FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2009年05月22日 (Fri)

コーラスと幻想のコラボ~企画編

このカテゴリーにしたの、久しぶりだわ・・・

今夜で8日間は終了ですね。
疲れてないわけないよね。
楽しんでるのは解ってるよ。
さあ!長丁場のラスト!
届ける言葉、これしか見つからなくて。ごめんね。

頑張れ!亀梨和也!
誰よりも、輝いて!
ここから、いっぱい応援してるよ!




亀ちゃん、今夜は、明日は、少しゆっくりできるといいですね。
つーか、マニュアル書いてくれてないし・・・
お友達がずっとドームに居るから、元気なことは解ってるから、心配しなくて済むけどね。




さて、蚊帳の外には特にネタもなく。
今日は「それから」の日に・・・
でも、表題とカテゴリーで、亀ちゃんから外れた日常は存在しないってことですけどねっ!

前にお知らせだけしていましたが、今回コーラスに幻想を取り入れることにしました。
曲は・・・ここを覗いてくださる方なら、年齢的に大丈夫かな?・・・サーカスが歌ってた「アメリカン フィーリング」です。

まずは、その歌詞を改めてゆっくりと読んでみてください。

アメリカン・フィーリング/サーカス - 歌詞GET

このコーラス楽譜の編曲がね、「一人旅の・・・」の前に、かなり長いピアノの時間があるの。
計ってみたら、1分くらいあった。
昔、この曲聞いた頃は、妄想癖とかなかったから、特に深く心理とか考えたことなかった。
子どもだったはずだし。
でも、私は歌を歌うとき、ものすごく歌詞を大切にするし、いろいろ考えてしまうのだけど、
この歌の歌詞を読んでてね・・・


女性が飛行機の機内で一人。エアメールを取り出して読み返してる。
自分の仕事、居場所、生きかた・・・しっかり持ってる女性。
その人は、一人であちこち旅をしてきた。
日本に戻ったら、エアメールが届いてて。
そのエアメールを受け取って、その文章で、心を決めたの。
一人で居ても、離れていても、いつも彼のことを想ってた。
彼は遠くアメリカ、ニューヨークにいる。
一人で彼だって頑張ってる。
いろいろ迷いがあった。行きつ戻りつ悩んできた。
でも、決めたの。
それを読んで、決めたの。
大切なエアメール、また読み返して。
向かうの、彼の元へ。
今、飛んでいくの。アメリカへ




こんな感じじゃないでしょうか?
美智子様や雅子様もプロポーズや噂のころ、きっと悩まれて、また、喧騒を離れて海外へ一人で行かれたんじゃなかったかな?
自分をしっかり持ってる女性。
その人を認めている彼。
だから、その間奏の時、女性が読み返してるエアメールを披露したいって思ったの。
実際、1分間何にもしないでいるのは、めちゃ手持ち無沙汰だし。
それで、さっき書いたイメージを話して提案!
みんな優しいから、OK出してくれました。

それで、1分で読めるお手紙を試行錯誤の末、書き上げて、先日のスプリングコンサートの時に披露しました。
部員に元スッチーがいるの。
だから、機内アナウンスを英語で小さい声で流してもらうとこまではできた。雰囲気作りのためにね。
でもさ~このスプリングコンサートは学校でのミニミニイベントだから、場所も和室で、声が通らなくて聴こえなくて、お手紙の気持ちは全然伝わらなかったようで・・・
実験段階としては、ちょっといまいちの出来でした。
それで、今度、近くのPTAコーラスが集まって、発表交流やるのね。その時は、マイクでやったら?って。
その予定・・・


お手紙書くときね、いろいろ想像してると、どうしてもどうしても「かりん」になっちゃう。
彼が和也になっちゃう。
だから、もういいや!って、そのまま「かりん」と「和也」で書いたんだ。
というわけで、幻想とコラボしたわけ。
二人のシチュエーションとか、人物像とかは違うよ。
でも、名前がこれじゃなきゃ書けない・・・つか、そうなちゃってさ~


じゃ、とりあえず、企画段階でしたが、書き上げたお手紙は今日披露します。



レースのライン下向き~ウタノツバサ

かりん、元気か? 一人旅はどうだった?

お前は自分の世界がきっちりあるやつだから

悩んでるのも 迷ってるのも 解ってたつもり

でも、こうしてしばらく離れてみて すごく感じたんだ

やっぱり俺たち 一緒に居るべきだって   

お前の答えはまだ解らないけど

俺の気持ち  航空券  送ります

是非来て欲しい 俺の元へ

こっちで一緒に暮らそう  


和也 from N.Y.

レースのライン上向き~ウタノツバサ



んで、なぜこの記事が「企画編」かというと、この手紙だけじゃ、伝えきれないものがあると気がついたから。
だから、曲の始まる前に、ピンクの文字の部分を、もう少し完成させて最初にナレーションすることにしました。

私は「かりん」役なので、手紙だけ読みます。
ナレーションは別の人に頼みます。


このシチュエーションと気持ちが、聴き手に届くかな?
完成編は、出来次第披露します。

そして・・結果編はどうなるでしょうね?
ハラハラしますよ。音を外しそうです
うまく行くように、祈っててください・・・つか、アイデアあったら、お寄せください!








All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・




関連記事
スポンサーサイト



編集 |  18:29 |  亀ちゃんパワー  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.05.25(月) 23:34 |  |  【編集】
●隠しコメさま
アメリカンフィーリングを当時聞いていたとき、もっとはつらつとしたアメリカに憧れるようなイメージを抱いてたんですよね。
だけど、歌詞をじっくり読むと、確かにさわやかに前を見ているのだけれど、それまでに経た道程にいろいろなきゃ、一人では乗っていないような気になってきて・・・
しっかり繋がった二人。でも立場の違う二人を頭の中に据えるとなぜかしっくり来て。
そういう二人は、名前が・・・だったわけです。

照れくさく、くすぐったく・・・かあ。
「こういうの言われてみたい」ってつぶやいてくれた部員が居ました。
そうなんだよね・・・この二人の名前を使って書くとき、私の願いが強く出ちゃう。
この中の和也は、多分ニューヨークでお芝居や歌の勉強をしています。一人で住んで英語で生活して、オーディションは落ちまくりで、もう、くじける寸前まで行ったけど、歯を食いしばって耐えてきた。いつかかりんを呼び寄せたい。社長にも認めてもらいたい。正々堂々と、かりんと並んで歩きたい。
そうして頑張ってきたの。
かりんは海外ではライセンスが通用しないから、仕事も自信も無くして、和也に頼るだけの自分になるのを恐れたの。傍にいるだけで英語も話せないのに何ができるのか?自分自身はどう保てばいいのか?一人残す親はどうしたらいいのか?

だけど・・・・・なんだよね。
コメントのお礼に、深い真理とシチュエーションををプレゼントv-25
相当な妄想オタクだよね~(笑)
ごんままっち |  2009.05.28(木) 16:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索