FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2007年07月16日 (Mon)

小説風幻想「ちっぽけな偶然」#6

少クラのプレミアム、Kinki KIds。
過去映像もあるって思って、楽しみに見ました。
亀ちゃん映ってた??  一瞬見えた様な気がしたけど、気のせい? どうかな?

アルバムのポスターを随分前にCDショップで見つけたとき、「愛のかたまり」が曲目の1番にあって、思わず店先で「一番で入ってる!!」と叫んでしまったんでしたけど。
ご本家様は、テレビ初披露だったとはね。
堂本兄弟で、ライブ映像はちらりとあったのよね~ ベストヒットたかみ~で、‘男が歌う女言葉の歌‘特集のときね。

ご本家様のを聞いたら、無性に仁と亮ちゃんのが聞きたくて、すぐさまDVD入れて、リピートしまくりでした。

個人的に、Falbumより、少クラプレミアムより、仁亮のときのイントロのアレンジが一番好き!
じんじんの潤んだような瞳がたまらないよね。
何回聞いても、涙が流れる・・・・・

こんな曲を生み出せるKInkiの二人を、心からリスペクトしています。
仲悪そうで、良さそうで、やっぱり悪そうだけど、距離を置き、ルールを作り、リスペクト出来るところにきちっと視線を置いて、相手を否定しない・・・・・素晴らしい二人だと、だから、こんな作品も生まれるのだと、感動していました。

これから一緒の作品作りもどんどんやりたいって。
私、チャゲアス好きで、何度もライブにも行ってきたから、なんだかリンクする感覚を覚えていました。
今後の活躍に期待しています!




本日、また大きな地震がありましたね。
弟が長野県松本にいるので、驚いてメールしたら大丈夫でした。
被害にあわれた皆様に、心からの励ましと、お見舞いを申し上げます。




では、#6になりました。カメさんからのお誘いをサヤはどう受け止めていくでしょうか・・・






       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





【More】

          「ちっぽけな偶然」 #6

え?・・・・・・・会うって。そんな。・・・・・・・どうしよう。なんて返事したらいいんだろう。
カメさん?亀ちゃん?・・・どっちにしたって会ってはみたい。チケットのお礼がきちんと言いたかった。
でも・・・亀ちゃんだったら・・・会うなんて・・・想像もできない。
会ったとたん、幻滅されてしまう・・・きっと。 私には亀ちゃんに会う自信なんてこれっぽっちもない。
途方にくれるような答え探しに思えて、迷って、迷って、迷っていた。
すると、まるでそんな気持ちを見透かすように3日後、メールが来た。

[突然会おうなんて書いたから、びっくりしたり、迷ったりしてる?ごめん。
1日目の二部が終わって、9時半くらいまで待っててくれるかなあ。そうしたら人もほとんどいなくなると思うから。会場入り口の裏側、ちょうど正反対のとこに、スタッフの出入り口があるんだ。警備員さんが立ってるから、解ると思う。その警備員さんが見える範囲にいてくれないかな?
夜も遅くて、人も減って、なんかあるといけないから、警備員さんが見えるとこにいてよ。
俺、出てきてサヤさん探すから。
来てくれなくても大丈夫だよ。だけど、俺は会いたいって思ってるよ。]

結局、コンサート当日まで返事ができなかったこのメールは、何回も何回も読んだ。すっかり覚えてしまうくらい。
前のメールにはなかった・・・・・『俺は会いたい』・・・・・気持ちが書いてあるメールだったから。



時はあっという間に過ぎ、とうとう当日となり、固まりかけのゼリーの様に、ぐにゅぐにゅした心が行ったり来たりする中で、コンサートとは別のドキドキを、もてあますくらいに抱え、なんとか、PCにしかなかった「カメさん」のアドレスを自分の携帯のアドレス帳にも入れることだけはして、震えるような足取りで一人コンサート会場へと向かった。


初めてのKAT-TUNのコンサート。席に座ってみると、バクステ前右端の角だった。
3~4メートルくらいの距離で、出演者が何度も前を通りそうだった。
始まる直前まで、「カメさん」と亀ちゃんはごちゃ混ぜで、そして終わってから会おうといわれたことも、頭の中を支配していたけど、会場内が暗くなり、1曲目のイントロが流れ出すと、すべて吹き飛んで、亀ちゃんのことしか、そして、KAT-TUNのコンサートに来たことしか考えていなかった。
目の前で、涼介くんが踊っていた。中丸くんが、角で止まってしゃがみこむようにして、小さい子に手を振っていた。私とも少し目があった気がした。仁くんは通り過ぎながら、こちらを見渡し、また、高いスタンドに向かって手を振っていた。
「カメさん」が亀ちゃんなら、私の席がここなのが解っているのじゃないか?
そんなことが頭を掠めたけれど、目の前を何度か通り過ぎる亀ちゃんは、こちらを向くこともなく、手を振るのは高いスタンドばかりで、かえって私は少しホッとしていた。
隣で、亀ちゃんの手作りうちわを持ち、「か~め~!」と声をかけていた学生さんらしき子達は、彼が通り過ぎる度にがっかりした様子だった。
だれもが、大好きなメンバーの姿を、すがりつくように追いかけていて、一人で来ているのも目立ってなく、それにもホッとしていた。

MC、後半となり、亀ちゃんのソロは、かなり距離があって全体像で見ていた。
踊る姿は、テレビで感じていたように、その周りの空気に、色と香りをまとい、彼の動いた後には、7色の光の筋が残っていくかのようだった。
純粋に感動で涙がこぼれた・・・こんな瞬間は、自分で自分がちょっと誇らしくて好き。
そして、ライブは最初からずっとフルスロットルのような盛り上がりで、そのままラストを迎え、アンコールに応えてくれた。
トロッコが出てくる。左の方からやってくるのは、亀ちゃんと聖くんが乗ったトロッコ!
中央で、右から来た仁くんとじゅんのが乗ったトロッコとすれ違い、こっちへやってくる。
私のすぐ横、角のところで止まった!! あまりにも目の前!!
聖くんがこっちの方へ手を振ってくれた! 亀ちゃんファンの隣の子達も大喜び!
と!亀ちゃんが振り向いた!! 笑顔で歌っている姿が見える。高いスタンドに手を振っている。
と思っていたら、つぎの瞬間、こちらを向いてくれて目が合った。 いや、そんな気がしただけかも知れないけど。
だって、隣の手作りうちわの子達が「きゃ~~~!」って歓声を上げたから。
そして、亀ちゃんが親指を突き出すようにしてウィンクしたそのあと、トロッコは進んでいった。
「すごいよね!やったね!亀がウィンクしてくれたよ~!」そう言いながら抱き合って喜んでいる隣の子達。
分かち合う人はいなかったけれど、私も、感激で震えていた。

===本日の公演はこれで全て終了いたしました===
2度目のアンコールで、出てきて挨拶してくれた後の、このアナウンスと、会場内の明かりが現実へ引き戻す。
ふうっと思わずため息が出る。大満足のコンサートが終わったから。
そして、次の大イベントに向けての決意のため息だった。


会場から流れ出る人の波に乗りながら、携帯で時刻を見ると、8時43分だった。
9時半だった・・・メールに書いてあったのは。
コンサートを体験して、とにかく「カメさん」からのメールは受け止めよう、ちゃんとお礼を言おうと心は決まりつつあった。
歩くのをゆっくりにして、会場から出たけれど、辺りはまだバスやタクシーを待つ人でごった返していた。
だけど次第に人は減ってゆく。一人で突っ立っていると、目立ってくる。
夜分、一人で目立つのは怖い気がした。
それで仕方なく、私は一番近い地下鉄の駅の方へ向かって歩きだした。 人の流れに紛れるように。
流れに乗せられて歩き、歩いていることを感じないで歩いていた。
15分ほどして9時を過ぎると、横断歩道を渡って、反対側の道をまた引き返した。
歩きながら自分に聞いてみる・・・「いいんだよね?大丈夫だよね?ほんとに亀ちゃんだとしても?そうでなくても?」
迷った末に、答えは「うん。」それしかないって思えてた。
そして、会場前に戻ってきたのは9時20分を過ぎた頃だった。


関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:12 |  小説風幻想「ちっぽけな偶然」  | TB(0) | CM(16) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.07.16(月) 18:51 |  |  【編集】
ごんままちゃん上手いよ~
本当に自然に物語りに入り込んでしまう
ストーリーやエピソードは考えられても
それを膨らませて文章にして、物語にするのってすごくむずかしいよね
ここに来るまでにかなりの文章を読み進まなくてはならないのに
まったく飽きることがないよ
引き込まれてしまうよ
次はきっと出会うんだよね
まるで自分が会うみたいに緊張してきたよ
ふるるん |  2007.07.16(月) 21:34 | URL |  【編集】
そう…か…

毎日入り込んでます!
隠しコメが…ある…小説と現実がごっちゃだよ~
まだ、これからなのね~
ドキドキしながら毎日来てるよ…
亀leon |  2007.07.16(月) 22:24 | URL |  【編集】
会えるんですね!もうすぐですね!
はぁ~苦しい!もう読みながら心臓ばくばくです!
ますます次が楽しみです♪

先日かかれてた授業参観のこと!
うちも先日参観日でした。授業はやはり家庭科。
「今日は玉止めと!玉結びと!」って・・・あっ!一緒だ!と
自然と顔がほころぶv-352
「何がおかしいの」って子供に言われちゃいました。
ゆり |  2007.07.17(火) 08:38 | URL |  【編集】
はぁ~すごくドキドキしてる。
描写が細かくて、カツンメンのコンでの様子が目に浮かんでくるよ。
そして、初コン 一人で参戦した私のあの日の心細さも
思い出しちゃった。
次はどんなドラマが待ってるんだろう。
期待してます♪
前記事のコメレスにお答えで~す。
私、たま~に内職(PC入力)頼まれるんだよ。
月に1度あるかないかのゆる~い仕事
義妹からいつも突然、急ぎで!って頼まれるんだよ。
普段ヒマなの知ってるから、都合よく使われてるんだぁ~(苦笑)
みゅう |  2007.07.17(火) 10:00 | URL |  【編集】
Kinkiのプレミアム・・・残念ながら見れませんでした。
2人の関係って、スゴクいい感じだと思います。
それぞれがお互いのことを、尊重し合っていて、
ソロでは、それぞれの、Kinkiとしては、また違った魅力を・・・
番組でギターを始めてから、音楽性に磨きがかかりましたしね。
これからも、素敵な曲を聞かせて欲しいです(*´▽`*)

お話・・・いよいよご対面なんでしょうか?
サヤを自分に置き換えてみたり、客観的に読んでみたり・・・
ドキドキは続きますね (* ´艸`)
絆 |  2007.07.17(火) 10:47 | URL |  【編集】
しばらくぶりに来たけれど
一気にここまで読みました。
いよいよ出会うのかな?
サヤのドキドキと戸惑いが伝わってきそうです。
こさあじゅ |  2007.07.18(水) 11:30 | URL |  【編集】
●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.07.18(水) 11:58 |  |  【編集】
●7月16日隠しコメさま
いつもありがとうございます。仁亮のかたまりは、ホント、短くて不足します。何度聞いても足らなくて、全体の歌詞が知りたくて、Falbumを借りたのでした。
だけど、アレンジも声も違っていて・・・。やっぱり二人の声でたくさん聞きたい。
隠し様の聞きたい組み合わせは、絶対そうだよね!そうでなくちゃね!
私は・・・ちょっとフクザツです。今は。ごめんなさい・・・

サヤと亀ちゃん、これからも見守っててください。
ごんままっち |  2007.07.18(水) 15:53 | URL |  【編集】
●ふるるんさま
ほめてくれてありがとう。力になるよ~
今までの過程は、かなり長いけど、サヤって人を知って欲しくて書いています。
飽きることなく読んで下さって、良かった~ホッとします。
この話で、心を動かしてくれるのが、とても光栄だよ~ありがと。
ごんままっち |  2007.07.18(水) 15:56 | URL |  【編集】
●亀leonさま
毎日覗いてくれてるなんて、感謝感激です。ありがとう!
うまい具合に、隠しコメが・・・な~んて。
さあ、どんな、だれの隠しコメなんでしょうねえ?うふふ。
自分で入れてるんじゃ、ないですよん!
続きもお楽しみに~
ごんままっち |  2007.07.18(水) 16:03 | URL |  【編集】
●ゆりさま
はいお待たせいたしております。間もなく会えますよ・・・
ドキドキ楽しんでいただけたら、幸いです。

授業参観同じ!わあ~
そこで私の記事を思い浮かべてくださったことが、嬉しくてなりません。
お顔がほころんだゆりさんを、とても近しく感じちゃいました~
玉止め、玉結び、上手に出来たかな?
ごんままっち |  2007.07.18(水) 16:07 | URL |  【編集】
●みゅうさま
PCの入力なんて、すごいじゃん!PCのプロなんだあ~
目にも留まらぬ10本指で打てるんだろうなあ・・・
私なんて、無駄なとこばかり叩いて、なかなか早くなれませぬ~

コンサートのシーン、褒めてくれたの、極上の幸せです。
一番苦労したのが、コンサートの描写なの。
だって、まだ2回しか見たことないし、見た後あんなふうになってしまって、どう書いたらいいのか、凄くすごく悩んだ。
みんなそれぞれ、感想は違うし、サヤが感動したってこと表すために、かなり時間かかったの。
孤独感も書けてるなら、なおさら嬉しいよ。ありがとう。
メンバーが浮かぶだなんて・・・v-409めちゃ嬉しいです!
ごんままっち |  2007.07.18(水) 16:13 | URL |  【編集】
●絆さま
メールしてみて良かったです。お役に立てれば、それで嬉しいですから。
いつも来てくださってありがとう。
置き換えたり、客観視したり・・・そうだね。いろいろ楽しんでいただけてて、ありがたいって思います。
私は完全に中に入ってしまってます・・・(汗
ごんままっち |  2007.07.18(水) 16:17 | URL |  【編集】
●こさあじゅさま
ありがとうございます。相変わらずお忙しいでしょうに・・・。
一気に読みにくい書き方してるなあって反省してます。
基本、小説書くのも私、他の書くのも私。同じ人が書いてるよって発信したい人なので・・・。
まじ、読みにくいですよね・・・いちいち続きボタン押さなきゃだから。
すみません。それでも読んでくださって嬉しい~~!
さすがに、いよいよ会うようですよ~うふふ。
ごんままっち |  2007.07.18(水) 16:21 | URL |  【編集】
●7月18日隠しコメさま
気に入っていただいて、ドキッとしていただけたなら、良かった~~
なんだか似ているでしょう?一目で気に入ってしまったんです。

お話ちょっと気になりますが、また時間置いてでも良いですし。
そのままでも全然いいですし。
私なんかでよければ、いつでも、いつまでも受付です。
あなたの優しさに、何度も支えられてきたのですから・・・
そして、あなたのこと、とても信頼しているし、大好きですから・・・。
ごんままっち |  2007.07.18(水) 16:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索