FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2013年10月10日 (Thu)

聖がいなくなった・・・・・・・・・・

あまりの衝撃でした。夕べの事務所からのメール。
予想のつかない、あまりに突然のことでした。
いたずらメールだと、半分くらい読むまでは思っていた。
迷惑メールはフォルダーに振り分けられることも忘れてしまってた。

でも、事実でした。

聖くんがいなくなってしまったんですね・・・
もう、居ないんだ。

「どうして?」「どうして?」「どうして?」「どうして?」
頭の中で何度もぐるぐる廻る。
聖らしいといえば、聖らしいような出来事。振る舞い。
でも・・・
事務所の規律の範囲内に収まるものだと思っていた。
長瀬くんとも仲良くしていただき、東山さんと松岡くんとお仕事し、
弟もジュニアにいて、
仁くんが居なくなった頃、KAT-TUNへの愛を語っていた聖くん。

その彼が、事務所から契約解除されるほど通したかったことって・・・
そうするぞと言われても、そうなるぞと注意されても、変えなかった振る舞いって・・・
もしかして、もしかしたら、深い理由があるかもしれません。
でも、どんな理由があっても、幾度か注意されても、事務所の枠内に収まることは考えられなかったってことだよね。
出て行くことになっても、いいって思ったってことだよね。

若気の至りの飲酒やたばこ、どうしてだか今でも判らないけど盗み・・・
多分これらは、注意しても直らなかったってことじゃなく、見つかって即刻!の処罰だったんだろうって思える。
でも、聖くんのは少し違うと思える。
それに、もう27歳。
「事務所の規律内」で生きることが、聖くんらしく生きることではないと、彼が考えたってことなんだろうと感じます。





あたしは、あたしは。
事務所の規律の範囲内に収まって欲しかったと思う。まだ今はそう思う。

あの実際見たきれいな背中。優しい笑顔。ちょこんと触れた冷たかった指先・・・
あの時間が聖くんとの最後の時間だったんだ。

親思いで、家族多くて家族思いで、動物を愛して、京都の撮影所の方にも可愛がって頂き、
お友達のために行動し、24時間で出会った人のために行動し、
ライブでは、他のメンバーのおふざけを1人で受け止めて。

小田和正さんから褒められたきれいな声。JOKERの低い声。
コロコロ変わってた髪形。カッパや鬼。
藤ケ谷くんとの少クラでのお手紙。
亀ちゃんを「亀ちゃん」って呼ぶことあったり、上田くんと語ったこと嬉しそうにしていたり、
田口くんを横っ飛びで蹴ったり、だーー・・田中・・・

夕べのメールのあとから、いろんな聖くんが頭の中で浮かんでは消え、また違うシーンが浮かんでは消え・・・

でも、もう居ないんだ。





亀ちゃん、いつごろ知ったのだろう。
今は、今の彼は、今の4人は、いや、多分聖くんもだろうけど、こっちを心配してくれているような気がする。
亀ちゃんの毎週のGoing!・・・ あの中のどこかに、こうなるということを知った日にごく近い姿があるんだ。
どう聞こえて、どう感じて、どう未来を見ようとして、KAT-TUNはどうなるのか、どうするのか、考えていたはず。
聖くんに何を話したのだろう。何を聞かされたのだろう。

4人で東京ドームに立ったNEWS。増田くんが「泣くだろうから・・・」ともって出て来ていたタオルと、流していた涙をふと思い出した。
苦しいことがあったから、辛かったし、心細かったから、あのステージがお客さんが嬉しかったはず。
亀ちゃんは、今、その苦しい時にいる? 
それとも、もう前を向いている?
戸惑いと、不安のトンネルに居たはずであろう、もしかしたら憤りと戦っていたであろう彼を思う。
そうして、今そうなっているこっち側を思っていてくれていると、そう感じる。




揺るぎないと思っていた。まさか!の出来事。
樹はどう思ったんだろう。
事務所の処分に、聖はどう言ったのだろう。
聖は、抜けたくなっていたの?
うん・・・それが一番知りたい気がする。
仁くんは、もう開放してあげたいと思えていたし、残る5人にもその方がいいという風に、あたしには見えていた。
でも・・・・・・聖くんは、範囲内でギリギリで羽を広げるものだと思っていた。
まさかね・・・契約解除。
何かやってしまってからでは遅い・・・そんな臭いでもあったのか??
判りません、あたしが、ぐるぐる、ぐるぐる考えているだけなのだから。




また聞かれるよね。グループ名は?なんて。
仁くんの分は亀ちゃんが背負った。聖くんの分は田口くんが担うか・・・
そう。まだ何とかKAT-TUNで居られる。妙なものだね。




聖くんが大好きな人、その胸中を思う。
仁くん大好きさんが、ファンクラブに居ても何もメリットがないといいながら、ずっと辞めなくて、5人のCDも聞いてくれていた。
そう・・・KAT-TUNが大好きで聖くんが大好きな人が、一番戸惑うわけだね。
そうして、樹。




もう明日、亀ちゃんは一日中に近い生放送の様子。
笑顔でお仕事。 撮影も続いていく。
田口くんも、中丸くんも。竜ちゃんもやがて厳しい稽古が待ってる。
4人が揃わないよね。
歌番組は、亀ちゃんと玉置さんだろうし。
もう、それがいらないほど、機が熟しての昨日の発表だろうとは思うけど。

ライブに行くのが、早く行きたいような、怖いような。








あたしは変わらないよ、亀ちゃん。
今までとまた何も変わらなく、KAT-TUNと亀ちゃんを愛してく。
今あたしが手を差し伸べられるとしたら、それを伝えることだけだよね。
こんな辺鄙な場所でしか言えないけど、
 
   あたしは変わらないよ! ずっと大好きだよ、KAT-TUN!

安心して邁進してください。
いい作品にしてください。いい仕事をしてください。
亀ちゃんにだって、それしか出来ないはずだもん。



聖くんには、聞いてみたいことがいくつもあって、どう言葉を送ったらいいのか判らないのだけど、
KAT-TUNに居てくれた聖くんは、大好きでしたよ。
どうか、その時間を糧にこそすれ、決して、無駄だったと思うとか、KAT-TUNに泥を塗るようなこれからの人生でなく、
自分らしさの固辞で、自分らしく生きる為の仕方ないことだったと言える様な生き方をしていただきたいと、心から願っています。

また活躍する姿を、楽しみに待ちます。
ありがとう。KAT-TUNで居てくれた聖くん。












All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・












今の気持ちは、今しか書けないので、急いで書きました。
また気持ちが熟成したら、考えは変わるかもしれないですが、これがおおよその今のあたしです。







関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:36 |  KAT-TUN的日々  | CM(2) | Top↑

コメント

お久しぶりでございます
ごんままちゃんの記事が出るの、夕べから待っていました
あんまりなご無沙汰で本当に申し訳なく、ここに顔を出せないほど、無作法なアタシをお許し下さい
けど何かを語って欲しくて待ってた、どこを読んでも、違う気がして…

コウキの事が衝撃すぎて、今まで、どこからともなく聞こえてきた、少々のウワサや、不穏な動き、見えない姿を、コウキ自身が釈明してくれると、待ち続けて、待ち続けて、こんな形で、片が付きました

「ジャニーズの範囲内」は、アタシにもわかる
大人は、何かに所属するなら、範囲内を守る
そんな当たり前のこと、分からないはずがない
ごんままちゃんの書いてるように、コウキにはコウキの、譲れないこと、黙りたくないこと、飛び出したいこと、当然に我慢もしたこと、たくさん有ったの分かるし、そんなの反対する気も無かった
自由なとこが大好きだったから、範囲内ならギリギリでも良いよ、少しはみ出したら、注意されながらでも好きなようにやればいい、そのくらいで良いよと思って来た

けどアタシは、その範囲内を、KAT-TUNとハイフンのためなら、コウキ自身が我慢してくれると、信じてた
ここまでの範囲というラインを、アタシらのためには守ってくれると、ずっと信じてたんだ
何がどうなったか分からず、こんな急に前触れもなく、結果だけ知らされることが、ハイフンにはどんなに衝撃か…
コウキは充分に知ってたのに、どこにも、たった一言も、コウキ自身の言葉では、アタシらハイフンに対する言葉が全く無いんだ…
4人がどんだけ、アタシらを気遣う言葉をくれても、そんなん充分に分かるから、アタシはコウキの言葉で聞きたい
こんなん、納得できないんだぁ…
怒りとか、裏切られた感とか、そんなのが寂しいという感情よりも先に来て、気持ちが収まらななかったんだ
ごんままちゃんの記事を読んで、少しだけ落ち着いた
ありがとうございます
こうやって、アタシが未だに気持ちを書かせて頂く、この場があって救われました
えり♪ |  2013.10.10(木) 20:34 | URL |  【編集】
●えり♪さま
お名前見た時,似たような違う名前の人かと思ったの。まさか書いてくださるなんて、思いがけなかった・・・
まずは、とにかくコメントが嬉しかったという事を伝えたいです。ありがとうございます。
あたしがそちらへ初めてお伺いして、いきなりのコメントにそれは優しく対処してくださって、やがて様々な事を話すようになり、あたしが今ある・・・と行っても過言ではない、あの出会いの日を思い出していました。

こんな辺鄙でサボりっぱなしの場所なのに、緊急事態に何を語るのか?と、覗いてくださる。
それは、この場所を今でも保っていることの、最大の意味であるのだから・・・
嬉しいです。

あたしが語った内容で、少しはホッとされたんでしょうか?
えり♪ちゃんが、どんなに深くKAT-TUNを思ってきたか、少なからず理解しているだけに、あたしの言葉や考えなんかが、今回のことを受け止める支えになれるとは思えなくて・・・ごめんね。
でも、範囲内に留まって欲しかったのは、本音です。今もそう思う。

また、聖がこちらに向けてはっきりと説明なり謝罪なりがないのは、悔しい。ほんと。
でも、何となくだけど、そういうのをさせないのも、「範囲内」なのかな・・・とも感じました。
事務所は決してファンのためだけに動いてはいない。自己防衛に終始してる。そうして、「範囲内」で動ける4人のほうを使って、ことを鎮めようとしてる。
・・・そんな風にも感じました。
たくさんの若者を抱え、番組やメディアのあらゆる場面に人を送り込み、看板を掲げさせているのだから、少しでも看板に汚れがないようにとしか動けないのかな・・・と。

少しの時を経て、亀ちゃんのいろんな言葉を受けて、えり♪ちゃんは落ち着かれましたか?
新生4人ライブは大阪だけでしたね。行けそうですか?
怒りも寂しさも憤りも越えて、応援しなきゃならないよね。4人を。
家は娘が上田担だから、聖の応援も頑張らなきゃならないよ。
竜ちゃんがずっとずっと、聖のこと言うからね~
でも、それ受け止めてると、もう納得ずくなんだって感じました。
「田中」の欄が消えたマニュアルで、聖の名前を出した竜ちゃんは、それこそ範囲内ギリギリなんじゃないかって感じて・・・


顔が出せないなんて言わないでくださいね。
あたしのアンテナは、ちゃんとえり♪ちゃん向けのも健在ですよ。
これからも、引き続きよろしくお願いしますv-398
ごんままっち |  2013.10.16(水) 17:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索