FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2008年10月29日 (Wed)

秋の日の雑感

昨日からチラホラ見えてましたが、じんじんの映画主演が決まったようですね。
2010年公開・・・生きてるかしら?
長いスパンのお仕事になるね~
どうやら、じんじんが歌う姿が見られそうな内容じゃないですか! めちゃ楽しみですよ。

朝っぱらから、じゃにじいからのメールで、番協の案内でじんじんだったよね。横浜だって。
特別番組に出るんだね。
番協とか行ける、都会の方が羨ましいですわ。

会報とともに届いた紙1枚には、竜ちゃんの舞台の案内が・・・
終わったと同時に、次のソロ活動が入ってたんだね。
でも、今度は舞台なのね~大阪まで来るけど。どうかな~難しいな~娘がまた、悲しい顔するだろうな~中学生になる狭間の春休みっしょ? お金と嘘があればね・・・どうにかなると良いなあ~



今日は映画見てきました。 「P.S.アイラヴユー」をね。
最近、見たいの貯めてるんだけど、とりあえずこれにしたの。
秋はね・・・なんか、心が乾くのよね・・・人恋しいのよね・・・・・ちょっと、寒いのよね・・・・・
だから、めっちゃラブストーリーにしたの。
対抗馬は、「おくりびと」ですから、そりゃこっちでしょう?ね?

突然(だと思う)脳腫瘍で亡くなっちゃったご主人から、亡くなってしばらくしてから、手紙が届きはじめるの。
残してきた、可愛くて可愛くて、大好きでたまらない奥さんを支える、励ます、何とか生きて行って欲しいという願いで用意していった手紙がね。
いろんな指示があったりして、その通りに従いながら、思い出にさいなまれつつも、1年かけてまた歩き出す奥さん。

あんなに誰かのこと、好きになれるものなんでしょうか?
(って、充分好きなような気もしますが・・・・・)
あんなに誰かに好かれたなら、そりゃ、生まれてきた甲斐があるって思えるだろうなあ・・・

バカな考えなんですけどね。
雑誌に、彼が「ピンクを身にまとってる女の人が、あんまり好きじゃないんです」って話してて。
ブリブリが好きじゃないって、フォローもあるのだけど、なんかショックでさ。
別にピンクばかり着てるわけないし、コンサートや舞台にも、ピンクのブリブリで行ったことはないよ。
でも、気持ち華やぐと、そういう色選ぶ。可愛い綺麗が好きで。
「あ~~あ・・・・・」って、何やってんだろうって、それを考えること自体、アホくさいのは解ってんの。
それなのに、考えちゃって・・・
私って、全体がアホくさいわね・・・ったく。
解りきったことなのに、どうしようも、もう、どうしたってだめな人のこと大好きで、あまりにも不毛だってこと、今更思ってみたりして。
アホくさ。


ちょっとカサカサになりかけた気持ちに、映画見たら涙がしみこんでいったよ。
「誰かを好きでいる」「手の届かない人を好きでいる」ことは、主人公と同じだったから・・・かも?
わかんない。
単に、「愛」ってやつに心震えた。

だけど、エンドロールで、驚く!
徳永英明が歌いだすの! 外国映画なのに・・・知らなかったんだ。
それがもうだめ・・・・・切なくて、自分が悲しくて、どうしようもなくなってしまって・・・
声を上げてワンワン泣きたいのを、必死でこらえた。目は真っ赤。ひどい顔でしたよ・・・
でも、おかげで、たくさんしみこんだ・・・
泣くって行為は、自分を助けるんだな。 やなこと、洗い流すんだな。





帰ってきてから、個人懇談まで、時間があったから。ついに。とうとう。そう、今頃!
聞いて驚くな!
・・・・・耕作ちゃんを、やっと見終えた。

二人の気持ちが通じてから、見れなくなって。
ラストは教えてもらってたから、もう少し気軽に見ても良かったはずだけど。
あの寒い時期に止まって。少しずつ見始めたのが、夏休み。
たっぷり時間があるときにだけ、少しずつ見て。
でも。ホストのチャンピオンと戦うと宣言する時、シスターに「黙ってろ!」って怒鳴るでしょ?
あれで、また凍結。長いこと。
何が引っかかるのか、よう解りません・・・でも、気がついたら、涙ボロボロでさ。
あの怒鳴る声は、ヘラヘラした耕作ちゃんの、男としての髄。きっとそうだね。
それが、シスターをぐっと見開いた目で見て、完全に・・・・・愛してた。
物語がどうであれ、あの姿形の生き物が、あの声で誰かに愛を示すのは、私の体にはなかなか苦しいようで・・・
こっちでも、ほんっと、アホくさいです。

今日の最終回、予想通り、ラストの歌が流れながらの部分で涙が流れていたみたいです。
でも、やっと見終えた~
亀ちゃんが頑張ったお仕事を見ていないことは、ずっと後ろめたかったんです。
申し訳ないって思い続けてきたから。

 時間かかったけど。  見届けました。
 立派なお仕事だったと、私は胸を張れます!
 ごめんなさい、今まで。亀ちゃん。


泣いてる自分に、「シスターは、黒木メイサちゃんだよ! 誰かと噂流れてたよ!」なんて、脳みそのどこかが励ましてんの!
私の頭って、ほんっと変! 頭もアホくさっ!






そんな風で、愛に感動して泣いて。
現実のあまりの乏しさに泣いて。
それでも、好きな人の姿に泣いて。
壊れかけてた、あまりに儚い対象への想いを、またちょっとだけ掴んで。
涙で心を潤して。
アホくさな自分を、認めるしかなく。
アホくさなまま、引きずって、また歩かなきゃな~と、考える・・・・・そんな秋の1日。





(本日は意味不明な点が多々~~ごめんなさいです)


       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





昨日の、うっとりするような朝焼け。6時ごろです。
台所の勝手口から撮ってます。
主婦の場所から見る、小さな空。
網戸越し・・・ってのが臨場感?
朝焼け081028

関連記事
スポンサーサイト



編集 |  18:05 |  日々つれづれなるまま  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.01(土) 01:03 |  |  【編集】
●隠しコメさま
この摩訶不思議な記事に、コメントがものすごくしにくい記事に、あえてちゃんと向かい合ってくださったこと、感謝しています。
映画で泣けたこと、亀ちゃんの言葉が予想以上に苦しかったこと、耕作ちゃんが今までかかったこと・・・
バラバラのようで、ずっと深いところでは繋がっていたりします。
そして、ここに書いたことは、まさに今の私であるわけで・・・
何度も読んで下さるあなたのような方が居るから、ここで自分を書くことができます。
独り言でつぶやいているように見えて、ここで書くってことは、見せてもいい自分にまで持ってきてることでもあり、また、逆に一人ででは抱えきれなくてこぼしてしまうことでもあります。
それは双方とも、どこかの、誰かの目を意識の片隅においているわけで、そういう時、こうして真心込めたコメントを書いてくださる人がいるということそれだけで、もう救われた部分が大きかったりします。

ありがとう。本当に・・・嬉しかったです。
ごんままっち |  2008.11.03(月) 08:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索