FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2010年10月21日 (Thu)

ちょんまげぷりん

最近、木曜と金曜の勤務を代わって欲しいってよく言われて~
お互い様だから、全然いいんだけど、水曜がコーラスでつぶれがちな昨今、金曜の1000円を逃すと映画が行きにくくて・・・
で、ず~と前に、映画館でもらってた「記念日割引」ってのを使い果たしちゃったよ。
これって、何がしかの記念日を書き込んで渡すと、1000円で見れるっていうもの。
映画館の開館何周年か記念で配られたんだ。


最初は、嘘とかつきたくなくて、3月22日とか、Mステに3週連続で出られた金曜日(当時はまだ金曜日1000円がなかったから)とか。
でも、困った時は「義父の誕生日」だの、「再就職記念日」だの書いたときもある。
これは嘘だったから、心がチクッとしながらね。
今日ラスト1回は~ 「中間淳太くんのお誕生日」と書きました。
これは本当ですよ。
夏のTOURでは、淳太くんにも会えましたよね。
熊本では、目の前!で踊ってたな~可愛かった


そのラストチケット、「ちょんまげぷりん」に使いました。
いろんな映画がまだ見てないし、かなり迷った。ラストチケットだし。
でも、ちょんまげぷりんは22日までで終わりだったのもあり、それでも迷ったけど、これにしました。

お侍が昔からタイムスリップでやってきて、パティシエになる・・それくらいしか知らずに行きました。
でも、すごくいい映画だった~
映画の題名で記事を書くことは、殆んどやってないけど、今日は珍しく!
他に特に書くことがなかったのはあるけど、でも、この映画に賞賛を送りたくてさ。

亮ちゃんの、ぼそぼそっとした無骨な一面がすごく良く引き出されて、使われてて。
派手なリアクションも表情もないけど、
江戸の侍らしく見える所作とか、言葉とか、声のトーンとか・・・そういうのが、きちんと完璧に見えて、すごいな~きれいだな~って思えた。

でも、肝心なのは内容よ。
少ないキャストで繰り広げられる物語です。
江戸からやってきた侍を、家に泊めることになる母子。
お互いの戸惑いがありながらも、優しさや感謝で、共同生活へと・・・
亮ちゃんは現代を受け入れようとし、母子は江戸にあって今はないものを感じたりしながら、思いやりをもって近づいてく。

 親切にすること 。思いやること。

 いつの間にか、現代が失ってしまったもの。

 仕事をするということ。 生きがいを感じるということ。

 子育てをするという責任。 しつけをきちんと出来るかどうか。

 愛情の根源。 家庭という居場所。

そういうのを、フフッと笑ったり、ドキッとしたり、ハラハラしたりしながら、日常的な風景の中で描いてあります。
中だるみも全くなく、あっという間にラストになったし、
見たあとに気持ちがほっこりなる作品でした。


終映ギリギリで、見ることができて本当に良かったです。
作品に、亮ちゃんに、共演者の皆さんに、監督さんたちに、いっぱい拍手を贈りたいです。
いい作品をありがとうございます。








All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・







【More】








いいともを録画したけれど、違うAOKIは流れず・・・・・

こっちではないのかな? 寂しいな。

また、情報を待とう。





 →よかったらパチコーンとおひとつ・・・




関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:51 |  日々つれづれなるまま  | CM(2) | Top↑

コメント

あ~~ん
残念!
「ちょんまげぷりん」見逃したのです。
いつも見る映画館三つとも上映してなくて「何で~」だったんだけど、
月遅れでちょっと遠い映画館で上映になって。
でも、期間が短くて都合が合わなかったんだよね。

私も、侍が昔からやって来てパティシエになる・・・ってくらいしか知らなくて。
でも、面白そうだなぁって。
いい作品だったんだね。
記事から、伝わってくるもの。
どこかでまた上映しないかなぁ~
DVDになったら、絶対見なくちゃ!

映画の記事は、いつも興味深く読みます。
私も好きでよく見るけど、感じたことって人にはあまり話さないし、
人がどんな風に感じてるのかも知ることはないからね。
感じ方は、それぞれだもんね。
おんなじものを見ていることも多くて、なるほど~と思って読むこともあるし
自分が見ていないものを知る機会でもあるし。
それで、食わず嫌いだったことに気付いたこともあるしね。
映画の記録見て同じものを見てると、嬉しくなったりしてます。
hide |  2010.10.22(金) 01:36 | URL |  【編集】
●hideさま
これは、ものすごくいい意味で裏切られた作品でした。まさかこんなに人の気持ちが優しくあったかく描かれてるなんて想像もしていませんでしたよ~
いつかレンタルででも見てください。

映画これだけ書いてても、やっぱりド素人の感想だから、なかなか表題にはしないけれど、横にある記録で日付探せば書いてるところが分かるようにしてる~
また、心に響いた作品に出会ったら、感想など書きますね~
ごんままっち |  2010.10.25(月) 18:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索