FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2010年01月20日 (Wed)

大して変わらない本質

「宇宙戦艦ヤマト 復活編」を観てきました。

今、ちょっとだけ、感想やコメントがある場所に行って見たりしました。
自分がヤマト世代なんだな・・・と、また、思い入れをしっかり抱えたままの人がたくさんいる事、知りました。
私がはまったのは高校のときだな・・・1年だった。
同じ映画を複数回観たのは、ヤマトだけだったんだよね・・・今はごくせんが、新記録を樹立したけど。
コンサートって名前のに行ったのも「宇宙戦艦ヤマト シンフォニックコンサート」ってのが、生まれて初めてだったと思う。

テレビ初期からじゃないけど。再放送から、映画へと、ブームのころすっごいはまった!
波動砲を打つときの台詞、すらすらと言えてたよ~
今日も「対ショック、対閃光防御!」って言ってくれて、ドキドキしたよ。

なんか、基本的に、浪花節的なところは結構好きで、感動してた。
武士道みたいなとこ、自己犠牲的な事、沖田艦長のリーダーシップを思い出す場面とか。
目頭熱くなるとこまで、行ったよ。


ラストに、「捧ぐ」ってことで、昔ヤマトに携わってて、今は亡くなってる方のお名前が出たんだ。
古代くんの声だった富山敬さん、阿久悠さん、羽田健太郎さん・・・
もういらっしゃらないんだね・・・
途中でBGMが、やたらクラシックばかりなのに気がついたんだ。
著作権のないクラシック・・・予算の関係でしょうか? これはかなりがっかり。
延々とクラシック使ってて。
だから、少しでも昔の音楽流れると、俄然耳が喜んだよ。

新しい乗組員もね・・・キャラ薄くて、古代くんだけで持ってたな。
電算室のお姉さんは良かったのに・・・ラスト、残念だったし。
敵の正体は、唸るしかなかったね・・・
あれ、もののけ姫の「だいだらぼっち」でしょ?」(笑)



だけどさ、ヤマトたるもの、波動砲使って、そうすりゃいつも簡単に勝てるの、分かってんの。
でも、やっぱり波動砲って特別なんだよね・・・
こっちのエネルギーを枯渇させても、敵を倒す覚悟!って言うかね。
新しいヤマトは、エネルギーの充填も早くて、あっという間に打てちゃうんだけど・・・
だけど、魂込めて打つ!! なんか、私のそんな部分の感じ方は、高校のころと全然変わっちゃいないんだなって思ったよ。


始まるとすぐ、「原案 石原慎太郎」って出るのと、ラストの「監督 西崎義展」の字がどう考えてもでかすぎるよ!!
松本零士との対決とか、なんかいろいろあってきたんだってね。

また観れて、結局は嬉しかったんだけど、残念なところもあったな~~って。
そんなラストで、アルフィーの歌。
う・・・・ん。
歌詞はいいかもしれないし、曲も悪くはないって思う。
だけど、武士道推進派のヤマトに、高見沢さんの苦し紛れのような、首を絞められてるかのような、あのひぃ~~って高温の声が合わなさ過ぎた。


それでも、エンドロール中は、振り返りながら、解決してない事、あれも、これも・・・と、考えてたら!
ラストに出た文字に思わず声が出たよ!

  「宇宙戦艦ヤマト 復活編 第一部 完」

ときた!!!
「え?第一部やったん??」
一人で行ってるのに、声が出るもん!参ったよ。
それもあって、ちょっといろんなとこ見てみたんだけどね。
どうなるんだろうね~ 次がない第一部かもしれないね。

つか、キムタクは大丈夫なのかな?
ヤマトの焼きなおしに、古いファンは辟易な人も多いようですし、私も、見たとしても覚悟の上、怖いもの観たさ、はたまた、ヤマトの成れの果てを見に行く気分だって思うよ・・・・・(失礼は重々・・・ごめんなさい)







帰りに車を走らせながら、余韻に浸るのが最高の時間です。
懐かしい、ヤマトに興奮した自分を、あんま変わってないな・・・って、ちょっと嬉しかったりして。
喜んじゃいけないのかな? 進歩してないんだもんね。
だけど、そんな自分は容認しちゃいます。

ヲタクなの、変わってないんだね(笑)





All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





【More】









ヲタク精神発揮して、昨日わざわざ使わない私鉄の駅まで行って、写してきました!
CIMG2208.jpg
九州で一番賑やかな街ですからね・・・
午後3時ごろで、比較的空いてるとは言え、人が通る!通る!

この写真の右端と左端には人がいるんです。
私なんかのカメラの構えに、足を止める人なんかいやしません。
人が通ってるその隙間に、うまくシャッターを押したというわけです。

そのあと、万引き犯のような気持ちで、そそくさとその場を去ったのは言うまでもありません(笑)


心して眺めてくださいませ~~ 福岡の亀ちゃんです。





 →よかったらパチコーンとおひとつ・・・



関連記事
スポンサーサイト



編集 |  18:28 |  日々つれづれなるまま  | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索