FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2007年09月04日 (Tue)

ゆっち、おめでとう!&「ちっぽけな偶然」あとがき

中丸雄一さま      お誕生日おめでとう!!

いつも優しい笑顔のゆっち。
6人がいて、その雰囲気が優しくなれるのは、あなたがいるからだっていつも思うんです。
一番年上で、みんなのこと、すっごく考えてくれているのに。
だけど、ぐいぐい前には出ない。
誰にも真似できない、ものすごいスキルを持っているのに。
「ふつう」。
だから、ステキなんだよ~
ずっとずっと、ものすごいもの秘めた、あえて・・・な「ふつう」でいてね。
秘めてるもの、どんどん輝き増すのを見つめてくよ。
ステキな1年がまた過ごせますように。


今日は、娘のお友達が遊びに来ていたので、巻き込んでお祝いしちゃいました。
ポルノグラフィティが好きで、PCに詳しくて、ブログやってるし、いろんなサイトを知ってる、ちょっとアキバチックなお友達。
ジャニは関係ないけど、そこはそれ・・・・・巻き込むわけでございます。
人目をはばからない、りっぱなヲタのおばちゃんであります~



       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・




【More】

 

         「ちっぽけな偶然」  あとがき風お礼


小説というには、はばかられるような、どうしてもそういう風にしか思えなくて‘小説風幻想‘と題して書いた、「ちっぽけな偶然」に、いろいろな嬉しくなるような感想をたくさん頂きまして、本当にありがとうございました。

あとがきって言うほどのものではないですが、これを書き始めた時のこと、自分で覚えていたいって、ずっと思ってきたから、覚え書き程度に書いておきたいと・・・。


心が動き始めたのは、始めてコンサートに参加して、亀ちゃんに実際に会ってから。
バクステ前の最前列。
今となっては、参戦した会場だけは、最前列がそんなに彼とは近くないってわかったけど、行く前は、すごーーーくすごく近くに来るって、そんな浅はかな思い込みを・・・(汗)

おバカな私は、コンサートが終わってから、徐々に沈み始めた。
遠くて遠くて、何万光年とも言えるような距離感に襲われたんですね~
初めからわかってて、今だってそうなのに、その時はなぜだかどうしても、そういうのが悲しくて仕方なかった。

自分で自分をほったらかしにもしてみた。
たくさんの方から、言葉を頂いて、それに大いに助けられたけど、ごくごくごく一部の言葉には、翻弄されたりもしたし。(ご・ごめんなさい・・・)


沈没はなかなか収まらず、普段から、あまりにも彼に支えてもらってる部分が大きい私なので、だんだん自分が存在していることにも、疲れが出てきちゃって・・・
つかんでいる糸、次々に手放してしまっていって・・・・・
なのに、絶えず上から声をかけ続けてくれるお友達がいたんだ。
気が遠くなりそうになっても、ずっと声をかけ続けてくれた。
  
       その糸だけは、放しちゃダメ!
       一人ぼっちじゃないんだよ!
       ずっと傍にいるから、孤独になんかしないからね!

そういう言葉が、ずっとずっと絶え間なく聞こえてきてた。
最後の糸を握ったまま、夢の中のような頭で、徐々に考え出したのが、この幻想。

       「出会いたい」

この一言に、渾身の気持ちを込めて、現実逃避という名前なのかも知れなかったけど、再生の一歩を踏み出したんですね・・・
まずは亀ちゃんへお手紙を書き、やがて、私はサヤになっていきました。

書いたもの、何度も何度も読んでは書き直し、自分で書きながら涙する。
そんな一進一退の作業でした。
こんな長い文章書いたのって、生まれて始めて!
どんどんワードのページの数字が増えていって、自分でも不思議な感覚でした。
考え込んだのは、ブログの読者のカメさんと、どうやって接点作ろうかなってことだけかな?
苦労したのは、コンサートのこと。
2ステージしか見たことない私が、書いていいものだろうかと、ものすごく悩んだんです。
だけど、見たこと、見えなかったこと、想像でもいいから、コンサートに自分が感じたものを出し尽くそうって、言葉をたくさん使いました。
消化作業だったみたいです・・・・・今にして思えばね。


自分がこんなもの生み出せるなんて、思ってもみませんでした。
そんなきっかけを下さったお友達。
そして、最後の糸を放させまいと、ずっとずっと温かい声をかけ続けてくれたお友達に、心から感謝をしたくて、このあとがきは書きました。

ありがとうございました。
これ以上の感謝の言葉があればいいのに・・・と思うのですが。
だけど、それは見つからないので・・・もう一度言わせてください。
ありがとうございました。



そして・・・
コメントを下さった方々に。
幻想を記事にしていると、自信の欠片もない私は、不安ばかり募ります。
それを励ましてくださったのが、コメントを下さる方々でした。
暖かい言葉、たくさん頂いて、ありがたくて、嬉しくて・・・。
失礼ばかりしているのに、いつも来てくださる。
本当にありがとうございました。


また、静かに黙って読んでいって下さった中にも、私のほかの記事も読んで下さったり、お話の最初から読んでくださったり、前に書いたお話も目にしてくださった方もいらしたようです。
カウンターの数字には、そういう方の足跡も残り、私を励ましてくれました。
ありがとうございました。


皆様のお陰で、このお話を書き終えたのです。
こんな私が、こんな幻想をしたって、この世にそんな足跡を残したくて、あえてここで書くことにこだわりました。





明日からは、彼が皆さんの目の前に再び現れますね。
感動を、夢を、憧れを、力を、喜びや満足を、明日から、また彼が、見た人に与え続ける1ヶ月が始まります。

彼が、彼にしか残せない足跡を、皆さんの胸の中に残してゆくことでしょう。
気が向いたら、私の分の拍手を、どうか彼にお届け願います。
拍手を届けられないことが、今は何より気がかりです。
彼にいつも与えられている私なので、どうか、そのお返しを、お届け下さい。

元気に、無事に、そして立派に勤められますように・・・・・
彼が満足できる、充実した日々でありますように・・・・・
頑張れ!  亀梨和也!



そして、ありがと。   亀ちゃん。



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  20:14 |  小説風幻想「ちっぽけな偶然」  | TB(0) | CM(10) | Top↑

コメント

わたしはこのお話が始まる少し前に
ごんままっちさんのこの場所を偶然みつけ
ごんままっちさんの亀ちゃんへのあふれる想いを感動しながら読んでいました
なんて純粋に語れるのだろう・・・
そんな中始まったお話に3話くらいまでは実話だと思ってたくらいなんです(笑)
何度「えっ?!」と叫んだ事か・・・

わたしも明日からの彼に影ながら応援する事しかできませんが
大きくなった彼にまたいつか逢える事を願っています

nanami |  2007.09.04(火) 22:05 | URL |  【編集】
ゆっちの24歳のお誕生日でしたね。
本当に存在感が、グッと増した一年でしたよね。
一見頼りなさげなキャラを演じつつ、しっかりグループを見てる気がしますよ。
メンバーが、みんな安心して甘えてるのが良く分かるもの。

私もヲタ友さん達と、ケーキ食べてきましたよ。
カツンを知って、これも恒例の行事になりました。

小説ご苦労様でした。
自分の時間を削って、時には入り込んで、現実とごちゃ混ぜになりながらですね。
これも恋するパワーのたまものかしら???
ミント |  2007.09.05(水) 00:40 | URL |  【編集】
ラジオにドラマにそして映画と
大躍進したゆっち。
娘がゆっちが好きなんだけどその切り口が
私が亀梨くんを語るのとまた違ってすごく面白いんですよ(笑)

今年もヲタ会でお祝いしてきました。
ミントさんの言うように恒例行事ですね。

今日からドリボズ。
また素敵な亀梨くんが見られるんでしょうね。
私も遠くから無事を祈り、届かないだろうけど拍手を贈ります。

ごんままっちさんがこの世に残した足跡は
確実に多くの人の目に触れ、いろんな思いを抱かせたことと思います。
とってもうらやましく思いますよ!





こさあじゅ |  2007.09.05(水) 11:28 | URL |  【編集】
中丸くんの笑顔は、私の癒しです。
どんなに忙しくても、笑顔でいてくれて、
そんな中丸くんが、大好きです。おめでとう・・・中丸くん!!

コンが終わってからの、ごんままっちさんが、
どこかに遠くにいって、戻ってこないんじゃないか・・・
私は、そう感じていました。
私の場合は、初めからドームの広さにあきらめていた部分があり、
同じ空間に入れることに、幸せを感じることができたのかもしれません。
ごんままっちさんの想いが詰まった、小説が大好きです。
そして、本当に純粋に亀梨くんに想いをよせるごんままっちさんが、
私は、大好きなんです(〃▽〃)

今日から、始まりますね。
ごんままっちさんの想いも、しっかりと届けてきます。
その想いが、きっと亀梨くんのパワーになると信じて・・・


絆 |  2007.09.05(水) 11:55 | URL |  【編集】
●nanamiさま
そうですか・・・ちょうど沈没の時期に出会ったのかもしれませんね。
純粋といえば、美しいのですが、基本ぶっちゃけで・・・
そういうのが嫌な方も、いらっしゃるのではと、反省もしたりしますが、ここは自分の場所として、吐き出したいこと飾らずに書いています。
バカに見えるでしょうが、そのままなので・・・。
そういう私と、こうしてお話してくださること、ものすごく嬉しいです。
いつも本当にありがとうございます。

実話?ほんと?じゃ、ここがサヤのブログだって思ったってことかな?
それとも、仕事で‘和也‘って書いて、頑張れたこととかのエピソードかな?
エピソードは、アハハ~殆ど実話ですね~
カメさんからコメはありませんけどね。(笑)

nanamiさんも遠くから応援組なのね?
一緒に、行ける方に拍手託して、後は心で届けましょ。
大きくなった彼にまた会うのを楽しみにしながらね・・・
ごんままっち |  2007.09.06(木) 16:52 | URL |  【編集】
●ミントさま
ゆっちの存在って、そうですよね・・・・・誰もが甘えている。甘えられる。
ゆっちも、人のことを考えてあげれれる大きさがある。
だから成立してるように思えます。
北の大地組はいいですね~恒例だなんて、羨ましすぎです。
そういうの、一切梨で頑張ってる私は、エライ?えへへ~
憧れますよ。そんな会に出られる環境。いいね~

小説にはほんと、パワーがいりますわ~
だけど、そうそう、現実とかき混ぜることが出来る。夢の世界。いい世界です。
ごんままっち |  2007.09.06(木) 16:58 | URL |  【編集】
●こさあじゅさま
家の娘と、お宅のお嬢さんは、好みが似てましたね~
ゆっちと、ぴーちゃんと・・・
ゆっち好きの切り口かあ。どんなんだろ。
家の娘は「ふつう」であることが、好きみたい。近しさとか、優しさとか、そしてちょっとはにかみ屋な感じもいいのかも?
恒例行事、参加できたのですね。良かったですね~羨ましいです。

私の足跡をそんな風に言ってくださって、嬉しすぎます。ありがとうございます。
人に何かを与えるような力は全然ないのですが、目を通してくださった方がいらっしゃることが、生きた証です。
こさあじゅさんだって、証は残してありますよ。確実にね。
ごんままっち |  2007.09.06(木) 17:05 | URL |  【編集】
●絆さま
昨日は突然ごめんなさい。
このコメント読んでいたから、絆さんのことが浮かんじゃいまして・・・。

あの沈没の時は、ひどかったね。自分が存在してることに疲れたとき、もういやだ、消えてなくなりたいって言ったら、ひどく怒られたりした。
戻ってくるのに、妄想特急が必要だったけど、だけど、それだけじゃないよ。
絆さん始めとして、いつも待っててくれる人がいるのを、感じてたから。
でなきゃ、戻れなかったなあ・・・
手土産の小説にも、そして、こんな変な私自身にも、そんな・・・・・
もう娘以外から、好きって言われることは決してない身ですから、その言葉ってこんなに嬉しいものだなんて、身にしみています。
ありがとう。ほんとに。
私だって、絆さん大好きですよ。今までもずっと、これからだってずっとね。

拍手お願いします。想いを乗せて・・・
彼と共有する時間を、堪能してきてくださいね。
ごんままっち |  2007.09.06(木) 17:19 | URL |  【編集】
ごんままちゃん、お久しぶりです!
ずっと読んでいたのに最終回にはコメ残さずごめんなさい
ちゃんと読んだのよ(笑)
どうしてだかは自分でもわからないけど
コメントの数行には現しきれないような気持ちになっていたかもしれません
こんな形で自分を元気付けたり、強い気持ちを持ったり
人にも夢や想像する余裕を与えることのできる
ごんままちゃんの才能が羨ましいです
お疲れ様でした!!
またいつか書いてくださいね

カコ |  2007.09.07(金) 09:43 | URL |  【編集】
●カコさま
ありがとう、カコちゃん。
数行には表せない気持ち・・・何かつらいこと、起きていないですか?
大丈夫ですか?
いつでも、また、言いたいことあれば、書いてみたいことあれば、待ってますよ。

う~ん・・・こんな形は、究極の逃げなんですよ。
会って話せる人もいないし、どうしたって、自分で抜け出すしかない、感情に囲まれてしまって。
自分が幽体離脱か、二重人格になって、抜け出すんです。
だけどね~それが、人に夢?
そうなのかなあ・・・そうなら、嬉しすぎだなあ・・・カコちゃん、ありがとうね。

またいつかね。そうね。書かなきゃね。
かりんをもっと和也と一緒にいさせてあげないとね。
ごんままっち |  2007.09.07(金) 17:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索