FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2006年11月13日 (Mon)

海底に沈む宝石

ナレーションしている弘人は、今どこで何をしているのでしょう。
      幸せ?不幸せ?   楽しい?嬉しい?悲しい?寂しい?
      ひとりなの?   側に誰かがいてくれてる?
あれほど楽しい、心の中でずっとずっと輝き続けてくれるような思い出を、‘タイタニックの海底に沈む宝石‘なんて。
覗き込めば、その輝きはわかるのに、いいえ、見えなくても輝いていることは絶対なのに、手を伸ばしても決して決して届かない深い海底に沈んでいるというの?

大好きな大切な仲間の中の二人。  なんてステキな二人でしょう。
私はそういう二人というものに、今更でも、みっともなくてもやっぱり憧れ続けていくような気がします。
二人が二人でいても、孤立してちゃあ・・・
仲間の中に二人がいても、二人の‘時(時間や、感覚)‘がなくちゃ・・・
そして弘人もそういう二人でいることに、大きな幸せを感じていましたね。
今回は、こうして気持ち同調していたので、例のシーンは自然な流れとして、素直に見ていることが出来ました。

『お父さんが、一度会いたいって・・・』  言い出すのにはとっても勇気が要りますね。
伝えた時、彼の中に、戸惑いや、困ったって気持ちや、そんなつもりじゃないのに・・・そんな言葉が生まれたらどうしようって、不安でいっぱい!
だけど弘人の態度や言葉や表情は完璧でした!完璧理想でした!
とっさにそうして頑張ってしまえちゃう弘人に、参ってしまいます~
この人なら大丈夫、頼っていける、信じていける・・・そう思えます。

なのに、大切な日なのに。
したくないケンカしなくちゃならない。 奈緒を危険な目にあわせてしまう。
『帰れ!』と言われて言い返す術がない・・・
それを今度救うのは、奈緒の気持ちでした。強い気持ち。ゆるぎない心。愛ですね。



途中ですが、甲くんのことを。
会いたくて、行っちゃたのネ。仕事帰りに、トラックで、仕事着のままで、大学の前まで・・・。
亜裕太くんの言うとおり。私もきっと裕子ちゃんと同じことするかも。
外側だけ気にする見栄っ張りな気持ち。
ここじゃないところで待っててくれていたら、素直にいっぱいの微笑で喜べるのに・・・
自分勝手で、甲くんを傷つけるのは解っているのに。
好きなの。大好きなの。でも、でも・・・
甲くんの傷ついた心も、もちろん解る。  もう電話も話しかけることもきっと出来ないね。
だけど、裕子ちゃんのとった態度もわかるから、環境が違う二人が気持ちのままに二人一緒にいることに、慣れるっていうか、お互い歩み寄るっていうか、時間を少し掛けられる状況になることを、願わずにはいられないです。
恋の初めのこんな気持ち、こんなすれ違い、思い出したりします。(しませんか?)
裕子ちゃんの気持ちそのもの、思い切り感じたことありますから~
私の場合は、やがて友達にも自慢できるようになってましたから、きっと大丈夫だよ!
元気出せ!甲くん!   裕子ちゃん、素直に謝って、あとは自分を責めすぎないでね。



さて、交差点をはさんだ二人。  奈緒の叫ぶ声。
ナレーションの弘人が言いました。 
    
     奈緒、あの時僕は、一生君を愛していけるような気がしたんだ

変ですか?ここで涙が溢れてしまったのです。
それは、あの一番辛かった報道の時に、系統の似た心の痛みでした。
バカですね・・・入り込みすぎですよね・・・
気持ちじゃない、心じゃない、魂が。
魂が切々と、彼(これはどうなんだろう、弘人?いいややっぱり亀ちゃんなんでしょうか?)に向かいたがる。
その向かう先を、完全に遮断されてしまったと感じる・・・痛み。
混沌もはなはだしいですね。
最近またひどくなってます。「ひと恋」があってるからとかは、あまり関係ない気がします。何度も見たりしないし。逆に見たくないとかも思わないし。
ウタワラだって、まだ見てないですし。彼の姿を見たからとか、見れないからとかそういうのじゃない気がします。
魂の一人歩き、彷徨。 彼(前述)へ向かおう向かおうとする。
彼のぬくもりが感じられるのなら、そこで息絶えてもいいとさえ思うこともあります。

 
ナレーションしている弘人は、今どこにいるのでしょう。
なぜ奈緒に、思い出のように話しかけるのでしょう。
弘人、今のあなたは、幸せですか?




       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・
関連記事
スポンサーサイト



編集 |  16:17 |  亀ちゃん的日々  | TB(0) | CM(16) | Top↑

コメント

●NoTitle
君の気持ちが切なくて
そっちに胸が痛いよ
そこで涙があふれたこと
わたしには痛いほどわかります(涙)
魂が切々と彼に向かいたがる
きっとそうなんだろうね~
でもそこへ辿り着けるはずもなく
どこへ向かうのかわからなくて

物語はどうなって行くんでしょうね

なんかまともなコメントできなくてごめん
ただとても共感できるってことです
ふるるん |  2006.11.13(月) 19:25 | URL |  【編集】
●NoTitle
私が学生の頃によく聞いていた曲にこんな曲があります。

ジュリアンあなたの笑顔は 日ごとにそっと
にじんでいくのに 会いたさはただ募るばかりで
ジュリアンせめて夢の中 姿を見せて
あなたのことだけで 心はあふれてしまいそう
何もできないままで 時間だけが過ぎていく
あの夜にあなたと めぐり会えたこと それだけでも嬉しいけれど
会いたくて 会いたくて 会いたくて 今夜も
恋しくて 恋しくて 恋しくて 痛いほど
はりさけてゆく心 知らずにあなたは 今どこで眠るの・・・

ごんままっちさんの記事を読んでいて、この曲を思い出しました。
そして、今の私の心も、こんな感じです。
ドラマに触れず、ごめんなさい。そして、まったく的外れなら、笑ってください(笑)
なんか、かなり恥ずかしいコメントです・・・(〃∇〃)
絆 |  2006.11.13(月) 19:34 | URL |  【編集】
●NoTitle
私からしたら、それこそ亀ちゃんが海底に沈む宝石そのものです。キラキラと輝いて美しくて。
だけど絶対手に取ることは出来ないのよね。
ますます現実離れしていく自分の心を毎日持て余して、それでも幸せ。
こんなに好きな人に出会えたことが今の私にはかけがえが無いことのように思えます。
和ちゃんの声に、最後で又持って行かれちゃいます。
本当に好きになり過ぎです。
弘人の恋が亀ちゃんにダブるから私はひと恋殆どリピしてません。
ミント |  2006.11.13(月) 20:30 | URL |  【編集】
ご無沙汰しちゃってました~ごんままちゃーん!
学校のお祭りお疲れさまでした。盛況だったようね!お嬢ちゃんのフィーバーとフューチャーも感動的だったみたいで。私も見たかったな。赤ちゃんの時から知ってる親戚の子のお遊戯見てもウルっとするのに自分の娘だったら号泣だよぉ。

ゴチ見られた?うん、あの言葉はちょっと切なかった20歳の男の子なんか、これでもかっ!?ってぐらい食べられると思うのに。
でも量より質で栄養摂ってて欲しいなぁ。
“がめ”見たいよね(^ .^)y-~~~


弘人…今日も3人で船の上で飲んでると良いけど。

あの『過去形』の弘人が切ないの、もっと切なくなるの?って思うと呼吸困難になるのよ。
救いは菜緒が強い気持ちを持ってることだな。

ズムサタったの恋愛相談、ある期待を抱いていたんだけど‥今週に期待かな?
ともぶ~ |  2006.11.13(月) 22:02 | URL |  【編集】
●こんばんは
過去形のナレーション・・・
考えたくないけど、HAPPYエンドから遠ざかってしまう。
そして、亀梨和也もどんどんどんどん遠い人になっていってる気がするよ。
でも、プロ意識は高まっても、変わらないkameちゃんの姿もまだある。
カッコつけずに素直な感情むき出してるkameちゃんがいる。
そんな姿にホッさせられる。
kameちゃんに会いたいね・・・。
ruruho |  2006.11.13(月) 23:15 | URL |  【編集】
●NoTitle
ごんままっちちゃん、おはよ~~
自分の波に亀ちゃんが被ってきちゃうから、余計苦しくなる時もあるよね。
私は最近ちょっと落ち着いてきて、ドラマの弘人に胸キュンで楽しむ事が出来ました。
ごんままちゃんの亀ちゃん大好きな気持ちが、体の中?頭の中?渦巻いているんだね。もうっ!ヤダっ!ぬくもりの中で息絶えてもいいなんて、なんて素直な表現、自分に置き換えて妄想してしまいました。不謹慎でごめんね。
裕子ちゃんの気持ちって若い時ってきっと誰でも持っていたよね?些細な事で相手を傷付けていた事。
でも、ごんままっちちゃんの言ってる様に気持ちに自信が持てる様になり、付き合っていける事願っています。
最近弘人の声が上(天)からの様に聞こえるんだけど、それは勝手な私のシナリオ?最後が簡単に見える様で見えない!
ごんままっちちゃん、忙しさは一段落したの?
ちょっとは気を抜いて、ぼ~として、今の亀ちゃんじゃなく、ちょっと前の海賊帆でも見たら~~なんて、ちょっと大きなお世話だよね(笑)
ごんままっちちゃん、気持ちすっごく解るよ!!
友菜 |  2006.11.14(火) 08:25 | URL |  【編集】
●NoTitle
お父さんに...のくだりで 弘人がちゃんとうんて言ったとき 思わず娘に こういう人と付き合いなさいといいました!!
逃げ腰にならず 誠実に受け止めてくれたでしょ。
あれって うれしいですよね。
あと 裕子ちゃんも気持ちもよくわかります。私も きっと同じ風にしてしまうと思うから。
でも 甲は かわいそうだったよね。

今日のようなごんままちゃんの時には 何と書いていいかわからないの。
ただ私には無い熱いその想いは ちゃんと私にも伝わってきますよ。

レオミー |  2006.11.14(火) 13:34 | URL |  【編集】
●NoTitle
このエントリー書かれてから何度かこちらに来させてもらってます。
でもごんままっちさんの思いを読んで言葉にならなくて、今まで書けずにいました。
海底の底に沈んでいるのは弘人のような気がして、
そしてごんままっちさんもそんな弘人に向かっているような気がして・・・。
言葉が見つからなかったのです。
私も最後のナレーションを聞いた瞬間に涙がドーっと溢れだしました。
それまでそんな思いで見てなかったのに・・。
自分でもビックリしました。
何故なんだろう。
きっとあまりにも切ない弘人の思いが胸にきたからなんだろうとう思います。
でも私はそれ以上はその追求をするのをやめてしまったんです・・・。

今も本当に言葉が見つからなくて自分がはがゆいのですが、
ごんままっちさんがまた思いを綴ってくださるのを待っています・・・。
樹梨 |  2006.11.17(金) 10:44 | URL |  【編集】
●ふるるんさま
ふるるんさんには、どんぴしゃ!伝わってしまうね。
いつもずっとそうだけど、こんな理解者はないよ。
まともじゃないなんて、とんでもない!共感してくれてれば、何とか生きていけるから。
側に、出来たら、いてください。これからも・・・(勝手だね。ごめんよ)
ごんままっち |  2006.11.17(金) 16:48 | URL |  【編集】
●絆さま
的外れなんかじゃないです。メロディー知らないこの歌詞を、何度も何度も読みました。
絆さんも同じなんですね。寂しくはないですか?大丈夫ですか?ひどくなっていませんか?
絆さんの、寄り添うようなコメント、いつもとってもありがたいです。無作法ばっかで、本当にごめんなさい。
ごんままっち |  2006.11.17(金) 16:53 | URL |  【編集】
●ミントさま
ミントさんが‘幸せ‘って書いてくれてると、何だかホッとします。好きになり過ぎ・・・・そうですね。かけがえのないこと。
もう明日ですね。
1回見れば十分のひと恋・・・また幸せになれますように・・・
ごんままっち |  2006.11.17(金) 17:03 | URL |  【編集】
●ともぶ~さま
前からの記事もたくさん読んでくれてありがとう。
「過去形」のことはザッシの対談でも話してたね。
誰もが気になるところでしょう。
そうかあ・・・ズムサタったも、明日だ!‘期待‘って言葉がやけに新鮮に懐かしく聞こえる今週ですが、忘れないように予約しよう・・・
ごんままっち |  2006.11.17(金) 17:06 | URL |  【編集】
●ruruhoさま
亀梨和也が遠ざかる・・・そうですね。
こっちの気持ち次第で、ものすごく遠すぎる時がありますね。
あと、どんどん成功して行く彼を見る時とか・・・いったい何様だって、自分にはだめだしするんですけどね。
会いたい・・・みんなコンサートに行くことをそう言うのですか?
私は行ったことがないから、その感激はわからないでしょうけど、ruruhoさんの呟きは、そうでなく、私が願うものと同じ?ですか?
ごんままっち |  2006.11.17(金) 17:11 | URL |  【編集】
●友菜さま
何気にスクープありがとう。娘と一緒に裏山Pながら、二人で現場再現画書いて、楽しんじゃいました。
この記事には、ちょっと見た人ショックかなって考えて書かなかったけど、私も天の声に聞こえてきてた。
でも、ザッシで亀ちゃんも『俺、死ぬのかな?』って発言してたから、解禁だわ~
大きなお世話も、とてもありがたく、また、解るよ~の言葉もそう・・・ありがとです。
ごんままっち |  2006.11.17(金) 17:17 | URL |  【編集】
●レオミーさま
見ている人が共感できる話にしてくれるのは、とても嬉しいことですね。実際のニンゲンってそんなに賢くなく、強くなく、うまく行かないことばっかでも。ドラマの中に理想や、よくあることがちりばめられてると、なんか現実味があったりする~

ごめんね。変人だから気にしないでね。
今日のも、まだちょっと変かも。スルーしてくれていいからね・・・ありがとう。
伝わってきます・・・優しい言葉です。ありがたい言葉です。
ごんままっち |  2006.11.17(金) 17:23 | URL |  【編集】
●樹梨さま
考えあぐねた末に、コメント。なんてなんて、嬉しいことでしょう。ありがとうです。
樹梨さんは大丈夫なんですか?心細さに震えていませんか?
今日も書こうかどうしようか、コメレスだけでも書こうか・・・考えて開いた時、樹梨さんの最後の行から目が離れなくなりました。
今の自分を、全部じゃなくても書いてみる気になったんです。
まだまだ変ですから・・・迷いつつ。下書きにしてあります。
ここでコメレス書いて、また読んで、最後の行に後押しされて、公開をパチコーンとしに行こうと考えています。
ありがとうございます。
ごんままっち |  2006.11.17(金) 17:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索