FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2008年07月03日 (Thu)

「高さの怖さ」経験

午前中のこっちのローカル情報番組で、今度博多座に来る小林幸子さんの公演について取材してたの。
博多座はね、文化の香りの乏しい九州にあって、唯一なのかな?ちゃんと歌舞伎が出来る劇場で、また、年間通して、宝塚、ミュージカル、有名な、たとえば森光子さんの「放浪記」とかもかかり、歌舞伎もかかる、本格的劇場。

私は、実家の親が二人して会員だから、かなり前に1回だけ、「サウンド オブ ミュージック」のミュージカルが来た時、ちょうど昨日発表会をしたこちらの市郡のPTAコーラス団体に呼びかけて、大人数のコーラスで‘サウンド オブ ミュージック’を歌おうと、私の所属コーラスで企画立ち上げて、懸命に動かしてた時だったから、どうしても舞台が見たくて、チケット取ってもらって(=払ってもらって)行ったの。

父が取った席は、最前列のど真ん中!!!を2枚と、はるかに高い2階席2枚でした。
前半、父と孫である私の娘が1階へ。
後半、父が私と代わってくれて、幕間にオーケストラボックスを覗き込んだりして、貴重な経験しました。
何と言っても、俳優さんが話す台詞が、マイクの音ともに、生で聞こえたから大感激でした。

逆に2階席はすっごく高くて、傾斜がハンパなかったな・・・
その分、前の人の頭は気にならずに見えるのですが。



えっと・・・その博多座ね。
小林幸子さんは、紅白の‘衣装と’いわれる、あの大掛かりなセット・・・にしか思えませんが、アレを持ってこられるようでした。
と共に、スーパークレーン・・・って名前だったかな?
Kinki KidsのDVDで見たことあるような記憶がありますが、消防のクレーン車についてるようなクレーンが、花道に内蔵されている(博多座にあるのか、持ってくるのかは、ちょっと解りかねましたが)みたいで、簡単な手すりが付いているだけのそのクレーンに乗って、2階席の高さくらいまで上がる由。

珍しいことに、それに乗る取材が許されたとのことでした。
乗る前に、事故があっても責任は転嫁しません・・・みたいな内容でしょうか、契約書みたいなのにサインまでして、レポーターはビビッていました。

「小林さんは手すりにはつかまりませんよね・・・」
と言いながらも、しっかりつかまらないと怖い様子の男性リポーター。
体重的に、ギリギリとかで・・・・・(笑)
その体か、もしくは手すりに取り付けられたカメラの映像が映ります。
徐々に上がっていくのだけど、高い!
その上、長いクレーンの突端。根元がちょっとでも揺れると、ブルンと揺れて怖い!
最高位置まで来ると、あのものすごく高いと感じた2階席が目の前に見渡せる。
でも、下は・・・・・キャ~~です! すっごく高くて、背中がぞ~~っと寒くなりそうに高いの。



ココで、やっと解ったって思えた。亀ちゃんのドリボでの高さの怖さ。
帝劇の2階席は行ったことないまま帰ってきてしまったけど、梅田では2階にいましたから、少しは高さの記憶はあります。
でもね・・・・・自分の下が空間のあの怖さ~!

さっき「高さの怖さ」って書いたけど、亀ちゃんには、それ以外に、回らなきゃならない怖さ、紐1本に立っている怖さ、揺れの怖さ、見られてることでの緊張の怖さ、疲れや慣れからくる気を抜いてしまう怖さ、下に人がいる怖さ・・・・・きっともっともっと、いろんなこと抱えて、ああいう高さの空間に居たんだなあって。

ちょっぴり、ほんのちょっぴりですが、彼の経験に近い、彼しか見ていない景色と言うか、それが見れて。
また少しでも、苦労や努力を深く理解出来たような気がして、じ~~んとしてました。





朝から生放送で忙しいPちゃんは、また痩せてませんでした?
笑わないのは彼の持ち味だけど、さすがに大変なのかな?ドラマ。

中丸くんは、リハを重ねて、少し自信が付いてきたとのことで、ホッとしています。
ラジオで悲しくなるくらい不安そうで、心配だったから。

「俺にやれる訳ないよ・・・・・」って思ったことを、やらされて、でもいつの間にかこなしちゃうんだよね~
どの子もさ。
若い時の仕事ってそうだったな・・・。
与えられる課題が、苦しくてたまんなかった。
経験ってやつがないから、手探り過ぎて、力の入れ加減もわからず、まずどうしたらいいのか・・・の1歩目も解らず、気持ちギリギリで、ギリギリすぎると弱音を吐く余裕もなく、息苦しいくらいの時間が多かったような・・・
人に聞いちゃいけないのかも?
第一、何を誰に聞いたらいいのかわかんない!
そんな時間ってあったな・・・
動けない自分。誰かに泣きつくことも出来ず、「大丈夫です・・・」の振りをしてしまったりとか・・・
馬鹿です。


40になってからかも?
(新しいことはそう簡単に目の前に現れなくなってしまったけど)見知らぬことを、楽しんで受け入れられるのは。
ちょっと楽しくなったら、もう年取ってるんだよな~  皮肉だわよ。



きっと亀ちゃんは違うんだろうな。
なんかそういう気がする。
大きな壁がやってきても、体当たりで、痛手は大きくてもどんどんクリアしちゃってるような気もする。
どうしよう・・・とかあんまり考えずに、ドン!ってぶつかっていく。
「やるっきゃねえじゃん!」ちょっと考えたら、そう判断して体を動かしてるような。
本当のことは,解り得るはずもないのですけどね。
でも、なんか、そういう風に感じさせてくれるのが、好きだな~



みんな頑張れ~! いっぱい悩んで、頑張って、成長してくの、楽しみにそっと見てるから~







       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  18:08 |  亀ちゃん的日々  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.07.03(木) 23:17 |  |  【編集】
●隠しコメさま
そっか・・・なんかごめんね。軽く書いてしまったかもしれないよ。
若いころは、全然なかった「やってみようかな?」が、最近やっと少しあってさ。
でも、そうだよね。あなたの立場で考えたら、そういう毎日だよね。
なかなか楽しむ・・・なんてなりっこないよね。
「解る」って書けないけど(立場が違うから)、感じるよ、もっともだって感じるよ。

だから、願おう~少しの達成感や、充実感のように、自分を褒めたくなる瞬間があなたにあるようにと。
苦しい朝を我慢して、難しい課題を必死で超えて、その後に「私!頑張ったじゃん!」って、思える瞬間がありますようにと。
きっと、そういう瞬間って、亀ちゃんが笑ってくれるんだよね~心の中でさ。

その亀ちゃんの「お前、すっげえじゃん!」っていう優しい笑顔が、あなたの中に浮かぶように、私が願っていますね~
亀ちゃんだってきっと同じだから、解ってくれるよっ!
ごんままっち |  2008.07.04(金) 16:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索