FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2007年12月04日 (Tue)

一筋の・・・

新聞の見出しってば!   『亀梨和也㊙裸体公開』って!
そういう書き方、嫌なんだ~
亀ちゃん捕まえて、裸体とか書かないで~
ましてや、全然㊙じゃないでしょうに!  ブツブツブツ・・・

健康センターでは、舐めるように見られて・・・
裸体も大変です。
油塗られて、触られて。
触られる時、ぎゅっっって力込めてたでしょ?
そうしなくたって、きっと硬いでしょうに~~なんて思ってて。
そこは負けず嫌いの彼。  きっちりでしょうか?ふふ。
首が太くなったような気がして、遠めに眺めてました。
裸体苦手です。
彼が鍛えて、自慢したくてたまらなくても、ご遠慮なので・・・ごめんね。

それにしても、上田くんばりに、ボクシングジム行ってるんだ。
雑巾がけ、結構強調してました。
はい。イメージは大切です。
せっかく雑巾がけしてるんだから、ちゃんとアピールしとかなきゃねっ!
どんどん役になって行ってるのですね。




昨日のHEY!×3では、滑りました~
あの話、どっかの雑誌で語っていた気がしてます。(なにせ、全て記憶頼り・・・)
健康センターと、小学生の列は、違うところで語ったか?
車も、自分の持ってるんだなあ・・・  なんに乗ってるんだろう?
『最近歳を感じる』の主題には、確かに沿っていなかったですね。 (~_~;)
でも、お風呂の話してくれるの、好きなの。
だってえええ・・・
ほら、ね、だからさあ、健康センターのお風呂は女の人と一緒には入れないじゃん?
だから、聞いてて耳が安心してるのよね~   あはは

話すべって、墜落したあと、後ろの列に下がるのよね~
今回は、じんじんとじゅんのが前が多いから、亀ちゃんは後ろが多い。
喋りたいけど、ちょっと抑えて、だけど喋りたい・・・ちょっと口挟む。
そんなちょろちょろしてるのが、何だか可愛くて好き。

長い髪で歌ったのは、初めてだったでしょうか?
風が強かったので、余計に髪がなびいていました。
最後にその髪の毛を、ブルって顔振って跳ね除けるの、これも好き。

またしばらく、短い髪です。
自分のは長いのが苦手な私が、慣れるように、少しずつ少しずつ伸ばしてきた髪が、今の彼より、ちょっとだけ長くなったかな?
彼より短いのはやだな・・・・・そう思って始めたことでした。
そんな冬の日です。



車で走っていると、飛行機雲がキレイでした。
思わず止めて、撮りました。
飛行機雲1  飛行機雲2

青い空に、何処までも伸びてゆく、その終わりのない進む感じが好き。
見ている間は、見えなくなるまで、空に線を描き続けてく。
その果てしなさが、スカッとします。
空に残る・・・・・一筋の・・・・・



ズームで、漫画のキスがまた映ってしまいました。
あれはダメ・・・どうしてもダメ・・・
涙・・・・・一筋・・・・・
だって、やっぱり嫌なんだもん。
亀ちゃんが、番宣でも良くするけど、共演の女の人を、横向いてチラッチラッっと見るでしょ?
あれがもうダメなんだもんなあ・・・

そういうの見たとたんに、急に寂しくなってさ。
それでね、思うわけですよ。

       こんなに寂しくなって、涙・・・つううって流してるんだから
       ぎゅうって、抱きしめてよ
       痛いくらい、ぎゅうっと・・・
       何も言ってくれなくたっていいよ
       あなたの心臓の音が  聞きたいの・・・
       そして  本気で頭を掠めるの
       そのまま
       その記憶だけ持って
       腕の中で死ねたらいいのに・・・・・って


こんなことをね。

そんな冬の朝でした。





       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  16:59 |  亀ちゃんへの手紙  | CM(10) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.12.04(火) 20:48 |  |  【編集】
こんにちは。なんだか私の記憶トンチンカンでした?ごめんなパイ。さておき、やっぱ素敵な詩でコメしたくなり・胸が痛いです。恋すると言葉達があふれてくるんですよね。わかります。
らん |  2007.12.05(水) 15:59 | URL |  【編集】
キレイな飛行機雲だね
こっちは曇ってたよ…
小雨&時々太陽って…変な一日でした!

じゅんのの後ろに隠れる亀、かわいかった~
で、一瞬何が言いたかったのか分かんなかったけど
小学生の朝っぱらからテンションMAXを見ると
年を感じるって言いたかったのよね~
うん、なんかの雑誌で読んだ気がする!!
亀leon |  2007.12.05(水) 23:05 | URL |  【編集】
ごんままっちさん 初めまして。
hideと申します。宮城在住40代、男の子ばかり3人の母です。
みゅうちゃんと亀友になってから、彼女のリン友さんの所にお邪魔するようになりました。

ごんままっちさんのブログは、みゅうちゃんと亀友になる前から・・・
「ちっぽけな偶然」を見つけたのがきっかけで、読ませて頂いています。

亀ちゃんを本当に好きでいらっしゃるんですよね。
もちろん私も大好きですが、「好き」の重みが違うかなと感じます。
私など、到底及ばないような・・・
そんなこともあって、恐れ多くてなかなかコメできずにいました。

今回の、最後にある、冬の朝に思った一節を読んで
コメ入れてみようかなぁ・・・と突然思いました。
ごんままっちさんの気持ちが、痛いくらい伝わってきて。

私も、負けないくらい亀ちゃんを好きでいたいって思います。
また、コメさせて頂いていいてすか?
つたない文章しか書けませんが、思っている事を伝えられたら嬉しいです。
hide |  2007.12.06(木) 00:03 | URL |  【編集】
●隠しコメさま
いつもほんとうにありがとう。
なんとなく寂しくなっちゃう気持ち、分かっていただけて、少しホッとしました。
独り占めに通じ気持ちは、愛じゃないって、いつも自分に言い聞かせるのだけど、涙は勝手に流れてくるし。
その居心地悪さを、彼にぶつけちゃて。
亀ちゃんごめんね。

裸体を惚れ惚れと見る方のことは、しっかり認めます。
もう太古から人はそれを美しいとしてきたし、彼はことのほかそうであろうし。
私は、亀ちゃんだけがダメです。
聖くんは、実物見てキレイだって思えた。
ただ、亀ちゃんだけは、嫌なんだ~
何様!だよね。  でも、見せないで・・・・・の気持ち。
ああ~やっぱり独り占めじゃん。  死ななきゃ直らないわ・・・(-_-;)
ごんままっち |  2007.12.06(木) 16:17 | URL |  【編集】
●らんさま
トンチンカンじゃないですよ。私が祝った唯一の彼の誕生日を大切にしてくださってる・・・間違いないですよ~♪

こういう言葉はね、そうですね、沸いてきます・・・・というか降ってきます。
だけど、気持ちが先ですね・・・
寂しい時、からだがずーんと寒くなって、暖めて欲しいって真剣に思う。
誰でもいいわけじゃなくて・・・。
決して叶わないその願いに支配されて、伝えたくて、なんとか届けたくて、振ってくるのでしょうか?

そのまま書くってのも、変でしょうか?
でも、それが、そのための場所がここですから。仕方ないですよね~(笑)
ごんままっち |  2007.12.06(木) 16:25 | URL |  【編集】
●亀leonさま
すっと急いでまっすぐ下がって・・・。
やっと喋れると思ったのに、すべっちゃって。
ああいう彼が大好物です~(笑)

うん。それと、おじちゃんたちとお友達感覚になったことも、歳を感じたのかな?
確か聖くんが「亀は喋りだすと、どんどん勝手に話はずして暴走する」みたいなこと言ってたけど、正にそれ。
よくやるよね?  暴走。
前に出たい性分は、根っから・・・。   
すすめ~~!かずやくん!だわ。
ごんままっち |  2007.12.06(木) 16:31 | URL |  【編集】
●hideさま
私からは、初めまして。
みゅうちゃんのお友達。近くなのね?
ドリボに行かれた方かしら?  違うかな?
でも、その前から??
うわあ~ちっぽけからですか? (なんか‘?’ばっかりでごめんなさい)
ちっぽけは、初めての長い文で、でも思いをびっしり詰めてるので、可愛いって思える大切なものです。

そんなあ・・・・好きの重みなんて測れないし。みんな自分の精一杯で、それしかないって思いますよ。
私は、いつも彼へと続く果てしなく長い列の、最後の方にいて、どんどん途中から入って来る人がいて、一向に近づけない・・・・・・・
そんなイメージに悩むことが多いのです。
だから、ここで書いてます。
一縷の望みをかけてね。
そんな自信の欠片もない、ちっこいやつですよ。

コメント頂けてとても嬉しいです。
恐れ多いなどぜーんぜんない、ただのおばちゃんですので、どうぞまたお話しにいらしてくださいね。
ありがとうです。嬉しかったです。
ごんままっち |  2007.12.06(木) 16:55 | URL |  【編集】
はじめまして!!私も40代のおばちゃんファンです.
ずいぶん前から、おじゃましていたのですが、今回初コメです.
職場とかでは、亀梨くんファンって言っただけで、息子くらいじゃないの?なんてからかわれ.悲しい思いをします.
亀ちゃんへの気持ちが強くなればなるほど、私って変??と思い落ち込
んでいたのですが、ごんままっちさんのブログを見つけ、同じような人が
居た!と、勝手に安心させていただいてます.
これからも、どうか素直な言葉で語りつづけてください.
みぃ |  2007.12.06(木) 23:22 | URL |  【編集】
●みぃさま
こんにちは。コメントありがとうございます!
今回の記事には、ずっと読んでてくださって、初めてのコメと言う方が、たまたま複数いらして、驚いています。
随分前から・・・・・本当にありがとうございます。嬉しいです。

私は幸いにも理解者に恵まれ、バカにされることは殆どなく、羨ましいと言ってもらえたり、亀グッズをプレゼントしてくれたり・・・・
だけど、そういう言葉が怖くて、黙っていなきゃいけない人もたくさんいるし、もう言えなくなった人も、たくさんおられるのだろうって、そう思います。

だけど、ご自分が変だなんて思わないでください~
私がいます。仲間もたくさんいます。
それに、人が人を好きになる気持ちに、気持ちそのものには、罪などあろうはずはないと考えます。
行動に出した時、、周りを傷つけるとか、自分のやるべき事を怠るとかそういうことはあるでしょうが、「すきっ」って気持ちはかけがえのないものだって、そう思っています。
だって、こんなに生きてる実感がもらえるんだもん!

素直な言葉・・・美しいですが、私にはぶっちゃけの方が合うのかもですが・・・気持ちがある限りは、想いを綴りたいと思います。
また是非、お話していただければ嬉しいです。
ありがとう。
ごんままっち |  2007.12.08(土) 14:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索