FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2010年01月08日 (Fri)

食わず嫌いはダメね・・・

ここに来て、普段あまりTBSを見ていない事に気がついてます。
今日の「朝ズバッ!」で、ロッテのガーナのバレンタインのヤマナデのコラボのなんちょれ・・・・変な汗
ま、それがあると言うので、全部録画したんだけど。
生で見てりゃいいものを、結局ズームとめざまし見てるんだもんね・・・

で、録画したやつを、早送りで眺めてたんだけど、見た事ないから、どこでどんな風に展開するのかちっとも分からなくてチェックで疲れたよ・・・

結局、最後の最後の最後で、CMが流れてくれたんだけどね。

今まで、あの女の子との絡み、番宣とかじゃ全くなかったでしょう?
イケメン君たちも、かなり平等な感じで出てたし・・・
だから、このガーナで二人きりで画面にいてさ・・・ちょっと、怖くなってます。
ドラマの情報が流れたとき、何気なく本屋でこの漫画をぱらぱら見ちゃってね・・・
こういう性格だから、1巻から見ようともせず、目の前にあったやつを手にしたんだよね。
そうしたら、その背表紙だっけ・・・「キスした二人は・・・」みたいな記述があったんだよ。
それでもうダメで、もう怖くて、はなっから恐怖心で見てんだな・・・

耕作ちゃんとしずくんでなかったからね・・・
このまま、やらない俳優として置いといてくれませんかねぇ・・・
私、身の縮む思いなんですから・・・オネガイ、デスッ・・・











さてさて。
6日に見に行ったのは「AVATAR」
随分前からスクリーンで宣伝が流れてて、プロモーションにも相当力が入ってるの気がついてた。
だけど、化け物もの・・・ってイメージばかりで、行こうと思ってはなかったんだ。
やがて、3Dだって解って。
でも、それでも、敬遠はしてた。

でも、ケガでお世話になった娘に、冬休みラストで映画行こうって話して選んでたら、「AVATAR」が選ばれたわけ。
いつも行ってるシネコンでは、3D上映がなかったから、ちょっと遠いところまで行ったよ。
前日にネットで席を予約して。
3Dで見るには、プラス300円が必要なんだど、せっかくだからそうしたの。

まず3Dについては、目前に迫ってくる程の飛び出し感はなかったな・・・
専用メガネをかけると、暗くなってしまうし、メガネの人間にとっては、2重のメガネは正直うっとおしい。
でも、それなりの迫力は楽しめるよ。
ずっと見てると、慣れてきて、立体化のご利益が解りにくくなってくるから、時々はずして、覗いて見て確かめたりしてた
ロードショーでは初めての体験だから、ま、300円は惜しくはなかったかな。


だけどさ・・・
内容は、めちゃんこ予想外で良かったよ。
遠い未来なのかな・・・地球以外の星に人類が活動の場を広げてる。
でも、地球上での歴史同様、そこにいたあらゆる生きものにとって、外部からやってきた人類って「侵略者」以外の何者でもないのよね・・・
この「侵略」って言葉、そして「破壊」や「犠牲」って言葉が、頭の中で渦を巻いた。

丁寧に、謙虚に近づけば、人類なんかよりもはるかに素晴らしい能力まで持っている事が分かったはずの、その星の住人たち。
その表現エッセンスには「もののけ姫」の表現が使われていたように思えたよ。
自然の中に、植物と動物とのその間に、でも確かに事実として存在している‘神’的存在。
生命をも操る力まで持つ。
敬虔なその存在に、しなやかに支配されて生きる世界・・・

逆に、人類の文明は、「マトリックス」的な表現。
また、それに「エヴァ」も関わる。
人間の脳が、別の体、エヴァではエヴァって言う不思議な物体だけど・・・それを支配する。
う~ん・・・何というか、人間の脳を、操縦するためのコンピューターとして使ってるって感じ。
そのドライさ、クールさ。
そして、見知らぬ星に対して、あまりにも無作法で、未知のことについて全く理解しようと務めない人間たち。



細かく見たら、その道の星の生きものの、キャラクターデザインとか、凝ってるなあって思えたんだけど。
でも、立体や、キャラよりも、ストーリーに引きこまれた気がします。
双方の描き方が対比的で、どうしても「侵略されるほう」に想いが傾いていく私で・・・
焼かれる森、壊れてく穏やかな暮らし、叩き潰されてく命・・・
怖かった、悔しかった、悲しかった。
争いをしかけようとする、その気持ちに腹がたった。


スピード感のある展開で、一気に3時間は過ぎていく。
メガネがずれてくるのを、直しながら・・・(笑)
で、もう一気になだれこむようにエンドロール。
「え?終わり?」
ストーリーに終わり感がないわけじゃないの。
ここで終わっていいって場所で終わってると思う。
でも、時間が短く感じるし、まだまだこの先が見ていたいって気持ちになるんじゃないかな?

なんか、外国映画の超大作って、久しぶりに見たような気がします。
こんなストーリーを頭の中で描ける人って、凄すぎますよ。
どうやって思いつくんだろう・・・
書いたように、今まで見た事が、エッセンスとなってその人の中に溜まっているんだとは思うんだけど。
でもすごいよ。
あの景色、あの色使い、しなやかなCGには一切の違和感がないし・・・
ものすごいお金をかけたって、それは感じたよ。
映画って、ここまでやれるんだ!・・・そんなこと感じられます。

お時間があれば、ぜひ3Dでご覧になってはいかがでしょう?



 (なんか、宣伝みたいだなって、いつも思う。だけど、全然そういうんじゃないんだよ。
  ブログの世界に、ある事についての記事を書いたら、報酬があるとかそう言うのは知ってる。
  でも、そんなんじゃないのよね・・・わたしはさ。
  だから、題名にもそれと解るようなのはつけないし、カテゴリーも分けてすらないしね。
  映画を見る事も、わたしの「それから」だから・・・。
  ただ、ただ願うのは・・・
  億に一つの確率でも、もっと低くても・・・
  彼がここに来てくれたらな・・・と、それだけはいつも願ってるかも。
  私ってニンゲンに、一瞬でも触れてくれたら・・・と、切望しながら、ここにいる私です。)





かつて、スターウォーズを敬遠し続けてた私がいたんです。
試写会常連だったころです。(独身)
だけど、結婚して、BSで3本続けてやった事があってね。
暇に任せて見てみたら、心理描写に深い傷や、背負う運命など、いろいろしっかり描かれてるのが解って、すっかりファンになったんだ。

ゴッドファーザーもそうかも知れない。食わず嫌いだった。
でも、じっくり全てを見てみると、違ってくるんだよね。
血が流れて、次々に人が殺される映画なんだけど、どこか哀しい、どこか空しい。
そして、独特のちょっとセピア風な色使いがすごく好き。
マフィアのスーツの、コートの、帽子の生地感。
真っ白いシャツは、絶対「綿」だ!みたいな、そんなディテール・・・
アメリカの寒さや、イタリアの対象的な青い空や、匂いがしてきそうなあの現実感がなんとも言えず、印象に残る。
胸の深いところに、じわじわ沈んでく感じかなぁ。



ま、そんなこんなで、また映画もたくさん見る年にしたいと思います。
私が何かに触手を伸ばすとき・・・
多分それって、彼と話せる日が来たら、いろんな話に相槌を打ちたいって・・・解って聞いてあげたいって・・・
そんな気持ちなのかもしれないなぁ。

あはっ今年もやっぱり、バカだね・・・






All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





【More】







これはお土産で~す。


CIMG2197.jpg
じんじん、あまりにもカッコいいです。

スクリーンで予告が見れました。
HPのと同じだったと思うんだけど、またまた胸がキュン!としてしまってました。
予告であんだけ切なくなるのは、そんなに記憶にありません・・・

いよいよ来週公開ですね。
なくなってたはずの、前売り券があったようです。
また、TOHOシネマズだけで販売してる雑誌があって、それもじんじんだらけでした~
すっごく、カッコよかったよ。

公開すぐは混雑だろうから、亀担としては、ちょっと遠慮して少ししてから拝見します。
楽しみです!

この看板は、すごく大きくて、こんな未来的な明るい場所でどーん!と置いてあって、かなりテンション上がりました!





 →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:04 |  日々つれづれなるまま  | CM(2) | Top↑

コメント

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.01.10(日) 22:18 |  |  【編集】
●隠しコメさま
独身の試写会荒しだったころと、やっと今、年間本数が一緒くらいかもです。
でも、試写会はたまにものがもらえたり、イベント付だったりしたけど、それはない上に、映画館は予告・・・次へ次へと気持ちがなびきます。
本を読まないから映画・・・って私ですが、このアバターなんかは、映画でなきゃ表現できない芸術だって思えたよ。
私も娘が幼稚園に入るまでは一切映画館には行ってなかった。
行き始めたら加速度で~~(笑)
あなたもそういう日を楽しみに、今を頑張って下さいね。
ごんままっち |  2010.01.20(水) 17:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索