・・・


そうして、やっと賢治のお父さんが姿を現しますね。
酔っぱらって大きな声で歌う父を抱えて歩く賢治。
どこかの飲み屋にでも迎えに行ったのかな?
酔っぱらいの親父・・・よくドラマだと「いい加減にしろよ!!」なんて強い口調の息子がいますが。
賢治の言葉遣いは丁寧語。呼び方も「お父さん」
昭和なんですかね?  それに、父からの賢治、実は育ちのいい理知的な家族なのかも?
苦しい胸の内を吐露する息子  青すぎる息子に現実のどうしようもなさ、歯がゆさを伝えなきゃならない父。
二人の気持ちがデュエットになる。
これは歌詞が載ってないんだな…パンフに。
あたしには、父に取りすがるように訴えながら泣いてしまう賢治がね・・・
どうしてあげたらいいんだろうって、悩んだね。
ここまで来たって、あたしの中では答えが見つからなくてさ。
お父さんの結論ってなんだっけ?
黙ってるしかないんだよってことだったっけ? 
背広着て(スーツじゃないよ~)、寮に入る息子。 朝鮮人以外は、みんながうまくいくのはそれしかないんだって言う。
その姿と訴え。 お父さんの本心、本当の本当は何だったんだろね?

でも。
やってきてくれた弓子が答えを与えた。
「愛と真実は同じもの」   どっちかだけでは生きられないんだ・・・
あたし、この二人のやり取りだけで、賢治は真実の暴露を決めたんだって思ってた。
でも、パンフ観たら、「日招き」見て・・・だって。  そうだったんだね。  だからずっと二人で見てたんだね。
辻本さんのバレエ凄かったね!  あの格好とおかまのしぐさまで~  ほんと凄い。
こんな演劇界でいいのか? バレエ団じゃなくていいの?なんて考えてしまった~
で、「日招き」
はっきり言って、どんな指南だったのか、いまいちわからない。
個人の利より、皆の利を優先しなかった息子は父に切られた。
恋人は嘆き悲しんだ・・
お米と命、どっちが重い?    でも、お米も命のもとだ・・
この話に何を読み取ったらよかったのだろう・・・

賢治だけが辛い思いをして、皆を幸せにしたらよかった?
それなら、賢治のこの先の行動の逆の教えになっちゃう。
う・・・む。 難しい。



ラストシーンは衝撃だった。思いもよらなかった。
幕が下りて暗くなっても、終わったとは思えなくて。
周りが拍手始めても、死んじゃった弓子が哀れすぎて、賢治がかわいそうすぎて、拍手ができなくてさ。そんな気分じゃなかったもん。
しばらくうつろな感じだった。
でもさ。
倒れた弓子をかき抱く賢治。 首筋にすがるように手を伸ばす弓子。
終わったときはうつろだったあたしだけど、この時は現実が襲ってきてしまって・・・
激しい現実 浸ってはいけないだろう現実
     首筋に顔を寄せる充希ちゃんが羨ましすぎた・・・・・・・
闘ったんだよ  ちゃんと。 だから幕の時はうつろなの。
でも、あの首筋・・・  禁断だわ。
弓子を下した後、顔からしずくが1滴2滴と落ちる。
首にもたくさん汗があったから、汗だろうかと思ってた、思いたかったのかもしれない。
でもね・・・ 涙だったようだよ  お友達が近くで見てたら涙だったことあるって。
そうかあ・・・・ そうなのかあ・・・・
芝居です、芝居ですが、彼の涙を受け止める・・・  やっぱ、羨ましい。
はい。おかげさまであたしも、汗ならあるので・・・  おかげさまで。

泣いたかもだけど、充血すらしないでカーテンコールに出てきたね。
あんなに毎日のように演じてて、泣けるんだとしたらすごいよ!
あたしだったらできるだろか?
その昔、「喝采」って曲をrちあきなおみさんが歌うたびに、涙をつう~っと流していたんだ。
あたしはそのころ子供でね。
「なんでいつも泣きんしゃあと?」親に聞いた記憶がある。
今ならわかる気がする。  あの歌詞歌うなら、毎回泣けるかもしれない。
そういう感じなのかな・・・


最後の最後、騒動があった7日は亀ちゃん一人で「おおきに」って言ったよ。
8日は、みなさんに声かけて「せーの、おおきに!」って。
帝劇と同じに、体を完全に二つに曲げて、深い深いお辞儀をしてくれた。
エンターテナーの亀ちゃんだった。


しかし。あの傾斜の舞台!  ハイヒールであの坂を降りて来たら止まりそうにないかなりの傾斜なのに!
高いヒールで踊り続ける役者さんたち!すごいね!すごすぎ!
その分、見やすいんだね八百屋舞台って。
狭いところにごちゃごちゃいる感じはすごく出てた。


印象的な歌がたくさんあったね。
忘れたくなくて、必死で聞いていた気がするけど、歌が混じってしまってわからなくなったのもある。
帰ってきて毎日、ふとした時にメロディーが掘り起こされるんだよ。
その断片を携帯やら、iPadやらに歌って保存した。
マリーになり、弓子になって歌ってみた。
うまくは歌えないのだけど、それしか保存方法がなくてさ・・・
また見たい でも無理。
残ってない  それが芝居ってやつなんだろう。 映画じゃない。
毎日違う  消えてゆく


とにかく、明日。  すがすがしい気分で終えることができますように。
いっぱいいっぱい、祈っています。
 
終えた後の顔を、テレビで見れることが嬉しい。
最後まで頑張って!  みなさん、亀梨和也を、あと1日、ラストまでよろしくお願いします。



 




  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・








スポンサーサイト
編集 |  22:15 |  1歩ずつ亀ちゃんに向かって  | CM(4) | Top↑

2015年09月10日 (Thu)

青い種子は太陽の中にある  大阪公演  その2

大阪からは台風に遭わないように逃げ帰ってきたような日程でしたが、
愛知県に上陸して、温帯低気圧になってから静岡や東京や、茨木、栃木などひどい雨なんですね。
午後のテレビは救出の生中継。
自衛隊の方々の活躍は、本当にその必要性を思います。

栃木の被害は甚だしいようで・・・ 
確か、亀ちゃんのおじいちゃんたち?いらっしゃる?
お墓があるのでは?
亀梨家含め、どなたもが命だけでも無事でいらっしゃれるように祈ってます。
自衛隊のみなさん、よろしくお願いします。




さて。 今日は仕事に行ったので・・・  完全に現実な日になったので・・・
気持ち戻さなきゃなんだけど。

休憩が終わると、暗くならず、気が付かないくらい静かに充希ちゃんが立っていた。
そう・・充希ちゃん。
8日は、席に行こうとする人が、なかなか座ってしまわなくて、じっとじっと身じろぎもせず、立っていた。
だっていうのだもの・・「何という幕開けでしょう。音楽も派手な背景もない」
え?って思った。 弓子じゃないの?って。
面白いよね~ 実に。  頭をかく乱させるのを楽しんでるんじゃない?の演出。
やがてフェードアウトするように充希ちゃんが消えて、弓子が現れる。じいーっと真正面を見据えて。

ト書きにはたしか「寂しそうに立っている」と書いてあったけど、あたしにはそうは見えなかった。
すごく意思のある眼でね。
賢治がぐちゃぐちゃになってるのを感じつつ、自分はどう思うのか・・
それを自分に問うているように感じる眼だった。
賢治さんがやってこないから、電話をしたという。
・・・・・・え?電話? 電話あるん? スラムで? あの時代1963年、あたしの家には電話はなかったよ。
なんて考えてると、賢治がやってきたね。
賢治の青さ、むんむんとするくらいの青さ。
まっすぐさでもあるから、応援はしたい。 でも、どこで話しても誰も取り合ってくれないんだよ・・・
青さゆえに、絶望感や閉塞感にさいなまれてく・・
なんで? 俺が正しいのに! 死体はあるんだよ! 掘ってくれたらわかるから!
叫んで叫んで、疲れてた。憑かれてた。
オカリナの触れ合いがあるから、それは誰にもわからない良い時間だったのだろうけど。
あたしもどっちがいいのか、わからなくなった。
「愛なのか真実なのか」
この時は、弓子には、死体が埋まったアパートでの結婚生活か? 真実を知らせることか? の選択に思えたんだろうか。
あたしだったら、どうしただろう・・・
観てる間には答えが出なかったんだ。 あの時。


マリーさんは3倍の歌を歌う。 恋人もだけど、子供もだよ。 失恋も・・・何でも3倍欲しいって。
生きたいんだね 生きてるって感じたいんだね。
イライラしてモヤモヤして、ムンムンしてるけど、焦ってんだね。 そうして・・・ 寂しいんだね・・・
なんかあたしにも通じてくるんだよなあ・・・  少なくとも数年前はもっとそうだった
 「こんなまま死ぬのなんていやだあ!!」 って叫びじゃないの?
叫ぼうにもどうしようもない どこで誰に向かって叫んだらいいんだか  叫んだって誰も聞いちゃくれない・・・・
そういうの判っていたのかなあ・・・ マリーは。 
だから賢治が叫ぼうにも声が出ないこと、「そんなもんよ、あまっちょろね」ってな感じで嘲笑うのかな?
結局、丸め込まれるような就職あっせんされる賢治。
後でわかったけど、就職決めるんだ。 それが朝鮮人以外には誰にもいい事なんだっていう思いに、押しつぶされてく。
だけど・・・  だけど・・・  賢治は決して納得なんてできるわけがない。
葛藤は続いてる。
また賢治がこの時も青い。


2幕だよね? 弓子が歩きながら下手から入ってきて「日がもしも」を歌うの。
歌いあげてましたね。 願いがこもってました。
もっといっぱい、ずっとずっと一緒にいたいんだよね。
でも、賢治は自分の青さの持って行き場を探して奔走。
弓子の夢が彼の中に見えなくなってく・・・
寂しいし、悲しいから。 何とかしなくちゃと思うから。 
「わかるけど・・・ でも・・・」  弓子だって激しく葛藤してるんだよね。  
で、賢治が傷つくこと言ってしまうけど。 賢治が孤独になるようなこと言ってしまうけど。
でもさ。 弓子はそのあともずっとずっと、賢治の気持ちを考え続けてるよね。
自分の夢と、賢治の気持ち。 
そうしてのちにたどり着く  「愛と真実とは同じもの」だとね。








今日はここまでにしとくね。
なんか、順がそろってなくなってるかも?
ま、雑感として見ててくだされ。
キーボード叩きながら、次を考えてる感じなので・・・
(あたし、人前でしゃべる時も、しゃべりながら次に言うこと考えてるようなとこあるんだ・・)







  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・








編集 |  18:55 |  1歩ずつ亀ちゃんに向かって  | CM(0) | Top↑

2015年09月09日 (Wed)

青い種子は太陽の中にある  大阪公演  その1

9月7日、8日と大阪公演に行ってきました。
先に書いておきますが、7日の公演では、観客にマナーの悪い方があり、トラブルになっていたようです。
でも、初めての観劇でストーリーを追うのも必死だったし、ほかの公演と比べることもできない私には、気が付かなかった出来事で・・・
事務所からも注意のメールが来たくらいです。
亀ちゃんはこの出来事で、辛いというより、恥ずかしく情けなく申し訳ない気持ちで、ほかの出演者の皆様に頭を下げたんじゃないかと想像しています。
だから・・・
  「1階で観てたけど気が付かなかったよ」
と、伝えてあげたいと思えます。  少しだけホッとしてくださいね・・・と。



あたしの感想が聞きたいと言ってくださる方があるので。
それがあまりに嬉しくて。
ここでいつも書いていたころ、いつも見てくれていた方々がいて。
懐かしくなるくらい、まとまった文章を書かなくなっていますが、今回は書いておこうと思いまして。
アップした後も推敲するかもしれませんが・・・  後からいろいろ考えるかもしれませんからね~(笑)



席は7日は1階16列真ん中よりやや下手。 二日目は2階で15列の真ん中よりやや上手。
2階だけしか取れなかったら怖かったな・・・と感じたのは、客席通路を使った演出が一切見えなかったこと。
充希ちゃんが歌いながら歩くのも、
亀ちゃんが去ってくのも、慌てて駆け込んでくるのも、酔ったお父さんと一緒に入ってくるのも、2階では全く見えなかったこと。
2階しか行けなかった方・・・ 寂しかったよね・・・



さて。パンフのおかげでなんとなく順に行きますか・・・
 

オープニング。奇妙なもの、人?の大勢に度肝を抜かれた人が多い?
なぜだろ?あたしは「そうきたか」って感じだった。
竜の「冬眠熊」で見ていた? なんか、どこかで見たことあるって思えて。ふーんって。
犬は完全にそのままだったしね。
「冬眠熊」は話全体も、奇妙奇天烈、面白いともなんとも浮かんでこなかったから、あれぐらいでは全然。
混沌と雑然と、汚く臭くて・・・ それが判ったから、それでいいんだと思ってる。

そこに賢治。なぜか賢治と弓子だけは汚く臭くないんだよね~
弓子もアパートに入る希望があるんだから、スラムに住んでるんでしょ?
なんできれいなんだろ? 不思議じゃなかった?
もちろん、最初のブルースで「もう嫌だ!こんな街なんか!」だから、賢治も汚いのかもしれないけどさ。
賢治は隠れるようにお父さんとスラムへ来たから、気持ちが悶々と欝々とよどんでたね。
亀ちゃんの歌声は、かすれ声でミュージカル向きに聞こえないし、叫ぶからなおさら苦しそうでつぶしそうですが、
「いやだーーー!!」と叫ぶ声は、あたりを一層汚く見せる。
公園?の連中とは一線を画したいという気持ちが伝わる。

だから、きれいな弓子に惹かれるよね。 なんできれいなのかは置いといて。
ほおっと雑草の中に光がともって、可憐な花が咲いてるように見えるよ。
話したことなくても「好き」になるのはわかる。  賢治がきれいに見えるのだから、弓子も同じなのかな?
船に刻んだ名前の夢。いいなあ~~
黄昏しか会えない設定も納得! (有給とれよ!とか、日曜は会えないの? なんて考えちゃいけません…笑)
充希ちゃんの歌声は聞きほれるね~♪
声量と伸びやかさに感動だよ。亀ちゃんとのデュエットの時は、ぐっと声量落として合わせてくれる。
でもさ~ 亀ちゃんってKAT-TUNではいつも主旋律じゃん? いっつも。  フェイクっていうの?あ~とかう~とか自由に入れるのはやるけどさ。
それがハモリパート歌うんだよね~  貴重だったよ、ほんと。
舞台に座って、二人の.間にあるかばんを賢治はさっと取って弓子と逆方向に置くんだけど、弓子の座った位置は微妙に距離があって。
それがすごく好き。
ちらっ、ちらっと交わる視線。 軽い照れたような微笑み。 それが二人とも。
いいなあ~~ いいよね~~  って頬が緩んだよ。

台詞が舞台風というか、時代っていうより、舞台風。 
「僕たちが下宿の天井とカフェの窓をぼんやり眺めているときにも、僕たちの名前は遠くの青い海できれいな空を見つめているのです」(早口で)
ってな感じ?
そうそう! ト書きがサイドに出るのも斬新くない?
そういうのもあって 芝居ですよ~ って感覚を常に与えられてた気がした。
テレビドラマとは違いますよ~ってね。

オカリナっていいよね。キャプテンハーロックの時から、オカリナは寂しく暖かく語るように響く。
朝鮮人との心の通い合いの演出、好きだったなあ。
賢治の顔がそれはそれは優しくて。
ミスなく吹いてたね、亀ちゃん。
7日はオカリナを口にしてる時向いてるほうにあたしが座ってたみたいなの。
優しい表情が見たくて、オカリナ吹く手元が見たくて、このシーンはず~っと双眼鏡だったんだ。あたし。
舞台上から見ると、双眼鏡使ってると目立つよね。
実はその頃から、最前列が気になってたのかもしれないけど、オカリナを吹くとき、まなざしが差し込んできたの!
ずっと前にライブで体感した、ずんと重くて金属の感触みたいなの、冷たいような・・・があるまなざし。
容赦なく貫いてくる。目から入って、心臓を突き刺す!
「あ・・・これ・・」声が出そうになるのをこらえた。 
双眼鏡持った手は動かせない。動かない。ただそのままじっと見てた。
2回、3回・・・ まなざしが差し込んでくる。
優しいシーンなのに、当日はそのほんわかしてなきゃいけない意味も知らないし、貫かれて感激したけど、
もう何か抱え始めていたのかな?  わからないけど。
もち、一人寂しくオカリナを・・・  の顔だったのかもしれないね。


実はあたしがいっちばん感動したのは・・・・  じゃじゃーん! マリーさん!!
何ですか?あの歌は! 
何ですか?あの腰つきは!
振り付けは辻本さんなんだね~  パンフ観たら、シルクのマイケル・ジャクソンに出てたんじゃん! あたしが唯一観たシルクだよ!
そんなすごい人の振り付けのダンスをやってのけててさ!
もう、歌を届ける力がすごすぎて! あんなに歌えたら気持ちいいんだろうなあ~
マルシアさんとの掛け合いは、日々激しくなっていったという話だけど、それって稽古しながらってことよね?
二人がすごすぎた・・・  あたしの魂がっさり持っていかれたんだわさ・・  実は。
マルシアさんってブラジルから来た時も、歌がうまいってことで・・・だった気がするけど,
デビュー曲は優しい感じの歌で、上品な話し方する人で。
あんなすごい歌を歌う人だなんて! 感服いたしました・・・

しかしなあ・・ スラムに娘一人残して、よく父親だけ帰るよね。   
それがマリーの心の風なのかもね。 満たされなさ。 うら寂しさ。
でも、可愛くはなれない、ならない。身体も欲しいんだろうし。
賢治の何が目に留まったのかな? 単にきれいな顔だった・・・でいいと思うけど。
賢治も清廉潔白でないとこがね、いいよね。 
あたしがさ~~生まれ変わって、どの役か出来るとしたら・・・  そりゃ弓子がいいけど、たぶん無理。
ならさー あの才能まで与えられるならさ、マリーがいい!
声が出ないのに叫んでる賢治を嘲笑うけど、マリーがいい。
亀ちゃんとはそういう位置でいいや。 真正面からじゃなくて、あのマリーの位置。
おっぱい触られたい!(笑)(笑)(笑)
亀ちゃんの体舐めるようになぞりたい(笑)    
・・・・・・・いやはや。失礼。
でも、マリーみたいに歌いたい。


そうして弓子一人で歌う舟の歌。 二人で語った夢を大切に、毎日のように幾度もかみしめているのでしょう。
幸せですね。 夢があるというのはね。
充希ちゃんが「アハハ!」って笑う声と、笑い方がとっても好きです。
早口で牛乳二本!と語る、毎日お風呂が我が家の家訓って。
時代ですね。 結婚をストレートに夢見る。
アパート入居の条件でなくたって、弓子の夢は結婚だったと思えます。 
そう思っていたいです。






一応、一幕書いたつもりです。
いやはや・・・ 長くなってきたから、ここでいったん休憩  切ります

そういえば、ドリボもこんな風に長く書いてましたね・・・昔(笑)








  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・







編集 |  18:46 |  1歩ずつ亀ちゃんに向かって  | CM(4) | Top↑
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。