--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.25(Wed):KAT-TUN的日々
ベストアーチスト、ついてたけど録画だから家事やってて、KAT-TUNが出てるな~って思いながら、流しのとこにいたの。
赤いコート、新しい衣装かな?いいなあ~って、遠く眺めたの。
そうしたら、なんか静かに話してて、
それも田口くんみたいで、
でも、10年目に向かい、抱負でも一人ずつ?くらいに考えてたけど、
次が亀ちゃんで。
悲壮な顔で。 画面前に飛んで行った!
でも、田口くんが話したことがわからなくて、ツイを探してるうちに歌が終わった。
あたしにその時残ってたのは、悲壮感。

調べていって、事が分かった。
ファンクラブもなかなか入れなかったから・・・ 
あまりの衝撃で、体か細かく細かく震えて止まらなくて。
事実だとはとても思えないまま、友や娘とのやり取りして・・・



春ころからの話だとの情報あり  でも、太一くんによると、やっぱりギリギリまで説得は続いていたんじゃないかな・・・
歌いながら涙が出るなんて、何にも消化ができてないからだって、そう思いながら夜中に娘と録画を見たから。
そうして
あたしたちと同じように、まさか4人が崩れるなんて、3人は思ってもみなかったんじゃないかな・・・


KAT-TUNの中にメンバーがいる・・・ そんな感覚は6人の時だけ。
1人減った時から、もう、自分そのものがKAT-TUNだって、
いや・・・4人になったら確実にそう思ってくれてたんじゃなかったのかな?
抜ける…とかない。 KAT-TUNは自分だって。 もう、「減ってもKAT-TUN」とかないんだって。
それでも「4人」という関所を、身ぐるみ剥がれても、傷だらけでも超えてきたんじゃなかったのかな?
竜の言葉には、それがあるよね。

残ってやってく大変さを、あまりにも知ってる人が、なぜいなくなる?
仲たがいなんて、どこのグループだってあるでしょう?
20周年のV6さんだってあったことじゃない?
まあ・・耐え切れずに抜けた例だって、あるにはあるけど。
30歳なら、10周年なら逆に、いろいろあってもKAT-TUNでいる・・・っていう方に自分を持っていくことはできなかったのか?

田口くんが何をやりたくて、KAT-TUNだと何がやれなくて行ってしまうのかわからない。
まだ若くて、決められた位置をどうしてもどうしても嫌だと顔に出しまくってた仁くん見送った。
こっそり、ルール犯して自分流をやり始めてしまってて、どうにもならなかった聖を見送った。
簡単にではないよ。
憤りも山ほど抱えた。
でも、事実を知った時って、亀ちゃんは次への準備が何とか出来てるって時のように感じていたから、
あたしは「ちゃんと変わらずあたしはいるから」と伝えるしか術がなかったから・・
だから
行ってしまった二人のことは、ちょびっとずつ見ながら来た。
「抜けた以上は大成してよ!」そう願った。
今年は二人とも勢いがあった。 仁には会ってきたし。
ちょっとホッとしてた。 抜けて落ちぶれるのなんて見たくない!  その願いが通じたような気がして。
4人でもKAT-TUNは素晴らしかったから。
レギュラー番組でのパフォーマンスができ、バラエティーの表情もあり。
でも、そういう気持ちで2回見送った自分を責める気持ちになってる。
「抜けてもやれる」
田口くんにはそう見えたのか?なんて考えてしまう・・・



昨夜のテレビでの生の声からも ファンクラブのメッセージでも、マスコミ宛でも
しっかり、どっしり、「3人でやっていきます」の気持ちは全く伝わってこない。
それで、太一くんの感想があり、あたしと一致した。
こうして脱退発表はしたけれど、
これから・・・・をまだ決めることができていないんじゃないかって。

そうするうちにWEBから「コンサート」の欄が消えた。
春まで4人と言いながら、春にコンサートはできないじゃない!
昨日からずっと考えてて。
曲はいつ出す?
早めに辞めさせて、曲出して、慌ててコンサート出来るの?
ずっと考えてて。
まだ道が見えていないんじゃないか? 彼は、彼らは混沌の中でもがいてるんではないか?
ずっと心配で仕方がない。

そうして・・・・・
選択肢の中に、事務所は「予定はない」とした  解散  もあるのではないかという暗雲に責められています




来年の春までは(4人の)KAT-TUNというのは続くというのは聞いていますので、全力で走りきってもらいたいなと思いますね

太一くんの言葉だけど、実際には(  )は発言していませんし。


櫻井君も昨夜 「これが4人での最後のベストアーチスト」などとは話してくれましたが、
聖がいなくなった時に比べて、「これからは3人でしっかり」みたいな発言を誰もしない。KAT-TUN含めて。




揺るがないと思っていたものが崩れ落ちる・・・・
あたしの今年はそればかり。
彼もきっとそうなんだろうと・・・

本当に春から時間をかけてきたのだろうか?
今のあたしには、そんなに時間が費やされてきたようには、見えない。
暗黒の濁流に揉まれているように感じる・・・彼。 あたし。 メンバー。 みんな。







でも。伝えたいことがある。
だからここで、筆を執ってる。
うん・・・  田口くんを止められなかったことは、悔しいよ 悔しすぎる
溝があった・・ 中丸くんも書いてるから事実よね?
溝になる前に何とかならなかった?
溝ができるって、片方だけが100%責任じゃないと思うの。
     歩み寄る   譲歩する   耳を傾けて、否定せずに聞く   いいと思うことだけは評価する(ほめる)
そんな行動がお互い出来たら、ここまで関所を超えてきた4人なら、深淵となる前に行き来ができたのじゃないかって思う。


でも、もういなくなるのは事実なんだよね・・・


大丈夫!!
あたしは、ずっといる。
ここにいるから!
おばちゃんハイフンなんて、何の足しにもならないけど、
でも、伝えとく!  今はそれしかできることが浮かばない。

泣いてるし、収まってないし、渦に揉まれてぐちゃぐちゃだけど
居場所は変えないで、ずっといるから!

孤独になんてさせない。
あたしは、ずっとここにいる。




乗り越えろ!  亀梨和也!
あなたなら、きっとできるはず
どうして?  なんでまた? なんでだよ?!
その答えさえ用意できないけど、 
あたしはあなたの足元の地面になる
立つのはあなたの力
その力を信じている

進め! 亀梨和也!
小さな足取りでいいよ
引きずった足でいい
また飛躍は必ずめぐってくるさ

あなたが踏みしめる土になるよ あたし
ずっと祈ってるよ あたし
ずっと見ているよ あたし


それだけは、どうしても伝えたい・・・・・









  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





関連記事
スポンサーサイト

Secret


ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。