FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2009年09月25日 (Fri)

魅・帝劇~Tokyo 1

2009年9月20日は、快晴でした。

朝7時45分ごろ、車で家を出ました。職場の駐車場へ・・・
そこで、カジュアルにしていたバッグをエナメル質なものに取り替えて、歩いて駅へ。
JR、地下鉄と乗りついで・・・そうそう!地下鉄はぎりぎりでいったん閉まったドアを開けてもらって飛び乗りました! 
「ラッキーッ!」思わず声がでて・・・
そうして空港へ。

すごい人の波で、手荷物は預けないからと金属探知機のところに行くも、長蛇の列!
メガホンで叫んでいる職員さんの声を頼りに、並んでいる途中で「9時30分の便ご利用のお客様・・・」と呼ばれて、列を抜けてワープ!
バタバタでしたが、ちゃっかり間に合って機内へ。

フライトは人がそろわず10分遅れて離陸。
この9月20日は「空の日」だそうで、記念品のマグネットをもらいました。
空の日記念品
眼下は雲もとても少ない絶景でした。
0920-1.jpg
大阪では、関空?らしきものもはっきり見えてるし、
0920-2.jpg
機内アナウンスで目をやると、富士山、あの亀ちゃんが登った富士山がくっきり!
0920-3.jpg 0920-4.jpg
富士山って、頭が白いもんだってイメージが強くてさ
少し見つけるのに時間がかかりましたとさ!(笑)

BGMはsuperflyの新しいアルバム! (機内のだよ)
もう「愛をこめて花束を」が流れて、歌いたいのをこらえながら・・・
だって、両手いっぱいに花束抱えて、亀ちゃんへと逢いに行きたい!・・・そんな気持ちでいっぱいだったんです。
行きがけのドリンクはコーヒーで着合い入れ!でした~



羽田に着いて、広いトイレで総着替え。社員旅行な格好はここまででおしまいです。
靴も履き替えて。
そして、有楽町へと向かいます。


そこで待っててくれたのは、住んでるところはとっても遠いお友達。初めて声も聞くし、初めてお会いする方です。
ドキドキの初対面。
でも、「はじめまして」って言ってくれたのに、そんな気がしなくて・・・うふ。
挨拶もそこそこに、プチ昼ごはん。帝劇地下のマックへ~



そうして、いよいよ帝劇のシートへと腰を下ろしました。
1部の席は、まさかのB列! 前から2番目です。 左端のほうでした。
封筒を開けたとき、手が震えて、涙が流れたあの席です。

想像通り・・・いや、もっと近かったかもしれません。
オーケストラボックスの場所はせり上がりになっていて、目の前に亀ちゃんがせりあがってきた時もありました。

オープニングの背景は、山じゃなくてお城になってた。
ラストコンサートの様子で始まる。
前半はかなり下手に亀ちゃんは位置するので、もうほんの目の前に立ったりします。
あんまり近くて、あんまり眩しくて、私は息が出来なくなった・・・
お腹の空気が、胃から喉の間で行ったり来たりしてるような感覚で、苦しくなって・・・
思わずお隣のお友達の手をギュッて握ってた。
握り返してくれた手・・・私は震えました・・・・・


フライングは、飛び立つ瞬間の彼の表情が下から見える。
紫色のマントのフードの下・・・
前方をしっかりと見据え、唇をきゅっと結び、少し小さな息を吐く。
タイミングを取るように、そのあと大きめに息を吸い込むと、意を決したかのように全身で飛び出す!
何度も何度も飛んできた彼が、こんな表情だったなんて・・・と、私には迫ってくるものがありました。

歌は変わったのもありますが、大好きなのが不動で嬉しかった~
「One Night」もそう。 歌いなれた彼の声。 
その力強さ、みなぎるエネルギー、強い心。
桟橋の「星の光る空」は、もう目の前!すぐそこで歌ってた。
大好きな大好きなこの歌。 小さい声で思わずハモリいれる・・・(ごめんなさい・・・)
夜空を見上げては、幾度も幾度も歌ってるこの歌・・・
亀ちゃんと歌えるなら、寿命半分(デスノートかっ?)になってもいいから、歌ってみたいってまで思うよ。


桟橋は、本当にその突端の真下あたりにいたの。
彼は客席の方の手すりにもたれて話すから、私はずっと横顔を見ながら笑ってたんだけどね。

船に乗ってくるユウヤが、ぴょんと降り立つ。
「船で来たんだよね?」 
「うん(^_^)」
「そこって、海だよね?」
「うん(^_^)」
「何で立ってんの?」
「え?わかんないっ!(^_^)」
みたいなやりとり・・・次第にややこしくなって・・・
「お前、いい大学行ってんだから、わかんだろ?」
なんて言っちゃったカズヤ。 なんとなく亀ちゃんの底にある、学生時代が短かったことへの引っ掛かりって、たまに感じることあるけど、そういうの、少し届いた。

B型の話になって、「B型の人~」って声かけて。 結構たくさん挙がってね。
お友達も張り切って挙げてたよ~  良かったねっ!
「うわ~結構多いじゃん! 俺らみたいな(手越君もB型です)自分中心のやつ~」
言葉は違うけど、誰にも縛られない、マイペースというか、そういう感じの言葉で二人、一緒になってB型を表現してました。
すぐそばで、オペラで覗いてる人を発見して、
「あのお魚ちゃんは、あの距離からあれで何が見たいんだろうね! そんな見たいなら・・・ほらっ!」
って言うと同時に、顎を思い切り上げて、そのお魚ちゃんのほうへ首筋突き出したカズヤ!
私の斜め後ろの後ろくらいの列のお魚さんへです。
横から見てると、その投げやり感がちょっとだけ怖いんだけど、でも、伸ばした顎のラインがきれいでね・・・間近だしね・・・どきっ!!って、心臓が音を出しそうでした。

桟橋から去るときは、「ごくせん」の宣伝をします。
「ごくせんの仕事あっから・・・じゃな!」みたいに。
2部だったかな・・・
「こっから先は小田切~」
って言って去った後、「ヤンクミ~」とか、いろいろ話してたみたいいなんだけどね、マイク切られてたのかな?
「もう!マイク切らないでくれよぉ~」って、ちょっと戻ってきて一言言って去ったんだよ。
演技してても、さっと素に戻る・・・ドリボってあれが楽しかったりします。
本格的ミュージカルにはないかもだけど、ファンにはたまらない瞬間です。
不思議な立ち居地で作られてる作品だよね・・・なんて、感じます。
歌もダンスもセットもすごいのに、そういう意味じゃマニアにしか面白くないことが入ってるんだもんね。




桟橋での笑いと、今回で笑うのは、あとは公園だよね・・・天国が笑いじゃなくなったからさ。
1部ではやたらやられてたよ。
「金髪が作曲なんか出来ないよ!」
で始まり、金髪を散々言われてさ~
「金髪だって、ちゃんとした人間もいんだよ!」
って、切り返すけど、ちびっ子3人はすごくパワフル!
とうとう、髪の毛分けて、根元を見せながら、
「ほら、よーく見てみ! 根元のほうは黒いんだから!」って。
そうしたら、今度は何を思ったか、‘ハゲ’で攻めてきた!
「10円ハゲがある~!」
って、否定してもしても、繰り返し繰り返し言われちゃって、もうたじたじで、ステージに寝転んじゃって。
「23年生きてきて、ハゲなんて言われたの初めてだよ・・・」
って、息絶え絶えにも、泣きそうにも聞こえる声で必死で反論・・・
「ハゲなんかないって! こうして客席の通路、見せて回ろうか?」
って、また髪の毛分けて、頭皮を見せようと、もう必死!

「俺な・・・空飛ぶよか、お前らと話してるほうが、よっぽど疲れんだよ・・・・・」

2部では、やっぱり金髪から始まり、もうウダウダが最高潮で~
ちびっ子がしゃべりの止まらないのを、離れて眺めたり、またその姿に反応して責められたりして、賑やかしく、グダグダと続いてね。
「お前らな・・・こんな長くなるとさ~YOUたち、長いんだよ~なんて怒られんの、俺だかんな!」
って、疲れたように、笑いすぎたように、訴えるように話して・・・
23歳、社長に怒られながら、立派に座長を勤め上げてるその姿が浮かんできます。


この公園シーンのあと、試合に出るために、準備をして手にぐるぐる巻いたカズヤが座ってうつむいてるところにユウヤが来て「もう、試合やらなくていいから」って声かけるシーンなんだけど・・・
1部でさ・・・・・ユウヤさ・・・静かな舞台で、悲壮な顔つきでうつむいてる和也の背中に、
「カズヤ・・・ハゲてるの?」
って言っちゃったんだ!
劇場中が大爆笑!!
カズヤと、私もほぼ同時に「ここでそれはまずいだろ~!」って突っ込み!
「あはは、そっか?まずかった?ははは!」
ユウヤはマイペース。カズヤまたまたタジタジでした~




パンフを見ると、実際と違うのだけど、前回は「何もかも引き受けてやろうじゃないか!!」って、飛び降りて幕間だったですよね?
そのつもりでいたら、まだまだ続いて、結局「チャンプが死んだ!」で幕間で・・・前半がとっても長くなってます。










レポってやつが書けません・・・どうしても順番がめちゃくちゃになるし、1部と2部が混ぜ混ぜになるの・・・
だから、こんな風に、感じたこと、自分が残しておきたいなと思えたこと、それを思いつくがままに書いていきます。
これでも、一応パンフを見ながら、順番も考えてるつもりだけど、そう何回も見れる人じゃないので、あれれ?があっても怒らないで下さい・・・

とりあえず、1回目はこのあたりで・・・








All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:37 |  1歩ずつ亀ちゃんに向かって  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.09.26(土) 00:48 |  |  【編集】
●隠しコメさま
テンプレ、この時変えたんだよね~たまたま出てた新作だけど、もうぴったり好みで!とはいえ、改造はたくさんしてるんですけどね。あなたもいつもほめてくれて~気が合うんだね。
やっぱり秋は音楽♪ いつも音楽♪ ミュージカルは音楽♪ 

そんなに何回も読み返してくれたんだ・・・ありがと。
私、人生の前半は、何にもしゃべらないで生きてたから、今頃になって、なんでも口にしちゃうのかな?
みっともなくなかった?ごめんね。
帝劇に行くと、こうして亀ちゃんだけでなく、どうしても旅行記になっちゃいます。
家を出た瞬間から、私は亀ちゃんに向かってる・・・それ一筋だしね。
一人で向かう、その時間も、とってもとっても大好きで大切な時間だし。
そんな「私」を大切に読んでくださって、ほんとにありがとう。
ごんままっち |  2009.10.14(水) 15:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索