FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2009年08月09日 (Sun)

広島の彼、そして私。

ゆっちの上げてくれた写真と同じで、昨日の広島の空も青く、高く、白い雲が上へと伸びていて・・・
それはそれは、暑い日でした。
2009年8月8日、土曜日。

玄関を出て、車に乗ってから、JR、新幹線と乗り継ぎ、約2時間くらいで広島に着きました。
コンコースはすごい人!
夏休み、野球、観光、帰省、そしてKAT-TUNコンサートと、いろいろな目的の人が混沌として。

その中で、友達と会って、お昼を食べ、
別れて、チケットを取って、「おいでよ」と声を掛けてくれる友達と合流し、
バタバタと会場へ向かいました。


私は幸いにも、亀ちゃんの姿を見るのは少しの間があるだけなのですが、
ライブという場は、1年ぶり。
バカだよね~体がどう反応したらいいのか、迷ってるのが分かった(汗)
でも、そういうの考える暇もなく、ライブの幕は開きました。


6人が出てくる場面は、雑誌で見たドームのように横1列で・・・
でも竜ちゃんは完全に仰向けで寝てて、姿が見えなくて~(笑)
双眼鏡で探して、いつ起き上がるのかが気になって仕方なかったですっ!(笑)

以下、順番はもうごちゃごちゃ。
自分がうろ覚えに覚えてること書いてみます。







各自のソロではメンバーがバックにつくんだね。
田口くんの歌い出しでは、聖と一緒に! 「この風に乗って・・・」まで。
この二人の声が合うなんて、初めて思いました。 対極的な感じの二人だし、なんかすごく素敵だった。

亀ちゃんソロは、味わいが二つにきっかり分かれてる気がしました。
前半は竜ちゃんといっしょに、エロいダンス。
良く見せてくれるしなやかな彼のダンスと違い、ポージングしながらのような~私が見た中では離さないで愛とは違うエロさって言うか。カッコいいエロですね。

ステージの高いところで着替えをして後半アコースティックへ。
着替え中に河合ちゃんがマイクを持つ。
亀「河合、髪切った?」
河合「はい、さっぱりとっ!」
河合背中眺めつつ「いいですよね~ 背中で語る男ですね!」
亀ちゃんが、着替えながら、裸の背中でくねくね動く。
「あれ?もしかして、今‘ひろしま’って書きました?」
亀ちゃん、頷く。
「そうですか! 当たりですか! さすが俺、亀梨和也の気持ちが解る!」
そんなやり取りが。

亀ちゃんも作詞に加わってる歌。自分が抱く気持ちを、ストレートに届けようとする単純な素朴な詩。
どんな気持ちを込めたのだろう・・・そんなことに思いを馳せる。
まだ、未熟っぽいギター・・・挑戦して、成し遂げた彼の自宅で弾いてる姿を想像してしまうのでした・・・
ただ、モニターには今までのドリボのシーンが出るの。
これって、曲を味わおうとすると、ちょっと私の頭ではちぐはぐで。
だから、見ないようにして、彼だけを見つめていました。

竜ちゃんのピアノは圧倒的です! 指の動きがどアップでモニターに映るから・・・「ホントに弾いてるんだ・・・」って。 感動です。
バックにはロミジュリのシーンが流れる・・・これは竜ちゃんが曲作る時にロミジュリのハッピーエンド版をイメージしたって言ってたから、すごいぴったりで。その笑顔も。
この曲大好きでね・・・涙出ちゃった。

中丸くんの時は、バックが田口くんと聖のダンスで豪華絢爛
聖くんってRAPがあるから、群舞のときずっと踊らなかったりするじゃない?
でも、田口くんと踊って、カッコよかったな~~





MCはまるで2回あるみたいな構成なんだね。
1回目は短めで、告知ばかりで終わっちゃう。亀ちゃん下手の階段に座って。
メンバーと離れてるのを心配したけど、反対側には聖くんが結構離れて立ってて、遠くから見たらバランスよく居たのかな・・・

2回目というか、手品コーナーはびっくりでした。
聖くん王様は、黒い髪が恥ずかしいと、何度も何度もテレテレで言いながら登場。
鼻をかんだティッシュを投げ捨てると、ボッと燃えたの。

喉が渇いて、ワインを飲みたがると、「ワインの雫」が登場。手には風船。
ワインカッターでバン!と割ると、ワインに変わってるの。
前髪をやたら気にする亀ちゃん。
聖「邪魔くさいのか?」
亀「この前髪、かっちかちやねん」
聖、腕をたたきつつ「かっちかちかあ!」
亀「んで、時々ここに(鼻の穴)入って、痛いんだ・・・」
で、聖が大笑い!

ワインをひょいと出したグラスに注ぐ、「デキャンタージュか?」と聞かれながら・・・
すると、グラスを持つ左手を離しても、ワインボトルと繋がってて!びっくり!

竜ちゃんは、ちょっと出て来て、すぐに戻ってしまって何もせず(笑)
一人残された聖、「俺、一人でどうすりゃいいんだよ~」って笑うの。ドリボで亀ちゃんが被りものに夢中で一人になってたの思い出したよ。
かなり驚きの手品ばかりで楽しい~

仁の時、「持ってきて~」ってきたのが日替わりで、河合ちゃんと五関さま。
五関さまに一芸を命じて、‘中丸くんのお手振り’って宣言してから、話が脱線へ。
五関さまが24歳で聖と同期、他のメンバーはみんな後輩だってこと、知らなかった??「へ~~」みたいな仁。
亀ちゃんは五関さまと仲良しを強調。誕生日プレゼントあげたって。
五関さまは、腕をまくって、ボタン状のものがついてるゴムのブレスレット?ほら、スカルみたいなやつね。「これもだよ」って見せてくれた。
亀ちゃん、メンバーにもあげてないのに・・・って。
田口くんが、もう何年も約束のチョロQもらってないとか。
亀ちゃんは、一人にあげ損なうと、誰かにだけあげて、誰かはあげないとかなるから・・・って。


アリーナだったんだけど・・・そ、KAT-TUNで初めてのアリーナ!
ムービンっての? DVDでしか見たことない、透明の大きなのがアリーナを通ってく。
その下じゃなくて、すぐ脇にいました。
トロッコが通るときは、竜ちゃん、ゆっちとか、すっごく近く思えてドキドキしたよ~
ムービンは亀ちゃんは真ん中辺りに乗るから、遠いし死角が多かったよ・・・

サイン入りポスターを2名にプレゼント。座席番号でね。
外れたに決まってるっしょ!

バックはABC-ZとMis Snowman
バンドはFIVEでしたが、キーボード石垣くんじゃなかったよ。



MOONに次いで私の大好きなSadistic Love! これの亀ちゃんと竜ちゃんとのハモり最高に好きでね~
もう幾度も幾度も聞いてて。 亀ちゃんになったり、竜ちゃんになったり、どれだけ歌ってきたことか。
それが、その部分だけ、ステージに二人になって歌ってたの。
カッコよすぎて、どうにかなりそうだったよ。
あれだけでライブに来た価値ありなくらい!
あれこそライブの醍醐味! 大感動! 大感激でした。


NEIROはね・・・やっぱりじ~んと来たなぁ
「帰る場所は君が奏でる」を6人が全員歌うから、6回になってるのね。
そして、最後の最後の「音色♪」を、「一緒に!」って亀ちゃん(多分)に言われて、一緒に歌う。
歌が始まってから、ウルウルしてたんだけど・・・
やっぱり、最高は「寂しくて揺れる夜は いつも君に会いたくなる 君が笑顔くれるから また元気になる」の亀ちゃん。
何度聞いても、心に染み入る歌声。 
・・・なみだ・・・・・ぽろり。





実はさ。
亀ちゃんの腕に、注射針を刺した後に貼る、正方形の小さな絆創膏があったんだ。
MCの時、「夕べはずっとテレビ見ていた」って、メンバーにも話したの。
さっき書いたとおり、MCでは階段に座ってたし。
上まぶたが重たそうな印象はあった。
お隣のお友達に言ったら、「熱出してたらしいよ」って教えてくれた。
あれだけ汗かいて、熱があれば、当然脱水症にならない様に、点滴したほうがいいもんね。
夕べ・・・もしかしたら朝からもやってたのかなって思った。
体、相当だるいだろうなって。
私さ、患者さんの気持ちを推し量らなきゃ出来ない仕事じゃん。
「辛かったですね」とか「よかったですね」って声かけて、「お大事に」って別れるじゃん。
だから、そういう動きをするのね・・・推し量ろうとするの。絆創膏ひとつで。
それで、すごく心がチクチクしてきつかった。

でも、言い聞かせたの。
ライブ会場にいる私、ステージにいる彼・・・なのだから、あの場で出来るのは懸命な応援だけだって。
そう言い聞かせた。
だから歌ったよ。彼とハモる為に練習してきたパートを。一生懸命に歌ったよ。
そして、ライブ会場でだけ、お友達に去年許してもらった「和也~!」って、叫んでた。
たいていの人は「亀~」とか「亀梨くん!」とか叫ぶのかな。
広島でのお友達はこの二つ。
で、なんか失礼かな・・・とか思いつつ、去年おずおずと切り出して、「ぜんぜんいいよっ!」って言ってもらえた「和也~!」の叫び。
なんと言うか、彼に直接逢えた時だけの、一番口にしてみたい言葉なのよね。
大切な、その時だけの・・・ね。

体調をものすごく気にしつつ、心配しつつ、
同じくらいの力で、心配じゃなくて応援!って言い聞かせつつ、
だけど、彼の歌声は伸びやかで、柔らかで、少し低めの響きが心地よく酔わせてくれました。

踊る姿は、なおさら心配になりそうだったけど、逆で、それを忘れさせられるほどの切れのよさ、なめらかさを併せ持って華やかでした。



アンコールは1部でもありますし、1回のみであっさりと、会場は静かになり終わってしまいました。






約1年ぶりの広島でした。友達に会えたこと、話せたこと。
やっぱり、顔を見て話すって、メールとは違う感触だね。
差があるわけじゃないけど、違う感触なの。
ちょっとスリリングで、温度感が高い。
でも、1年の月日の流れは、一瞬で埋まってたし。嬉しかった





亀ちゃんの回復をひたすら祈りつつ。
福岡でまた。
また会えるね…






All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



【More】





亀ちゃんファンでもなく、ジャニファンでもない、職場の同僚から、出かける頃にメールをもらったんだ。

どんだけ苦労して、嘘ついて行くか知ってる人。

私の楽しみな顔も、不安な顔も、旦那に言えたときのホッとした顔も知ってる。

その人から「頑張ってね!楽しみだね!」って。

嬉しさ通り越して、ありがたかった。



帰り道、一人。路面電車に乗ってると、娘から電話。

「ママ。ご飯炊かないかんよね?」

朝から慌てて、炊飯器をセットするのは完全に抜けてました。

もう、それでもちゃんとできる娘。

鍛えといて良かった・・・ 

ううん。ありがとね。 最高だよ、君はさ!





 →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  14:11 |  KAT-TUN的日々  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.08.18(火) 17:06 |  |  【編集】
●隠しコメさま
コメントありがとう。随分経ってからだって、いつだって大歓迎だよ。ここの記事はいつも期限ナシ公開なんだから、コメントだって期限はないんだよ~♪

NEIROのこの歌詞は、いつも自分が思っていることを、彼が、彼の声で歌ってくれることで、観劇ひとしおですよね。
CDで聞いて聞いて、何度も聞いて。それでも、目の前にいる彼が歌ってくれている姿の感激は、ライブの醍醐味ですね。
ドームの様子は何にも知らず、調べず、いつも素のままで行ってしまう私。またこの歌で、人間の「声」と言う音の素晴らしさも再認識できたよ。

泣けるくらい素敵なこと、泣けたことの思い出・・・
そんな素敵なものをくれる彼って、本当に大切な存在ですね。
また、同じ気持ちで彼を見つめたことも嬉しかったね。
また、次・・・だから。楽しみです。
ごんままっち |  2009.09.15(火) 18:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索