FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2006年10月14日 (Sat)

旅立つ男へ

夜中に近い時間でした。携帯に6人からのメッセージが届きました。
一番短いのが、じんじん本人なのが、ちょっと納得いかず・・・でした。

亀ちゃん、電話で話したこと、納得できない部分ありながら、それでも気持ちをまとめたのであろう様子が伺えました。
じんじんがいない間、自分達も頑張って、負けないようにしたい。そういうメンバー達の気持ち・・・でも、ゆっちの言葉の中に、「この時期に留学なんてありえないと思った」というのがあり、やっとホッとしたのでした。
驚きや、戸惑いとともに、冗談じゃない!!ってのがあるはずだって思ってた。それが語られなきゃ、嘘ついてるように感じるもん。
だけど、ちゃんとそのニュアンスが、亀ちゃんやゆっちの言葉の中にあったから、ああ、ちゃんと話は出来たんだなあってホッとしたのです。
そして、上田くんの「淋しい・・・」には、感動したのです。
ああ、仲良くやってたんだ・・・それが一番感じられる一言でした。

居場所が感じられなくなったから、違う場所を探しに行くんじゃないんだって、そう思えて、すごく嬉しかったのです。



その後、有難いことに、本当に有難いことに、お友達から「ニュースゼロ」の情報。
旦那がいて、見られない・・・焦りと悲しみで死にそうでした(私事でごめんなさい)
でも、天に祈り通じてか、ちょうど放送開始10分前にトイレに立ってくれて、その隙に予約して、今朝見ることが出来ました。

妙に明るく振舞っていたのか・・・発表できてスッキリしたのか、想像と違って晴れやかな顔でしたね。
詳しいこと語らないのは、ヤラカシの経験などもあり、語れないって所だったのでは・・・
だけど、じんじんが自分でカメラの前で、今やりたいことを語ったことは事実なのだから、信じることしかできないです。

意外にも(私には本当に意外でした)ゆっちと田口くんが・・・来ていて。
それが、とにかくものすごく嬉しかった!!
ちゃんと説明責任を抱えたような二人の面持ち。
じんじんは、それが照れくさいか、こそばゆい気がしたのでしょう。ふざけて、いつもの6人でいる時のような雰囲気にもって行こうとしていました。(あれを、ふざけてると取ったヒトも居たのでしょうね・・・)




そして、今朝はもうひとつ、Pちゃんの日記にもかじりついたのです。
でも初めてでした!更新されていなくて・・・とっても心配でした。
締め切りすぎていた時間なのは、私は始めて見ました。

何だか、Pちゃんの言葉のなかには、私が思っていたのと同じことが入っていて、これでまた、ホッとしました。
同じこと・・・それは、大学のことです。

じんじんの年齢は、たいていの人が、勉強の時代を終えて、何かしらの野望を持って社会へ出るときです。
じんじんは、その時期までに「学ぶ」ことをやっていない状況に焦りを覚えたんじゃないのかって、今回のことが出てからずっと考えていました。
違う世界を持っている、Pちゃん初め慶ちゃんや、翔くんや、ジュニア、ジャニのたくさんの子達。
Pちゃんの中では、初めてその世界へ出て行った時の苦労が書かれていて、心にずーんときたのですが、そういうのも経験できずに、年齢を重ねれば、チャンスを失うって考えるとすごく焦ると思うんです。

今しか出来ないこと・・・・・これは私が大学時代に先輩からいつも考えて動け!と教えられたこと。
それを、じんじんは考えたんじゃないのかなあって、ずっと思ってた。
やりたいことがある。今しか出来ない気がする。だから・・・行動した。


何だか・・・まもなく姿が見えなくなるじんじんのことばかり、今日も考えていて、残る5人のことが、あまり考えられていません・・・正直。
だけど、それぞれの決意は語られ、じんじんに負けずに成長すること、じんじんの居場所は空けて待っていることが何だか感じられて、感動しています。


はっきり「戻ってきます!」と言わずに旅立とうとしているじんじん。
オバサンな私だから、敢えて言います。


   思い切り自由に息をしたら、思うとおりに進んでごらん
   涙が出るほどへこんで、必死で這い上がって、また墜ちて・・・
   そんなところで頑張ってみて!!
   きっと、あなたならできる!!  経験を身につけて、もっともっと大きい男になれるはず
   そして、そんな時KAT-TUNを懐かしく、暖かく思い出すんじゃないのかな
          「歌いたい」「踊りたい」「奴らとやりたい」
   そう思えたら、帰って来て!!  帰ってくる場所は、5人がちゃんと守ってくれてると思う
   そんなあなたが帰ってくるのを、たくさんの、すごくたくさんの人が、そして私も待っています
   でも・・・・・例え、そんな成長したあなたの道が、違うほうへのものだとしても
   その道を、胸を張って堂々と進むあなたであることを、信じています。信じ続けます
   そうじゃなきゃ、そんなあなたにならないのなら・・・・・許さないからねっ!
   さあ! 旅立ちだね   淋しいよ、涙が流れて仕方ないよ
   頑張れ!!  赤西 仁!!  大きな男になって帰って来るんだぞ!





       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・


以下は・・・何だか、呟き・・・気にせずにいてください

【More】



       呟きです・・・・気にしないでください
今日になって、涙が流れて・・・・・淋しいです。
彼の誕生日に「22歳の別れ」を送った自分を責めたり、後悔したり。
でも、でも・・・・・カメラの前に立ち、メールにメッセージを書いたじんじんに対して、何とかして‘凛‘として送り出したい。
その代わり、無我夢中でやりたい事あるならやってきて欲しい。
彼にも‘凛‘としていて欲しいから・・・

残ったメンバーの負担や、気持ち考えると、それしか・・・
不思議です。何だか毎日が精一杯の亀ちゃん見てると、ゆっちお願いね・・・上田くんお願いね・・・そんな言葉が浮かんできてしまいます。
二人が立派にまとめ役してくれそうな気がして、頼ってる心・・・


関連記事
スポンサーサイト



編集 |  16:38 |  KAT-TUN的日々  | TB(0) | CM(12) | Top↑

コメント

私なりに心の中の整理をし、自分のブログを更新して、
ここにきて、また涙が出ました・・・
どうやら、まだ時間がかかりそうです。
でも私は、頑張ってる彼らを、元気に応援したいのです。
なので、泣くのはこれで最後にします。
ごんままっちさんの言葉は、いつも私の心の奥へと、
しみわたります・・・
コメントになってなくて、すみません。
kizuna☆ |  2006.10.14(土) 17:29 | URL |  【編集】
ごんままさん、すごい、すごいね…
私は、そんな大きな気持ちになれなくて。
Webの短いコメントに気が抜けた…(-_-)
長きゃ良いってわけじゃないけど。しかも私は会見見逃したから(今朝のめざましで、すっごく短いのは見た)何とも言えない、言う立場ではないかもしれないけど、私はわからない、理解できないデス。
多くの仁坦のみな様は、あの言葉(私が目にした限りの)でエールを送り笑顔で見送り待ち続ける事ができるのでしょうか?

ズームに生出演した亀くんを見て、とても元気そうな姿に亀くんの心労はどんなだろう?と思ってしまった。元気そうにしてるから余計、胸が痛かった。
友達から“亀ちゃん痩せた?倒れるんじゃないかと思った、気力だけで乗り切ってるように見える”ってメール。
一般人(一応?じゅんのファン)でも感じるんだぁって。


仁なりに考えて下した決断だと思う。わがままだけど。
そんなすごいわがままを許した事務所、受け入れ背中を押したメンバー、信じて帰りを待つたくさんの仁坦さん、数えきれない人たちの気持ちを深く受け止めて「やりたい事」を極めて欲しい。
敢えて今、行くんだから。
理解できない私は、まだまだ子供だな…。
ともぶ~ |  2006.10.14(土) 19:26 | URL |  【編集】
●kizuna☆さま
そんなことないです。ちゃんと私の文章を受け止めてくださってありがとうございます。kizunaさんの決意、すごいと思います。
ここまで来たじんじんも、残る5人も、とにかくがむしゃらに前に進むしか道はないから・・・応援してくれる人は多いほうがいいと思うんです。
まだ、私もどうなるか解りません。だけど、彼らを信じたい、信じてあげることくらいしか、彼らの力になる方法が見つからないし・・・
お互い、歯を食いしばってでも、応援し続けましょう!
ごんままっち |  2006.10.14(土) 19:53 | URL |  【編集】
●ともぶ~さま
コメくれる元気があってよかった!安心しました。
その気持ちも当然でしょう。それでいいんだと思います。
ただ、私は、じんじんが何らかの形でこういった行動すること、予見していたようなところがあるんです。
このままここにじんじんを縛っても、元気に笑顔で仕事していけないと思ったの。最近の彼を見ていて、気になって仕方がなかったから・・・。
それに、書いてるけど、会見に二人が出てくれていた・・・。これがすごく大きいのです。メンバーさえ理解したなら(納得までいかなくとも)、私はそれを支持したい。
亀ちゃんがメールに書いていた通り、応援は絶対必要。だからいち早く応援団になろうって思うんです。
だから、じんじんにはしっかりいって来い!って手紙に書きました。
まだ5人の姿見たら、どうなるか解らないけど、今はそんな風に思っています。
ごんままっち |  2006.10.14(土) 20:02 | URL |  【編集】
先日はどうもありがとうございました。
昨日 ごんままちゃん 私とおんなじ!!って思いながら読みました。私も 仁くん 最近じゃないかって思ったの24時間あたりで 思うことがあったんじゃないかって。それまで思っていた思いを実行したくなるようななにか....

そして今日私もメソメソしてました。まあ 娘がらみですけど...
でも うちに帰ってきたら 娘はいつもの娘でした。
だから 私も いつもの私に戻ります!!

淋しさは これから じわじわとくるんだろうなあ....
レオミー |  2006.10.14(土) 23:51 | URL |  【編集】
ごんままっちちゃん、おはよ~~
仁君の事はビックリでした!!
私的には思う事は一杯あるけど、KAT-TUN6人が大好きなので、待って見ようと思います。
いつ聞いてもごんままっちちゃんの言葉は、その人の事を一生懸命考えてあげている優しい言葉だね。その言葉を借りて、私自身も優しさや、パワーをちゃっかり貰っちゃってる(笑)
今か今かと待っていたドラマも始まったし、きっと、あっと言う間に6人揃う時が来るよね、きっと・・・・・・・・・
友菜 |  2006.10.15(日) 09:11 | URL |  【編集】
●レオミーさま
そうだろうね、何かにつけて思い出しては悲しくなったり、淋しくなったりしながらKAT-TUNを見ていくんだろうね。
でもそれは、忘れないこと。思ってること。待ってることの証だよね。
今頃、どの人もドラマの主題歌聞いて、更に複雑な気持ちになってると思う。
ちょっと怖い現実・・・5人での歌声・・・。
だけど、みんな前向いているから。私達もそうね・・・前へ・・・
ごんままっち |  2006.10.15(日) 11:39 | URL |  【編集】
●友菜さま
あ~~よかった!友菜さん、てっきり心が回復不能なんじゃないかと思って、さすがに今からメールしようとしてたとこでした。
友菜さんの「思う事」かなり消化した現時点でしょうが、とにかく元気な様子で安心しました。
私はここ何日か、とにかく発信し続けてきました。元々彼らへ届け!って気持ちもたくさん含んだブログのスタートだったから・・・
書くことで、自分の中も整理しながら。
優しい言葉って書いてくれて、嬉しいです。‘凛‘とした強い優しさを持つのは、力が要りますね。
パワー供給はお互い様だよ~5と1になっちゃうけど、6人をこれからも応援していきたいです
ごんままっち |  2006.10.15(日) 11:47 | URL |  【編集】
今日になってもまだ仁の記者会見やっていましたね。
みんな辛い週末でしたね、カツンもファンも。
無理矢理納得させようとする自分もいます。
そう思うしか前を向けないし、仁は大きすぎる存在で仁のいないカツンはまだ想像できないし。
少し大人になって帰ってきて欲しい。
ちゃんと胸はってみんなのところに。
きっとこれからの方が辛いのかな??
ミント |  2006.10.16(月) 13:19 | URL |  【編集】
初めまして、レンと言います。
失礼ながら、アクセス解析のリンク元にこちらがあったので飛んできました。
私の名前で気分を害するようなコメントがされていますね。
ホスト元が違うので、確認お願いします。
相互リンクをさせていただいている方のお友達が、同じように名前とURLを使われて様々なブログに中傷のようなコメントを残されてしまいました。
ここにはそのことについて友達のeighterさんと語った言葉がそのまま掲載されています(乱暴な言葉ですみません)。
おそらく同一人物です。
現在様々なブログに私の名前で全く同じコメントをたくさん残されているようで……。
できれば削除お願いします。
本当に申し訳ありませんでした。
レン |  2006.10.16(月) 15:34 | URL |  【編集】
●ミントさま
そうかも・・・私は最初にどかん!と来なかったから。じわじわ波が押し寄せるように、空虚感がやってきてる感じです。
旅立つじんじんを、責めたり止めたりする気はないけど、淋しいのはどうしても迫って来ますね。
心の中に開いた穴に、吹く風は冷たいね。
ごんままっち |  2006.10.16(月) 20:17 | URL |  【編集】
●レンさま
ご丁寧にありがとうございました。対処が大変ですね。
いいですよ、気にしてませんから・・・。消しておきましたからね~
ごんままっち |  2006.10.16(月) 20:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索