FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2007年07月31日 (Tue)

小説風幻想「ちっぽけな偶然」#12

ちょっと間が開いてしまいました。
いろいろなことありました~~

父は、土曜日に法事をするのに病院からの外出許可をもらっていたのに、タクシー呼んで、出かけようとした時に急に不整脈(頻脈)に襲われて、外出禁止になりました。ちょっとビックリしました。
だけど、ものは考えよう。
タクシーに乗る前で、病院のベッドでなったのだから、良かったんです。
明日、検査の結果がでるかな?
御見舞いに行ったけど、もう普通にしてたのでホッとしました。


スシ王子。放送の日にいくら新聞見てもないから、あせって頼りの県内ヲ友達に聞いたら、8月からだって!
ここは一部の地域らしく、除かれています(笑)

そして、Mステ!
録画してました。生での感動は味わえなかった・・・
だけど、それでも下からピュッと出てきた時には、録画なのに涙が溜まってきた・・・。
そして、笑顔。
「21歳だねえ・・・」と何度も繰り返しつぶやいていました。
歌詞の書いてある紙持って歌った人って、前代未聞?本邦初?
でもちゃんと声が聞こえた。踊ってた。抱きあってた。笑ってた。最後に一言も言ってた。
ちゃんと出演する時と違って、仕事中だけど、メディアには乗らない時の彼じゃないかなって姿でした。

Mステといえば、ミニステってのが、始まる前にあるんだね。
噂は聞いてたけど、早めに見始めても、見えたためしがなかった。
ここでは流れていないって!
これも、最近の分だけしかないけど・・・といいつつも、県内友が送ってくれて、始めて見ました!
素が映ってたよ!ビックリした!本番しか見てない私には驚くほどのリラックスぶり~~

また、Kinkiの流れやらで、昔の映像も頂く機会があって・・・。
あまりに動きが早いと、いるはずなのに解らなくて、必死で探すのがなんだろう・・・うれし、たのし。
見つけたら目が離れない。他のものが全く目に入らない。
そして、時間を追って入れてあるのですが、徐々に変わってゆく姿。
‘男‘が芽を出す。きらめきが大きくなってゆく。
まぶしさがどんどん強くなって、ダンスの動きがすこしずつ今の動きに重なるところが増えていく・・・。
私はそんな成長を知らずに、彼に惹かれたわけですが、また改めて時間に乗って眺めてみたら、彼を今の彼へと導いたあらゆるものに、人に、出来事に思いを馳せ、感謝したくなります。

今の亀ちゃんが、生で見られなかったけど、あの姿で東京で舞台のリハに汗を流しているのだと思えば、なんだか、こうして書いていても、涙が出そうになりながら嬉しくなります。
想いって、あふれそうになると、涙になっちゃう・・・
これは、亀ちゃんを始めて見たあの日から、私に起こるようになった現象なんです。
そして、そういう自分になぜだかホッとする。
誰かを想うことが出来る自分を見つけられたから・・・。


いろんな映像、そして、物、言葉、心、友の存在・・・。
それは、亀ちゃんを通じてお知り合いになれた方々から頂いたもの・・・。
私というひとつのちっぽけな存在が、ここに存在してもいいんだって、あまりにも当たり前だけど、案外誰にも言ってはもらえないことを、伝えてきてくださいます。
亀ちゃんと、そういうものに囲まれていられるってこと、シアワセなんだよね。
そんなこと、ふっと思っていた日々でした。




では、流れを忘れちゃってるかな?というほど、空けちゃいましたが、お話の続きをご覧ください。




       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・


【More】


          「ちっぽけな偶然」 #12

やがて会場が暗くなり、悲鳴にも近い歓声が響き渡る。
ペンライトを光らせて、うちわと共に握り締めた。
和也が見えてきた、メインステージ。あまりにも近くて、夕べのことも頭に浮かんできて、ドキドキしてきた。
だけど、すごいのは、歌い始めたらKAT-TUNの亀梨和也・・・それ以外のことがすべて消し飛んでしまったこと。
ステージへと引き込む力。6人のそれぞれの力が、合わさり、奏であい、反発もし、時にはある一人に力を集結して、めまぐるしく色を変え、光り方を変えて姿を現し続ける。
そこには、サンドイッチをほうばる和也はいなくて・・・。
これが、和也たちの努力の結果。完璧を目指して作り上げてきたもの。
昨日見たステージなのに、ワクワクする。
1曲1曲、終わっていくのが切なくさえある。
大切に大切に思っている本を、読みながら破いていくような感じ。
永遠に続くものなら、永遠に見ていたい。
私の大好きな人が、心血を注ぐもの。それに触れられる幸せを感じる。

一休みのMCになる。ところがこの時間が、私には一番の緊張を伴った。
なんと言っても、和也が余りに近かったし。
ドリンクボトルを取ろうとしてしゃがむ彼が、すぐ近くにいた。昨日と同じで、ずっと目は合わなかったけど。
だけど、今日は違う、その方がホッとした。
メンバー同士で、そして観客に向かって話をする和也が見たかったし。
ぴりぴりと皮膚を刺激するように緊張が体中に満ちている私なのに、力を抜いた様子で話をする和也を見ているのが、それは嬉しかった。また、昨日のことがあり、聖くんばかりが気になったりしていた。
ご当地シリーズで、明太子の話も出る。
朝ごはんで、たっぷり食べられたって話。
本当のこと、話してるんだなって、自分の中で、ヒミツナウレシサが、沸いてくる。
MCを終えるとき、一人ずつバックに消えていくのだけれど、最後になった和也は、振り向く瞬間にちらとこっちを見てくれた。ほんのほんの短い時間。
和也、ここにいるよ。見てるよ。ちゃんとここで見ているよ・・・・・。


後半での彼のソロ。なぜ、この席を取ってくれたのか、わかった気がした。
近くで見たらわかる、何者かが見えたから。
なんと言ったらいいのだろう。それは彼が自分から漂わせているのではなく、もっとシビアに、そう、絞り出しているもののよう・・・
ソロは、みんなそうだけど、まさに絞り出している。
余裕がないって訳じゃなくて、すべてを見せてくれる。そう思う。
そこはかとなく漂っているものじゃないから、迫ってくる。こっちに向かって攻めてくるとでも言おうか・・・
それが近くにいると、ストレートに感じられた。

衣装や照明や、ジュニアの配置などの大きなこと、振り付けや移動、歌い方と込める気持ちなどの彼の中の計算された部分、そして更に、視線や指先の動き、歌声に混じるブレスのタイミングでのわずかな息の音、移動しながらジュニアとすれ違うときの、かすかな微笑み、体をかわす角度、飛び降りる前一瞬に見せるこわばった顔と唇がきゅっと結ばれる様・・・そんな彼の意識を超えたもの、彼そのものとも言えるものが、感じられた。
もちろんそんなことは、彼は知らないだろう。計算された部分までが、彼の見せたいものだと思う。
だけど、私に迫ってくるものは、それだけではない事実。
それが、彼がこの世にただ一人の亀梨和也であるということ。
そう、それがたとえ私が勝手に感じるだけ・・・としても、この見せられた全てが、私にとって、この世にただ一人の亀梨和也だということ。

「すごいよ・・・・・」思わず口をついて出た。
それ以上の言葉は、もう出なくなり、涙さえ流す暇はなかった。
握り締めたうちわもペンライトも、全く動かせず、ただただ彼を見ていた。
見たよ、和也。届いたよ、和也。


そして繰り広げられる、6人が6人でいることの凄さ。
K A T T U N・・・それぞれは、誰にも決して代わることができなくて、そして、6でなきゃいけないってこと。
それを伝えてくる。
『俺らって、そういう感じなんだよね』・・・そう言ってた和也。
そういう感じは、詳しくはわかるはずがないけど、心地いいんだよね、きっと。そんな気がしたよ。


やがて、サイン色紙とサインボールプレゼントの時間。
和也は反対の方へ行ってしまった。前席のお母さんはがっかりの様子。
こちらへは、聖くんとゆっちがやってきてくれた。
・・・と、聖くんがボールをこっちへ!反射的に手が出る。ボールは私の手に当たり、床へ落ちた。
何人かがはいつくばって必死で探した。私もしゃがんだけど、その時ころころと足元へ来た!
わっっ!っと心で叫んで取ろうとしたとき、前の親子のお姉ちゃんが手を出していた。
一旦は私の手に入ったボールだけど、しゃがんだまま、私はその子の手に押し付けるようにして、ボールを渡した。
立ち上がり、私を見つめて怪訝そうな彼女。
私が軽くうなずいて、笑うと、彼女はにっこり微笑んで振り返り、
「お母さん!ボール取れた!!!こうきくんの!!!」
と声をかけた。妹と取り合いっこして、ぴょんぴょん跳ねている。私はなんだか嬉しくなった。
私はもう十分嬉しい気持ちはもらってるからね。もっともっと一人でも多く、嬉しい気持ちを持って帰って欲しい。
大好きなアイドルから何かがもらえるなんて、きっときっと、ずっと忘れない思い出になるよね。
それはみんなおんなじだよね。

こんなやさしい気持ちになれたのは、和也のおかげだよ。
こうして和也の大切な仕事であるステージに触れて、こんなに感動させてもらったおかげだよ。
初めて会ったのに伝えてくれた、安心感のおかげだよ。


そして、このホールでのラストステージのアンコールまで来た。
昨日の様にトロッコに乗って、会場を回る6人。
そしてメインステージに集まってくる。
光る汗。輝く笑顔。最後まで途切れることのないパワー。
終わってしまうことは、なぜかまだ感じない。きっと彼らの気持ちがまだ続いてくれているからだろうね。
歌が終わり、挨拶をしてくれる。
やっぱり最後が和也。
「今日はありがとうございました。最後まで楽しんでもらえたでしょうか?俺ら6人、いい感じでこれからも突っ走っていくんで、応援よろしくお願いします。俺も今日はすごく楽しかったです。また会いましょう。バイバイ!」
そう言って会場をぐるっと見回して、大きく手を振り、きびすを返して風の様に走り去っていった和也。



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  18:14 |  小説風幻想「ちっぽけな偶然」  | TB(0) | CM(12) | Top↑

コメント

お父様、大事に至らなくてほっとしました
更新なかなかないので心配でした

サヤさんの和也を追う目線はそのまま自分にも重なり
たった2時間半ほどの間に切なくなったり嬉しくなったりする
激しい感情の動きを思い出しました
気持ちが会場に戻ってしまい今、ちょっともの悲しい気分です

ごんままちゃんの表現力の豊かさに泣いてしまいそう

毎回読みにくるのにいつもふるちゃんを通ってきているのですが
良かったらリンク貼ってもかまいませんか?
いつでも遊びに来れるように♪
カコ |  2007.07.31(火) 20:37 | URL |  【編集】
大変だったのね…大丈夫?
お父さんも、ごんままっちちゃんも…
スシ王子、録画してあってまだ見てない…
こちらでは、始まる時間が少し遅かったの
その地方によって違うのは困るよね~
ジャニ番組だけでも、統一してやってくらないかな(笑)

コン最終日の模様…なんだか、私もコン観てるみたい
楽しい時間は終わってしまって、
これから、また、ふたりきりの時間が始まるんだよね…
亀leon |  2007.07.31(火) 22:48 | URL |  【編集】
お父様ほんとに良かったですね!
わたしも毎日のぞいていたので勝手に心配してました。

ごんままっちさんの亀ちゃんへの思いがすごく伝わってきて
あ~~同じ思いそうこの思い!などと一人で思い読んでいきました。
なんと素敵な表現なんでしょう・・

ここにきてあぁ~~亀ちゃんが好きだな~~って来たときよりも
もっと気持ちが溢れてかえるんです。

ずっと見ていたい和也を!これからもずっとそう思います。
ゆり |  2007.07.31(火) 23:00 | URL |  【編集】
色々大変そうですね;だいじょうぶですか?
あまり無理しないようにしてくださいね・・

スシ王子、みんな福岡が遅れるとは思ってないみたいで、感想とか送ってくれるんだけど、余計に待ち遠しくて。笑
まだまだ先です~
忘れそうです~爆
りま |  2007.08.01(水) 10:11 | URL |  【編集】
Mステでの飛び入り亀梨くんを、リアルで見ていた私は、
もう一気に心拍数が上がってしまいました(笑)
あ~この人が本当に好きなんだぁって、今更ですが実感した瞬間でした。
昔の映像(バックの時も含めた)を見ていると、
その成長をリアルに見れなかったことに、後悔や悔しさがフツフツと、
沸いてきたりする時期もありましたね。
でも、自分が出逢うべき時期に、出逢ったのが運命だったと思い、
今、たくさんのお友達のおかげで、その成長を見せてもらえることに、
本当に、感謝の思いで一杯です。
(あれ?記事へのコメントのはずが、ちょっとズレてしまいました。汗)

お話は、ごんままっちさんがコン後に、
それぞれのソロの感想を書かれていたのを、思い出しました。
続き、楽しみにしていますね。

お父様の結果・・・出た頃でしょうか?
お大事になさってくださいね。

あ~久しぶりに長文になってしまいました。すみません(汗)
絆 |  2007.08.01(水) 12:59 | URL |  【編集】
お父様の検査結果は出たのかしら?
安心できる結果でありますように…

コンの描写がホントに丁寧に描かれていて
感動が蘇ってくるよ。
サインボールのくだりは
ごんままちゃんの優しさが感じられます。
私だったら その子に譲ってあげることできたかな?
なんて思っちゃいました。
私も もっと優しい人になれるように努力しますぅ(苦笑)
みゅう |  2007.08.01(水) 13:20 | URL |  【編集】
●カコさま
気にかけていただいて、とてもありがたく、嬉しい気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

コンサートの描写、泣きそうだなんて・・・私のほうがコメント読みながら感激してしまい、心が震えました。
すごく苦労したんです。自分は見えなかったところなんです。
レポとかで見せていただいたのを想像しながら、また、リアルコンでの表情や、全くの妄想も入れて書き上げました。
実際に見た人ががっかりしないために、何を書いたら、亀ちゃんの為に何を書いてあげたらいいのか、随分悩みながら書きました。
お言葉、嬉しいです。本当にありがとう!

リンクの件、もちろんいいですよ~
ずぼらなので、お出かけしないこともあり、失礼することもあると思いますが・・・・・ごめんなさい。
私のほうにも貼らせて頂きます。よろしくお願いします。
ごんままっち |  2007.08.02(木) 16:03 | URL |  【編集】
●亀leonさま
ありがとう。今度は台風の心配だわ~もう、次から次へとね!
私は元気だよ。大丈夫だよ。

スシ王子、まだまだ来週からよ!参るよ~
光一くんの徹子の部屋も、高校野球で次の日になったし、油断できないこの地方です。

コンサートに行った気分が味わえてくれたら、すごく嬉しいです。
実は書きたいストーリーを流していくのに、ここの描写が私には必要で、これを書きながら、あの時感じたさまざまなこと、そぎ落としていくようでした。
そうね、これで、二人の時間が始められるんだ・・・
ごんままっち |  2007.08.02(木) 16:09 | URL |  【編集】
●ゆりさま
今ちょうど大変になってきた時間ではないかしら。
被害のないよう、祈ってやみません。
毎日来てくれていたの?う・うれしいです!ありがとうございます!

その上、ここに来て、そんな気持ちになって帰ってくださる人がいるなんて・・・大感激です。
同じ想いって、前半かな?小説かな?
どちらにしても、ステキな表現だなんて、テレながら喜んでいます。
私には、ゆりさんのコメントが心をすっぽりと優しく包んでくれましたよ~
ステキな心をありがとう。
ごんままっち |  2007.08.02(木) 16:15 | URL |  【編集】
●りまさま
大丈夫だよ。ありがとう!
また、台風だね~気をつけてよ~明日はお休みになるかな?

ほんと、スシを忘れそうなので、カレンダーに「しーすー」って書き込みました。最近見えないPちゃん思い出しながら~
なんだか取り残されてる感じだよね・・・ま、やってくれるだけましか・・・(あきらめモード)
ごんままっち |  2007.08.02(木) 16:19 | URL |  【編集】
●絆さま
生で見られて良かったね!!からだが熱くなる感じはよおおく解ります。
昔の映像に、私はそういう感情は持ったことがないのですが、なるほどね・・・とは思います。
出遅れて、思い出が少ないこと、亀ちゃんのことで知らないことが多すぎることで、唇噛みしめたい思いの日もありました~
今では、少しずつ知れてるし、だけど雑誌は全然買わない。
それでもいいって、自分なりでいいって、情報を愛しているわけじゃないってやっと思えています。
立ち見で頭に叩き込みます。(笑)
仰るとおりで、私はあの歌、あの衣装、あの状況だったから、彼に惚れた。
それは、そうなったことは、ウンメイで、タイミングだったからね~
あえたことに、ひたすら感謝。そして昔のこと埋めてくれる、周りに、ひたすら感謝ですよ~

コン描写は、自分が思ったことはフルに使いましたが、全然足らなくて、お友達のレポや、DVDなど見て感じること足しました。
だって、私は遠く感じてどーんってなって帰ってきたんだもん。
みそぎですよ。あの時の気持ちの。
ごんままっち |  2007.08.02(木) 16:29 | URL |  【編集】
●みゅうさま
ありがとう。心配してくださって、シアワセ者だって実感しています。

コンサート、そう言ってくれて、すごく嬉しいです。みゅうちゃんがくれたメールも思い出すよ。
経験が浅すぎて、書くのに本当に苦労しました。
具体的にはあまり書けなくて、サヤの気持ちを通して書くことで、何とか仕上げています。
それがかえってよかったのかもね?

ボールは、こっちでは全部親子席に投げられたの。悔しかったよ~~
だけど、サヤは、和也に会ってるからね。優しくもなれるのよ。
私は優しくないもん。
でも、亀ちゃんに会えてから、優しくなりたいって思うことは増えたな~
それだけでも、彼の力なんだよね。
ごんままっち |  2007.08.02(木) 16:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索