FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2008年11月13日 (Thu)

「頑張れ・・・!」とだけ。

友達から「ドラマおめでとう」のメールを頂いて、慌てて変えたズーム。
かろうじて、亀ちゃんのメッセージを見ることができました。
ワイン通のサラリーマンですってね。
もう、主演おめでとうって言うほど、主演は珍しくもなく。
ただ、お友達がくれた言葉・・・「ドラマは距離に関係なく、誰でも平等に会えるから」に、本当のおめでとうの意味があったと、そう感じて。
舞台は・・・東京なんて、また行く資金も気力も今はないですし。
ドラマで会えるのは、とても嬉しいです。

ただね・・・・・
耕作ちゃんですら、やっと見終えたばかりで。
ドラマはね、こっちが勝手に入り込みすぎて、疲労困憊、魂抜かれちゃうから・・・
どういう筋の漫画なのか、全然知らないし、今から見る気にはなれてませんが、LOVEの部分はあるんでしょうねえ~
また苦しみますかね~  はい、ご勝手に・・・であります。

ただね・・・・・
亀ちゃんがどれだけ頑張って仕事に取り組むかは、解ってるつもり。
だから、これからの数ヶ月は「頑張れ・・・!」って言葉だけ、しっかり胸に抱いて。
それが、ずっとずっと途切れることなく、彼に届くように送り続けましょう。
それしかできないから・・・・・・・
だって。
仕事に全力投球する彼が、あまりにも好きですから・・・・・・・
例えば、満点の空に輝く無数の星のひとつになって、ずっと「頑張れ・・・!」を送りたい。
月の輝きに負け、明るい星に負け、地球の自転と共に離れてしまって、彼からは見えなくても、
ずっとずっと彼を見ていたい。想っていたい。
放送もリアルタイムで見ることはないでしょう。
録画だって、すぐ次の日に見れるとは限らないですし・・・
(ただ、金曜でなくて良かった~~)
だから、たった一つの言葉だけを、胸にしっかり抱いていたいと思います。
   「亀ちゃん、頑張れ・・・!」
自分が、消えてしまわないためにもね・・・




マニュアルを読んだ時から、なぜか、聖くんの格言が、頭から離れないでいたんです。
何を意味するのか、本当に解るの?って、自分に何度も聞いてみていました。
彼が意図すること・・・なんだか難しいような、単純なような・・・
彼は周りをとても大切にする人だから、一人で生きていくことなんてできるわけがないと、そう思ってると思えました。
人間そんなもんじゃない。一人で・・・なんて思ったって、気づかないうちに誰かと関わって生きてるもんで。
そういう事実を、しっかり刻め・・・ってことなのかな?
だから、周りを大切に思えって。
一人でいようとすることよりも、自分の周りを大切にして大切に思うことに、力を注げって。
それでいいのかな?
まだ、ずっと考えています。

「舞台は行けないから悲しいんだよ。ドラマはなんだか苦しくなるんだよ。」
などと、ファンにあるまじきぼやきでも、共有して、あるいは、寄り添ってくださる人がいること。
私も孤独になるより先に、周りに感謝をしたいと、それは思っているのでした・・・





今日は少し揺れています。
「雪の華」は、やっぱり中島美嘉のほうが、断然いい。断然好き。
今日は、これを歌うと、泣けます。
悲しくないのに、なぜだろう・・・・・・・

 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った・・・

優しい気持ちも、彼からの贈り物です。




       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



【More】








古くからの友達が、わざわざこっちまで来てくれて、一緒にランチを食べました。
前に会った時、BEAMSの話をしていたのですが、
早いけど・・・と、誕生日のプレゼントにと、スカルゴムの白をくれました。
ゴールドは、買ってきてもらいました。
これで、4つになっちゃった

普段会いもしないのに、何気ない会話で途切れることなく話せます。
いいやつだな・・・と、しみじみ思えることは、幸せです。

聖くん、こんなんで良いのでしょうか?
格言は、生きている?かな?






関連記事
スポンサーサイト



編集 |  18:22 |  亀ちゃん的日々  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.14(金) 02:09 |  |  【編集】
●隠しコメさま
こういう風に言っては罪作りではありますが、静寂の時は終わり、喧騒がどんどん近づいてきていますね。
普通に楽しみにしてりゃいいと、本当にそうしたいと願ってはいます。
でも、先に悲しいこと考えてしまうことを、出来ないと認めるしかない時に、それを解る人はいても、同じな人はなかなかいないと思うけれど、そういう時、あなたの存在は救いだったりします。

テレビが見れない・・・それだけのことなんです。ホント、それだけ。
でも、なぜに傷つくのでしょうね。
防止するように引きこもってもいるのに。
わがままなのでしょう・・・この歳で。救いようがありませんなぁ~

「ただ逢いたくて、もう逢えなくて、唇噛み締めて泣いてた・・・」by EXILE
もう・・・ではないけれど、逢いたくて逢えなくて泣いてしまうこともあると・・・だとしたら・・・ありがとう、そう、一緒にね・・・。
聖くんの格言どおりに・・・だよね・・・
ごんままっち |  2008.11.17(月) 15:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索