FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2009年08月06日 (Thu)

Beautiful Boy-その傍へ

実感の全くない梅雨明けして、青空も見れないまま、暑くなるだけなってます。
今日もにわか雨が降ったり止んだり、時々晴れたり・・・
今年、入道雲は絶対見てないの・・・暑いだけで、じめじめしてるだけで、夏!らしさは全然ありません。

8月に入って、娘の部活がなくなった(放送部は7月末のアナウンスコンテストが終わって、7月いっぱい活動したら、お休みなの~)ので、家にいるときは、録画だけして見ないでいた、我が家のアーカイブスを見ては消し、見ては消しの作業もしてます。

さっき、NEWSの「恋のABO」でのMステ初登場を見てたら、一緒にコブクロが出ててさ。
コブちゃんが着てる青い、ピカピカしてるジャケット、どう見ても、どう見比べても、RESCUEで亀ちゃんが来たあのジャケットと同じにしか見えなくてさ。
胸のポケットファスナーの位置も、ファスナーが黒いのも、どう見ても一致しちゃって!
きっと、「今頃?」って思われるだろうけど、二人で幾度も見比べてました。

そして、コブちゃんには申し訳ないけど、着こなしによって、同じにしか見えないお洋服が、こんなにも雰囲気違って見えるもんなんだな~って、ニヤニヤ・・・
やっぱ、亀ちゃんってカッコいいわ~





バタバタしつつも、こなすことはこなさねばと、午後しかやってなくて、終了が危ぶまれた「エヴァンゲリオン 新劇場版 :破」を観に行きました。

この4連作だという1作目「序」を見たのが、エヴァとの出会いでした。
これを見たときの、なんともいえない、胸をかきむしられるような感覚を、当時書きました。

でも、この「破」は、前作以上に、苦しくなるような感情に襲われました。

運命を決められ、孤独で抜け道のない、エヴァのパイロットたち。
悩み、惑い、反発して、それでも、「誰のため?」「何のため?」と、繰り返しながら、あるいはコックピットだけが自分の居場所、表現できる唯一の場所となっていたりして、その刹那に浸る暇もなく、次々と遅い来る使徒との戦いを余儀なくされる。

一部の大人や、親との確執。
信じて、夢見て、暖かさを感じて・・・次の瞬間、土足で踏みにじられる。

それでも戦う。
何か掴みかけたから。
暖かい何か。
自分以外の人の為に、命さえ惜しくないと思える程の願い。

号泣でした。
孤独の淵・・・はい上がろうとする魂。
その強さもだけど、あまりの哀しさ・・・

エヴァは難解です。疑問だらけで終わります。
だけど、バイロット達の深い深い心情は感じることが出来る。
それがあるから、逆に難解な・・・というか、疑問なあれこれが次第に知りたくて、全貌が解りたくて、また見たくなる。

そして・・・・・
「序」のこと書くとき、確か題にしたんじゃなかったかな。
主題歌、宇多田ヒカルの「Beautiful Boy」がまた流れて・・・

この歌の意味も結構難解だけど(笑)
でも、私のBeautiful Boyが現れる。

  もしも願い一つだけ
  叶うなら
  君の傍で眠らせて
 どんな場所でもいいよ

パイロットたちの孤独・・・
私がBeautiful Boyに会えなかったら、私が沈んでいたかも知れない淵・・・

  「眠らせて」
暖かい休息?それとも、永遠の?
私は、多分違うだろうと想像しながらも、永遠の方に思いがシフトする。

一つだけ叶う願いなら・・・
たった一つだけなら・・・
君の傍で・・・・・眠れるなら、それで全てが、抱え込んだ全てが癒される・・・そんな気がしてしまう。




エヴァは、切なくさせます。戦いという、非情な世界での、小さな浮遊する心たち。
私も、切なくなり、彼を想うのです。




私のBeautiful Boy。
明後日です。
「頑張って、楽しんでね」
笑顔で言ってくれた同僚に、友達に感謝しつつ。
傍へ行ってきます。




All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・




関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:26 |  1歩ずつ亀ちゃんに向かって  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.08.08(土) 02:20 |  |  【編集】
●隠しコメさま
ありがとう。

私、エヴァが最初にもてはやされた時は、全く興味がなかったんだ。でも、食わず嫌いはもったいないってこれは思えた作品。楽しみ方がいろいろできる作品だと思うけど、私は心理描写第一重視型の人だから、その切り口で見ると、深い、深い・・・
逆らえぬ運命や、孤独とか、かなり好きかもです。
根暗なんだろうし、ネガティブ浸り型なんだろね・・・ダメね・・・

永遠・・・これは「眠り」に関して考えた時にシフトした言葉。
「君の傍で眠らせて」という時、暖かい休息だとしたら、私には手が届かないだろうって、そう思えたの。
永遠の眠りの方なら・・・もちろん叶わないけど、でも・・・
最後の最後の瞬間、彼のこと浮かべられる自分でいたいな・・・なんて考えたりね。
彼が最後の人だったらいいな・・・と考えたりするしね。
そんな感じかな・・・

たった1回のアリーナ体験、とても近く感じてステキな体験でした。
帰りの車内でのメールは、あなたへの恩返しになったかなぁ・・・いつも返せてない私でごめんね。
ごんままっち |  2009.08.20(木) 18:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索