FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2008年10月08日 (Wed)

生きて、生きて、そして・・・・・

昨日から、俳優の緒方拳さんが無くなった話題がずっと続きました。
徐々に亡くなる前のことが報道されて、聞くたびに胸にど~んと、重く響きます。

とっても重厚な芝居をされる俳優さんでした。
特に詳しいわけじゃありませんが、いつも第一線で活躍される、本物の俳優さんの一人だったと思います。
緒方さんが出てるのなら、きっと見ごたえがあるだろう・・・そう常に思っていたのですが、そう思えること、思わせることの凄さ。
かつ、期待を裏切らないという事実。
改めて深く思います。



長いこと、肝臓がんと戦いながら、家族以外には一切隠して仕事を続けてこられ、最後の倉本作品のクランクアップ、その記者会見、そして打ち上げまできっちり参加された上で、突然亡くなった・・・。

生きて、生きて、生きて・・・その生き様。役者魂。

親友の津川雅彦さんが語られた、最期ギリギリの様子。
生きて・・・・・そうして迎える力尽きる時の、死に様。津川さんをして、憧れるとまで言わせたその姿。


残り少ないときっと悟られたであろう時間を、どのように過ごしてこられたんだろうと考えてばかりいます。
 「あと、少ししかない。だから・・・」
なのでしょうか?
 「まだ、これだけある。今のうちに・・・」
なのでしょうか?

どっちにしたって、まだまだやりたいこと、ご自分でいくらでも持ってらしたと思うし、周りも、まだまだ緒方さんを必要としていたに違いありません。
それを断ち切る・・・・・・・死。

でも、生きて、生きて、生きて、これでもかとばかり生きてらした、その熱い命が、その熱がずっとずっと作品の中に生き続けることだろうと思っています。


ご冥福を心からお祈り申し上げます。







ふと、自分を省みてしまいました。
生きる・・・・・あれほどまでに、前向きだろうか?と。
この歳になってくると、時間が月日が経つのが、カウントダウンに感じることがあります。
残りの時間を消費しているという感覚です。
どんどん減ってゆく、残り時間。
もっともっと大事にしなきゃ、もったいないと思うのに、手のひらから砂がこぼれるように、残り時間は減ってゆく。
やりたいこと、出来る範囲でやってる。
一人しかいないけど、娘も産んだ。
いろんな後悔や、どうにもならないことへのイライラや、人と比べて惨めになったり・・・
だけど、こうして「生きている」とは思うの。
でも、なんだかもったいない気持ちが拭えない。
こんなんで、時間消費していいのだろうか?・・・・・が消えない。
だからって、今ここで何をどうしたらいいのか、全く思いつかない。
焦る・・・・・・・

私は必要なのか?
誰に? 何に?  何処で?  どんな風に?
私が残せるものって、あるのか?
この世に生きたこと、海の泡のように消えてしまいそうです。

今までの道程を、とやかく言っても、どうしようもないけど。
選択してきたこと、もっとこうしたら良かったんじゃないかってこと、振り向いて考えてしまったり。
「こいういこと、やり直せたらな・・・」などと、バカな発想でしかないことを、浮かべてみたり。




30分くらい、慣れた道を運転していて、こういうことを考え始めて、ポロポロ涙が流れ続けていました。
ずっと、ずっと、ずっと・・・


論語では「不惑」は40歳ですよね。
いやはや、とんでもないですね。
惑いばかりの日々です。

最期を迎えるとき、いったい何を思うのでしょう。
今と同じなのかも知れません。



だから、願うのです。
娘に、そして、大切なお友達の子どもたちに、1分でも1時間でも長く、また、1回でも多く、「生まれてきて、生きていて、その実感が嬉しい!」って思ってくれるようにと。



そして、想うのです・・・・・
大切な、大好きな彼にも、そうでありますようにと・・・・・強く願うのです。






       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:04 |  日々つれづれなるまま  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.10.09(木) 01:41 |  |  【編集】
●隠しコメさま
コメント頂いた時は、まだ私の方が、何となく強そうだったのにね・・・
でも、読んでいて「もし生まれ変わったら・・・」に対するあなたの答えに、あまりに慄然としたのでした。
まだ、その答えは出したことはなかったな・・・
でも、今はそう思えるのかもしれない。
生きて、生きて、生きて・・・の緒方さんには怒られちゃいそうだけどね。

カウントダウンの感覚は、いっそう強くなるばかり。
焦る気持ち、このままじゃダメなんじゃないかと自分を責め、過去を責め、今を責め、未来を憂う。
今、この記事に向かい合い、返事を書いていることは意味があるのかもしれないね。

随分生きてきたはずなのに、先に見えるものは決して楽園じゃなく不安や焦りだということ。唖然とする事実なんだけど、進むしかないもんね。
どうか、道連れで・・・どうか、よろしく。
ごんままっち |  2008.10.16(木) 15:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索