FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2008年02月14日 (Thu)

和也へ

    バレンタインライン1



1年に1回の、この日。
何を伝えたらいいのか・・・って、いろいろ考えちゃいます。

和也のどこが好きか・・・なんて、いろいろ思い浮かべても、他の人のようには思いつかないの。
全部、全部があるから、和也で。
結局、どんなところも全部好きみたい。


夏には、きらきら眩しく降り注ぐ日差しのように

秋には、最後の美しさを謳歌するように色を変えて落ちていく葉っぱたちのように

冬には、音もなく、でも、全てのものを純白へと変える力のある雪のように

そして・・・

春には、この時期を待ってじっと耐えてきた、力強い生命を象徴するかのように咲いて
はらはらと散る、桜のように

和也への想いは、どんどん胸の中にたまってく。

色あせることもなく、新鮮な輝きは続いて

和也を好きでいることが、私を嬉しくさせてくれるんだ。

和也にめぐり会えて、本当によかった。

和也がこの世にいてくれて、本当に嬉しい。


和也のことが・・・大好きです。

誰よりも、何よりも、一番大好き。 一番大切です。

心から・・・・・愛して・・・る。


                                 かりん


          チョコレート2


【More】






ちょっと、照れくさいから、かりんになって書きました。



       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・

関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:16 |  亀ちゃんへの手紙  | CM(6) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.02.14(木) 21:31 |  |  【編集】
●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.02.17(日) 01:36 |  |  【編集】
●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.02.18(月) 11:22 |  |  【編集】
●02-14 Thu 21:31 隠しコメさま
早速コメントいただいていたのに、遅いお返事でごめんなさい。
お嬢さんがチョコ作られていたのに、忘れてたんですかあ?うふふ。忙しいんだね。
その呼び方、ぜんぜんOKです。大歓迎だよ。

そんなほめられるような文章じゃないですよ~
大したことない、ただのおばちゃんですよ~
こういう風にメッセージ書いてる人、ほとんどいないようでした。
2月は、2回の大切な日があるから・・・と、心だけは準備してたのに。
なんだか、重すぎませんでしたかしら~?

どんな風に書こうか、普通に書こうかって思ってたんですが。
かりんとのエピソードで短編書こうか・・・とか。
でも、書こうとしてキーボードに触って始まったのは、かりんの言葉でした。

亀ちゃんへ届くようにと願ってくれるんだね・・・ありがとう(涙)
言葉にできなくとも、あなたの想いも届きますように。



ごんままっち |  2008.02.20(水) 14:54 | URL |  【編集】
●02-17 Sun 01:36 隠しコメさま
「大好きを裏切らない・・・・」
あなたらしい表現。あなたの気持ちそのもの。
そして、表現できずとも、そういう風に想っている人は、たくさんいるんでしょうね。
そういうのを解っている亀ちゃん。
きっとそうなんだろうな・・・そんな気がします。
そういう彼は、本当に素晴らしいって心から思えます。
素晴らしいって思える人が好き。これが素敵!

この日は、ちゃんと何かを伝えたくて。
古いバレンタインデーのとらえ方を、なんとなく大切にしたくて、企画を考えます。
でも、今回は、文章が行き当たりばったりでした。
でも、私にはかりんで書くのが、素直になれるのかも。
恥ずかしさとか考えずに済むし。
想ってることって、案外単純で。
一番大好き・・・。それに集約されたりします~

ごんままっち |  2008.02.20(水) 15:06 | URL |  【編集】
●02-18 Mon 11:22 隠しコメさま
かりんの想い・・・はい、そうですね~見え見えですね~
結局そうなります。
この日は、ちゃんと伝えたいって去年からそうしてて。
伝えたいことなんて、案外単純で、単純すぎて・・・
「好きを受け止める力」
そうだよね。
彼は、受ける視線をエネルギーに変えてく。
負けた悔しさや、未来への希望や、新しいチャレンジへの不安も、同じようにね・・・

好きでいるエネルギー。
彼がくれたものではあるけど、小さな火に、絶やさぬように油を注ぐ努力は、自分の中から引き出されたものかも知れない。
燃えるものをなくさない。それが彼から与えられたこと。

今回のチャンスは、自分だけじゃ到底切り開けなかったことを、多くの人に助けられてのこと。
でも・・・そんな私の気持ちを、解ろうとしてくれるエネルギーに、その存在に気づいて生きていけるのは、嬉しいことです。
あの写真の帝劇に足を踏み入れたとき・・・
何かが舞い降りてきてくれるよう、心静かに待ってます。
そして、カズヤに翻弄されたいと、願っています。

ごんままっち |  2008.02.21(木) 10:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索