FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2009年04月23日 (Thu)

小説風幻想「横顔」 第3回

仕事中、事務の子の携帯にお友達からメールが入った様で、教えてくれました・・・草くんのこと。
冗談かと、二人して思い、すぐにネット検索。
調べるまでもなく、次々に記事が見つかりました。

お酒が大好きなんだそうですね。
こんなお仕事していなかったら、こんな騒ぎにはならなかった出来事かもしれないです。
たった一人で、深夜、自宅のすぐ傍の公園で・・・
心の奥に何か抱えたものがあったのか、普段から、そんな飲み方していたのか。
今頃、どうしようってパニックになりそうなんじゃないかな・・・

たった今、ニュース速報で、自宅に家宅捜索まで入るとのこと。
つぶれそうな草くんの気持ちを思うと苦しくなります。

メンバーは、どう受け止めるでしょう。
稲垣くんの時も、耐えて、頑張って、乗り越えた。
ドラマの現場などにいて、共演者の方と一緒なら、気まずい雰囲気も味わっているかもです。

こういうお仕事の持つ、そんなプライベートまで律せねばならないという立場。
関わっている方があまりにも多いということ。
メンバーという人間がいるということ。
代わりがいない仕事であること。
何か起これば、あまりにも騒ぎになり、影響は大きいということ。
・・・そんな側面を抱えながら生きていること、改めて思いました。

つい、亀ちゃんだったら・・・KAT-TUNのメンバーだったら・・・と考えちゃいます。
第1報を聞いたとき、そうじゃなかったことに、ホッとしたのは正直な気持ちです。
お酒に関しては、例えばPちゃんも、「飲みにいった」とは、まず書かない。
NEWSには、染み付いたような記憶。
事務所からは、お酒については更に気をつけるようにお達しされるかもしれないね。
じんじんとか、聖くんとか、亀ちゃんもすっごく飲みそうな気がするもんなあ~
たがを外して飲むこともなかなか出来ないだろうけど、たまるストレスの解消が出来ますように・・・と、祈らずにはいられません。

誰かを傷つけたわけじゃないし、
何かを壊したわけでもないし、
ただ、やりにくくなった仕事。
草くんが、SMAPメンバーが、そして、何より応援している方々が、早く笑顔に戻れるようにと、心から祈っています。
反省すべきことはきちんとけじめをつけ、またたくさんの人を笑顔にする仕事が出来ますように。
頑張って欲しいです。

んで・・・・・亀ちゃんも、飲みすぎには注意して、楽しいお酒が飲めますように。








昨日は、家庭訪問でした。
長年の読者の方にはおなじみの、我が家の家庭訪問といえば、この花が咲いてくれます。
モッコウバラ2009
モッコウバラが満開です。
いつも生垣が伸びて、外から見えなくなるので、今年は、先週頑張って剪定したので、道行く人からも見えちゃいます。
また、昨日も快晴でさわやかでした。
空の飛行機雲が、ぐんぐん伸びていきました。
飛行機雲090422

中学の先生はとても良い方ですが、なんと言うか・・・
幼稚園、いやその前から、娘に関わって下さった先生方って、仕事を超えて、子どもが好きだから!っていうのがにじみ出てくるような先生ばかりだったんです。
さすがに中学は忙しいようで、ちょっとビジネスライクな感じだったかな?

今、娘は部活をどれにするかで、すごくすごく悩んでるの。
今週は仮入部の週でね。時間の使い方、他にやりたいこととの兼ね合い、友達との兼ね合い、
そして、かかる費用とかまで考えちゃってくれててさ・・・
だけど、もう、先生だって親だって、最後には決めることは出来ない歳だもんね・・・
悩んでる姿見ながら、自分の中学の頃を思い出して、話してみるくらいしか出来ないけど・・・
何か決め手が見つかって、早く部活が決められると良いね。
スッキリと、中学生活、進めて行けたら良いね。






All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





【More】









 小説風幻想「横顔」 第3回



嵐がひどくなり、ポニョは海に戻され、そして再び人間の姿になって、宗介を捜して波の上を走ると、和也はますます真剣に見入っていた。
まるで宗介になって、ポニョを一生懸命捜しているみたいなの。





人間になったポニョを、大して不思議がることもなく、お家で面倒見る宗介のお母さん。
あ~やだ。私ったらまた妙に論理的!って、頭ブルブル振りそうになった時、
彼の小さな呟きが聞こえてきた。
画面ではポニョがご飯を食べながら眠っちゃってる。

「あ~あ・・・食べながら、寝ちゃったよ・・・。小さい子って、あんなだよね。
食べてる・・・かと思ったら、目つぶって、頭ふらふらさせて、突然寝ちゃうの。
ね、めちゃめちゃ可愛くね?」

始めは独り言だったようなのに、最後は問いかけてきたよ。
姪っ子ちゃんでも思い浮かべてますか?ふふ。
答えようとして横向いても、彼は、問いかけたくせに画面は見つめたまま。
ポニョの世界にどっぷりはまってきた、和也の横顔に見とれる。
見とれる私に、時々気がつく彼。
眉を上げて、「ん?」と無言で問いかける。

「どうかしたの?」・・・だよね。

軽く首を振って返す私。

「なんでもないよ」・・・だよ。

そうしたら、彼は笑顔になって、ポップコーン、ビール、また真剣な瞳。





人間になって間もないポニョは舌足らず。そして、何もかもが不思議でたまらないんだ。
『ねえ、そうすけ?○○○だよ!』
『ねえ、そうすけ?どうして○○○なの?』
『ねえ、そうすけ?○○○しようよ~』
話すたびに「ねえ、そうすけ?」がくっつく。
それを見ていた横顔が、囁く。

「なんか、かりんみたい。お前が甘えてる時って、『ねえ、和也』がくっつくもん。」

「そ、そんなことないよ・・・・・ポニョと一緒にしないでよ~」

恥ずかしくて言い返す。

「映画館ではお静かに~」

横顔が振り向いて笑いながら、人差し指を唇に当てて、小さな声で言う。
私はきっと、言い返せなくて、口を尖らせていたんだろうね。和也のその指先が私の唇をつついた。
次に、彼は二人の間に置いていたポップコーンを、私の膝に乗せ、そのぶん体をぴったり寄せて、手を繋いでくれた。
確かに、後ろには誰もいないけど・・・。
心臓の動きが早くなってく・・・。
(ねえ、和也?・・・・・とっても、とっても・・・だあいすきだよ・・・)





しばらく繋いでくれていた手は、やがてビール、ビール、そしてポップコーンってなった時、それを掴み取りに行って離れてしまったけれど、二人の距離はそのままだった。
だから、ポップコーンは私の膝の上にある。
私の右半身には、和也の体温が侵入してる。
そして、近くなったその横顔に、また時々見とれた。
でも、ストーリー展開と画面の迫力が増してきて、すっかりのめりこんでる彼はなかなか気がつかない。
膝を抱えたり、足を組んだり、組み替えたり。
前に乗り出したり、背中をシートに沈めてみたり。
それでも私と和也は、いつもどこかがくっついてる。太もものあたりだったり、肩だったり、膝だったり、手だったり。
だから私には、映画のお話が、ちょっとBGV化してきちゃった。
暗がりで眺める和也の横顔のほうがいいんだもん。
そして、たまの「ん?」って言う問いかけが、大好きなんだもん。
横顔を見ていると、「ん?」のおまけまでついてくる。私には、最高の時間だよ。





洪水の街、魔法で大きくした船に乗ってリサ(宗介のお母さん)を捜しに出かける二人。
ひどい洪水だというのに、なんだか余裕のある、明るい顔の街の人々。
(そっか・・・まあいいっか・・・・・もういいや~)
いろいろよぎる頭を無視しちゃおうって、やっと慣れてきたこの頃、宗介の船が止まっちゃう・・・
ポニョは寝てしまって・・・
水に飛び込んで、泳いで舟を押す宗介くん。

「おっと!、舟泳いで押してるよ。宗介、男じゃん!」

小さな感嘆の声を漏らす、お隣のきれいな男性(笑)。
小さな宗介くんに感動してる。
宗介くんの行動に、勇気に、ポニョを人間にすること、世界を救うことがかかっている。でも、一つ間違えばポニョは泡になっちゃうこと・・・見てるこっちは、何となく解ってるから、応援したくなるよね。
でも、ホントに、和也は真剣そのもの。応援ってレベルじゃなくて、本気!って感じ。
そのまっすぐな瞳。強いまなざし。
私が「ついていく」って決めた人が感じている、男らしさ、責任、勇気、成し遂げようとする力。
そういうものに真剣になる彼を見つめることに、私は真剣になっていった。





お話は終盤に向かう。
小さな宗介くんは、この世を救う手段がポニョを完全に人間にすることであり、その為には宗介くんが
『ポニョを、その本当の姿が魚であれ、半魚であれ、受け入れて好きでいられるか?』・・・にかかっていることを聞かされちゃう。
でも、宗介くんは、戸惑うこともなく、顔色一つ変えず、間髪置かずに答えたね。
『僕は、魚のポニョも、半魚のポニョも、人間のポニョもぜ~んぶ好き!』
答えたあと、言われたとおりに、魚のポニョとキスをして、ポニョを女の子にした宗介くん。
和也の真剣な顔が、一気に崩れた。優しく笑ってる。とっても嬉しそうに。
そして、私の手を取って、しっかり握ってくれた。
軽く握り返して、お返事をする。
(うん、うん、良かったね。宗介くんの自分でも気がついていない、おっきな愛にじ~んとするね)







       →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  16:44 |  小説風幻想「横顔」  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.04.23(木) 22:52 |  |  【編集】
●隠しコメさま
結局、行き過ぎた捜査だ~などという意見も多く、多少安心しましたね。
同じジャニファンの方々がどれだけ苦しんでるか・・・と考えただけでも、苦しくなりましたからね・・・
あのあとぷっすまでも、「剛がやらかしましてね・・・」とユースケさんがちゃんと発言してるの見てホッとしましたもん。

モッコウバラは恒例の記事になりました。覚えててくれたんだね。病気にならず、手入れは切るだけ、棘もなく元気なバラです。家庭訪問の花です。
そちらは今頃が家庭訪問だもんね。何かお花、咲きましたか?

お話にドキドキしてくれたのね。「ん?」は頭の中に浮かべるのにホントに大好きな表情でね~
勝手に映画に入り込んで、時々こっちに気がつくような、そんな少年みたいな所、書いてみたくて。
そのくせ、スッと手を繋いでくれたりする・・・それがまさに亀梨和也でありますっ!(笑)
ごんままっち |  2009.05.08(金) 16:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索