FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2009年10月17日 (Sat)

10月15日。ほんまに素晴らしい一日やったわ 2

では、続きです。

幕間で明るくなると、ふっと二人して溜息ついたあと、お隣のお友達が言ってくれたのは、
   「○○さん・・・
    (私って、ブログで知り合った人とも、もう殆ど本名のお付き合いで・・・)。
    この席にしてくれて良かったです!ありがとうございました~!」
二人で決めておいたのは、12列。4つも前の位置。
2列目を経験して、どうしてもアクロがじっくり見たくて、いっぱい迷った末に考えたのは、
   「正直に話すだけは話してみよう。」
ってこと。
快く承諾してくれた、かわいいお友達。だけど、お礼を言うのはこっちなのに、いきなりお礼を言われてさ。
確かに、すごく良く見えて、見られる席だったんだけど・・・
嬉しかったし、ホッとしたし、感激してたし・・・幕間と言うのに、泣いちゃって・・・
ね、亀ちゃん。
亀ちゃんを好きな人って、どうしてこんなにあったかい人ばかりなんだろうね。
あんまり亀ちゃんは知らないかもだけど、ほんとにそうなんだよ~
私、それは絶対、亀ちゃんが自信持っていいことのひとつだって、いつも思うんだ。
そういう話、また最後に語ると思いますよ。





と言うことで、幕間のこの位置にて、この日気がついたことを、ちょっと書いてみます。

五関くんの手首には、ちゃんと亀ちゃんからのプレゼント(って、広島コンにてご自身の説明)がついていました。嬉しくなりました。

バックのMis Snow Manはいなくて、関西のジュニアが勤めてくれてます。
でも、ごくせんの子達はいないし、私が解るのは「舞闘冠」の浜中文一くんだけだった・・・
もちろん、子役の子も関西みたい。しっかり関西弁でしたから。

大好きな「亀ちゃんの関西弁」は、たくさん出てきたよ。と言うか、「出そう!」ってしてるのが良くわかった。
劇団四季のライオンキングでは、福岡の劇場では、とあるキャラクターは本格的に博多弁を話すんだよ。
昔ながらのこてこてな感じでね。そういうの、思い出したり。
亀ちゃん、見たことあるかな?


そして・・・亀ちゃんなんだけどね。
アクセサリーが一切ありませんでした。
ピアスについては、絶対じゃないけど、頑張って見てたけど、少なくとも目立つようなのはしてなかった。
指輪はもともとしてないけど、ネックレスがゼロ。
私さ、10月に入って、大阪の準備してて(つか、考えてるくらいだったけど)、何となく、何となくね、「亀ちゃんはもうレインボーをしていないかも知れないなあ・・・」って、ずっと考えてて。
あの、ズムサタのメッセージの時はどうだったっけ?覚えてないよ。
ほんとに、何の根拠もないんだけど、そう思えて仕方なかったのね。
だから、自分のネックレス選んでる時、レインボーで組み合わせてない私を見て、娘が
  「あれ?していかないの?」
って聞いてきたんだ。
  「うん・・・なんか、亀ちゃんさ、もうしてないような気がしてしょうがないから。
   持って行って、してたら幕間にするけど、少なくとも前半はナシで行くよ。」
  「でも、アクロは前半やろ?見てくれるの、前半かもよ?」
  「うん。そうだけど、亀ちゃんがもうしてないのを、ずるずるしてるって思われるよりは、
   ないほうがいいから。」
  「ふーん、そうなんだ。」
こんなコアな会話をして、準備してたんです。
そうしたら、当たった。
でも、何にもつけてないのはとっても意外でした。
私にはすごく珍しく思える、何もない胸元。気持ち的には、裸以上に裸な気がしてしまいました。
仕事に出かけるときは、「ピアスして、ブレスして、指輪して・・・と、気合を入れてく」って語ってたことのある彼。
だから、そんな風に思えちゃったんだろうね。
次はどんなデザインのものをチョイスするんだろう。
この舞台の仕事が終わったら、少しお休みはもらえるんだろうか。
1週間でももらえたら、念願のロンドンでも行って、買いこんできますか?
冬が近づくロンドンは、亀ちゃんに絶対お似合いの街だろうな・・・・・・・

っと。妄想族はこれだからいけません。やたら走り去って行き過ぎますね
話を戻さなきゃだね。





さて、アクロで席のすごさを味わったからには、やっぱり、最後のフライングと「1582」のフライングに期待してしまいます。
白いタキシードでのフライングは、準備(いつのフライングでも、その準備の殆どは河合ちゃんの担当ですよね。だから、河合ちゃんには、なぜか「よろしくね」って、気分になってしまう私です)から、ずっと目を離さずに見てました。
背中のファスナーの中には、思ってたよりもずっとごついハーネス?・・・ワイヤーを取り付けるために装着してる器具・・・があってね。
ワイヤーについてる金具は思ったより小さいし、結構ワイヤーも細いです。
ポッチを引いたら穴が開く、ネックレスの金具みたいなのがついてる。
それを河合ちゃんが、亀ちゃんの背中のハーネスに引っ掛ける。
下からファスナーを少し上げて、できるだけハーネスを隠し、準備ができたら、背中を軽くポン!とたたいてくれます。ここまでが数十秒の作業かな?
その合図を感じた亀ちゃんは、間髪おかずに走り出して、空中へと舞います。
大きく旋回してこちらへと飛んでくる彼は、それは近かった!
飛び姿が綺麗なように、足を片方曲げて、風を切ると髪がなびいて、視線は大きく会場を見渡しているようでした。
公式写真にある、あの姿ですね。
今までは、重量のない妖精のような姿だって思って見てた気がしますが、あれほど近いと、細いワイヤーに吊られ、あのスピード、それにしっかりとした、なんと言うか重量感があるのよ。
だから、姿勢を保つ為に力がいるのも解るし、綺麗に見せるために、ポーズを工夫してるのもすごく感じる。
でも、同時に気持ち良さそうにも見えるんだよね。
そして、その表情には余裕とも、自信とも言えるようなものが滲み出してて、私は感じるんです。
   「ああ、この人のこと好きで良かった。 
    やっぱり彼って、ただひたすらに、素晴らしいや・・・」
ってね。

 



挨拶では、 
   「本日は、お忙しい中おいでいただきまして、ありがとうございました。  
    東京からのいい流れで、大阪のスタッフ、キャストも加わり、いい感じでやれていると思います。
    これからも、大阪でのいい流れを続けて頑張って行きますので、
    どうかよろしくお願いいたします。」
というようなことを、話してくれました。
この挨拶の時の、低音の声がたまらなく好きです。
人前で挨拶なんて、23歳のころ、ちゃんと出来てたよって記憶のある方、いや、やった記憶のある方でも、そうたくさんはいらっしゃらないのでは?
私の23歳なんて、何にも出来ない人じゃなかったのかなあ・・・
社会人1年目でしょう・・・・・・・・
実験室の高価なガラス器具割っちゃって。すぐに言い出せなくて。先輩に気がつかれて。確か、優しく言われたよ・・・
   「あなたが言い出しにくかったのは解るよ。
    でも、壊れたままじゃ、使おうとする人がいたとき、困るでしょ?
    自分のことだけじゃなくて、回りも考えなきゃ。
    ほら、自分で発注の電話、かけなさいね。」
結構、普段は厳しい先輩だったのに、優しく言われたから、良く覚えてるのかもね。
今、書いてて、涙出てきちゃったけど
私の23歳なんて、こんなレベルだったよ。(人並み以下かなあ・・・)
だから、私、いつも亀ちゃんのこと尊敬してるんだ。


尊敬って言えばさ、だちょう・・・じゃなかった(これはここのコアファン様だけに通じるジョーク)座長ってことを、ものすごい重みで感じる瞬間がありましたよ。
キャストの紹介があって、最後に、てごりん、すばちゃん(あれ?逆?わかんない・・・)、そして亀ちゃんが無言でお辞儀します。
宝塚のスターも従えて、彼は頭を下げる。
で、確か花火だったから、前に出た自分に、ほかのキャストも合わせて少し前に出すのね。
その合図を彼が出す。
小さく手を動かして、合図したら、全員がそれを見てて、すっと前に出て、花火へと振り向くの。
ほんのわずかな動きだよ。だけど、誰もそれを見逃さない。
代表である彼の指示を待ってるんだ。
その姿は、彼を愛する私には誇りです。
ドリボがどうしても見たい理由の大きなひとつです。
自分を誇らしく思わせてくれる人なんて、そうやすやすとめぐり会えるもんじゃないですよ。
幸せを感じます。 大いなる幸せです。


 


SHOWTIMEは、すばちゃんの歌は帝劇とは違うのになってて、リアフェからのミソスープへのメドレーがなくなっていました。
ここでの楽しみは「1582」のフライングですよ~
亀ちゃんの妖艶さに話題集中のこの曲。彼の表現力と、狙い通りに人を惹きつける実力を見せ付けられます。
ま、ものすごい天の邪鬼な私は、出してしまう色艶よりも、タキシードで挨拶したり、お辞儀したり、背中のピンとした、「挑戦者」を凛と歌う彼のほうに色香を感じるという・・・
はい。好みですからごめんなさい。

でもさ~~そんな私がさ~~
今回「1582」フライングをあまりに間近で見たわけです。
2回だけ、大きく旋回して来てくれました。
1回目は、あまりの近さにのけぞるくらいで、「いいの?」ってな感覚ですよ。すごい~!!って。
そして、運命(?)の2回目!
彼は吊られた体を、少し垂らすようにして、頭もあまり持ち上げずに、体全体を真横にした感じで。
だから、前髪が真横に垂れていて、風に大いになびいてて。
その彼が、こっちへやってきます。
釘付けな瞳で見つめてました。1回目くらい近くに来てくれそうで、ドキドキして。
すると、彼のまなざしも、こっちめがけて飛んできたんです!
「1582」のまなざしです! 斜め下を見て、挑発するような、少し細めに開けた目で「これで、どうだよ」って台詞なら何とか合うかな・・・
息が止まってた! 文字通り、痺れた! 凍りついたもん!
「これで、どうだよ!」って言われて、答えは・・・「もう・・・だめ・・・・・
でしょうか・・・


  


その後も続くSHOWTIMEですから、お隣と話すことなどなく・・・3人で歌う歌に号泣してたし。
   またここで会える 
   その笑顔を、また咲かせてよ この場所で

そういう言葉だったよね? (だって・・・3回しか見てないから覚えられないよ・・・)
ドリボやるって耳にしてから、諦めるまでの気持ち、友達の励まし、少しずつ頭をもたげてきた計画、
嘘の重ね塗り、悔やまないための道、楽しみと不安が交互に襲ってくるような毎日でした。
でも、這いつくばるようにたどり着いたら、素晴らしい彼が待っていてくれた。
素敵な時間と、きらめく想い、思い出。
励まされ、助けられ、ありがたいと手を合わせたくなるような人に囲まれて・・・
世界で一番大好きな人のところへ行くことができました。

 



幕が下りても、寂寞感よりも、満足な気持ちが湧き上がってきたことが、今回は何よりも嬉しかったです。
心から、彼にお礼が言いたくなったもの。
  「ありがとう。 和也。」
私のドリボが終わりました。





カーテンコールを願う拍手が響き続けても、願いは届かず、会場を出て行く人も増え、拍手も消える・・・
その時、また溜息をついて、お隣のお嬢さんが言いました・・・
   「○○さん・・・1582で・・・」  
   「見たよね? 2回目の時・・・」 
   「やっぱり、そうですよね?!」
   「体垂らして、髪の毛垂らして・・・」
   「はい・・・」
   「あの眼で・・・こうして・・・下見るような・・・」
   「そうです!そうです! そうして、あの眼で!!」
   「うん! そうだよね。こっち見たよね! ここら辺、明るくて!」
   「はい!そうです! だからやっぱり見てましたよね!!!」
お互い、事実なのに信じられなくて、明かりがついて、人々が出て行くその時になって確かめ合ったんです。
そこでまた、手を取って喜び合えて・・・嬉しいことです。
彼女とは、去年の広島でもまったく同じような状況でお隣にいて、彼の視線が飛んできて。
バクステ真横での出来事でしたが・・・
彼女はすっかり、私にとっては、可愛い幸運の女神様です。
それを伝えると、そのままそっくり私に向かって返してくれるところが、またさらに可愛いんですよね。
ほら、亀ちゃん! やっぱりそうでしょ?





感動と感激を胸に、劇場から出ると、午前中まで仕事をして、高速で3時間もの距離を飛ばして、2部を見るために来るお友達が、私を今日2回目の「出待ち」で迎えてくれました。
帰るまでに30分強しか時間のない私と、少しでも会えるようにと駆けつけてくれたお友達です。
彼女には、いつも全面的に頼りきってる私ですが・・・
生きる上での、彼女は「切り札」的存在って言うかね・・・
しょっちゅう話したりするわけじゃないけど、私の根底にいてくれる人なんだ。
彼女の親身は、本気! 寄り添ってくれる度合いが、半端じゃないです。
私より、ずっとずっと若くて、生きてきた道も、かなり違うと思う。
ご近所に住んでたら、多分友達にはならなかったと思うな~
でも、亀ちゃんが繋いでくれた絆だって、私は思わせてもらってる。
会えて嬉しかったよ。 ほんとに嬉しかった。
ね、亀ちゃん! やっぱりあなたってすごいでしょ?
すごいんだよ~~(笑)





こうして、ほんまに素晴らしい10月15日は終わったわけですが・・・
今回のドリボに、二つだけ物申したい!

ひとつは・・・・DVDが出ないっていう事で・・・非常に残念です。
私、ドリボは藪くんのと、今回のしか行ってないの。
前回は、ま、我慢しました。
だけど、また出ないってどうよ! 寂しすぎます。
素晴らしい新曲だってあるし、3グループの雄が出揃って、内容もより簡潔な感じに仕上がってたと思うし。
この時期の亀ちゃんの姿が記録に残らないのは、それは残念です。
また、一人につき1回しか申し込めない仕組みだったでしょう?
チケットが手に入らない人だっているんだし。
誰しもが東京や大阪に行ける状態じゃないんだ、特に今の社会情勢。
DVDが出たら、こつこつ貯めてでも、いつかは買って、見れる日だって来るわけでしょう?
たった2箇所でしかやらない舞台。高い入場料。
だからこそ、ある意味ライブのよりもぜひ出して欲しかったです。
とっても残念で仕方ないです。



もうひとつは・・・「挑戦者」です。
あまりに短すぎました。
あの歌こそは、全部歌ってこそ、あの位置で、彼が一人で歌う意味があるように思います。
心臓をもらったナオキが心に抱く言葉。
どんな思いでボクサーを目指し、リングに立ち、心臓をくれたスバルに見守られていること。
最後に拳を突き上げるのは、嘲笑されてそれでもなお、リングに上がって、震える自分とも戦って勝利したナオキの拳だからこそ、スバルに向かって突き上げる意味は大きいと思うのに・・・
何分間の時間が稼げるのか、SHOWTIMEまでフライングを入れたメニューになり、亀ちゃんの負担が大きいのか・・・わからないけど。
でも、それはやり抜いて欲しかったです。
あの歌声を愛するが故のわがままですが・・・
やっぱり、伝えたいって思って書きました。






さて。これで終わりにします。
職場でも、亀ちゃんのコンサートからずっと話を聞いてくださいました。
「次の目標はなあに?」
聞いてくださったのですが・・・
とりあえずはなくなっちゃいましたね・・・


また、彼に会えない時間は、少しでも自分をどうにかしなくちゃですね。
年末の第九を、精一杯歌います。
仕事も頑張ってやらなきゃね。




でも、今は・・・・・
千穐楽までの、彼の健康と安全と・・・そして、大成功を祈りながら。
   「ありがとう。 和也。」





見送ってくれた、大阪の黄昏です・・・・・
091015大阪2  091015大阪1








All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・




関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:06 |  1歩ずつ亀ちゃんに向かって  | CM(8) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.10.17(土) 23:42 |  |  【編集】
●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.10.18(日) 14:37 |  |  【編集】
●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.10.18(日) 15:46 |  |  【編集】
●10/17 23:42:40 隠しコメさま
はじめまして。コメントを入れて下さり、ありがとうございます。
いつも見て下さっている上に、こんな記事ですが、泣きながら読んでくださっただなんて・・・
心から、心から嬉しいですし、同じ様な気持ちを抱かれたんだろうな・・・って、ホッとさせていただきました。私は天の邪鬼なもので・・・(笑)

帝劇では神席だったのですね~
私も回数多く行ける立場にないのですが、違う場所からは違うものが見えるんだと、今回は実感しました。
いい席が取れたことや、席選びに悩んで迷って・・・友達に相談したこと、思い切って変更の申し出をしたこと、快く受けてくれて笑顔をくれたこと・・・
ドリボは舞台上以外にもたくさんの思い出、感動をくれます。
あなたが私の記事で涙して下さったようなことも、きっとそのひとつでしょうね~

また是非遊びにいらしてください。
当方、あまりのデブ症・引きこもりなので、失礼するかと思いますが、変わらずここに居りますので・・・
ありがとうございました。
ごんままっち |  2009.10.27(火) 15:21 | URL |  【編集】
●10/18 14:37:12 隠しコメさま
ごめん。今更になってしまって、返事の書き様がないのですが、今更も悪くはないですよね・・・
だって、このままだったとしたら、このコメントにお返事なんてできないです・・・申し訳ないけど。

ご自分の目で見て、心に焼き付けた大切なものが、この文章で霞んでしまう・・・
それはあまりに理不尽だし、とにかく「誰かの大切な一回」の為に頑張っていた、亀ちゃんに失礼すぎると思えてしまいましたから・・・

今更だからこそ、何とかこうして言葉にできます。
ご自分の手にした、きれいな宝石をもっともっと大切にしてください。
「まず、自分ありき」で、いいと思うので。
あなたは、あなた自身の亀ちゃんや、大好きなもの、大好きなこと、頑張れたこと、嬉しかったこと・・・
心の中のものに自信を持っていいと思いますよ。
ごんままっち |  2009.10.27(火) 15:36 | URL |  【編集】
●10/18 15:46:13 隠しコメさま
こちらこそ、ありがとうございました。
お土産、とっても美味しかったよ~v-398
そして、お元気そうな顔が嬉しかったです。
一回だったかもしれないけど、行けて良かったね。
あなたのこと、たくさんの人が心にかけて下さっているんだと思います。
大阪でも、楽しいことあったんじゃないですか?少し拝見しました。

帰りの新幹線に一人で乗り込むとね、すごくsentimentalというか、感謝の思いがあふれてくるんだ~
前は寂しいばかりだったけど、少し変わってきたの。
だけど、あなたは大丈夫かな?ってね。
私でなくても、お話したい人がいらしたでしょうから・・・ごめんね。sentimentalにお付き合いさせちゃったv-410

頑張れたこと、思い切ったこと・・・あなたの力にして、また前を向いて進んで行けたらいいね。
あなたの笑顔を、遠くからですが、祈っています。
ごんままっち |  2009.10.27(火) 15:53 | URL |  【編集】
●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.11.27(金) 23:11 |  |  【編集】
●11-27 23:11 隠しコメさま
覚えてないはずないですよぉ~~ご無沙汰しています。
梅田の街に着くと同時に、一緒に走って下さった事、思い出さないわけには参りません(笑)
今年は広島も大阪も日帰りしましたので、ぜんぜんお会いできず・・・
どのくらい参加されたのかもぜんぜん解らないままに、思い出してもそのままで・・・すみません。
足跡残して下さった事、ものすごく嬉しいです!!
きゃほ~~ってくらいです。

だらだら・・・って、私だってそうですよ(笑)
写真載せない、引用しない、人からの情報はそのまま書かない・・・ってことは想いしか書く事ないんです。
深く深く・・・ですか?あなただってそれはおんなじだって思います!(きっぱり)

Eちゃんとは、普段は本当に話さえしないんですけど・・・
私の方が一方的に好き過ぎるのかも?です(笑)
いつも頼りにしてて、いつでも話は聞いてくれるけど、普段は疎遠で・・・ま、心のよりどころです。

またいつかお会いできるでしょうか?
そういう日が来る事、楽しみにしたいです。
いきなり初対面で楽しかったあの大阪など・・・懐かしいです。
どうかお元気で! ブログもマイペースでいいですよ、頑張ってくださいませ。
本当に、ありがとうございました。
ごんままっち |  2009.12.01(火) 17:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索