FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2011年10月11日 (Tue)

仙台社員旅行 2011,10,9~10

「東北の為に、お金を落としに行こうじゃないか!」
という社長の一声で、この旅行は企画されました。
従来は、社員旅行は1年おきですから・・・

参加者はとても少なかったのですが、あたしには始めての東北で、いいお天気でしたし、いい旅でした。
当初は直行便の回復がわからず、東京からは新幹線で・・・という計画がされていましたが、
直行便が回復して、約2時間のフライトで仙台まで行けます。

CIMG3493.jpg  CIMG3494.jpg
最近はすっかり経験しなくなった、飛行機まで地面を歩いて向かうって~
急な階段を上って乗り込みます。
ある意味、首相専用機みたいっしょ?(笑)

CIMG3495.jpg  CIMG3498.jpg
行きは窓際だったから、こうして地上が撮れました。
能登半島上空を通って行きます。東京の上を通るんじゃなかったんですね~
CIMG3499.jpg
すごく高い山。すぐ近くに見えました。雪でしょうか?白いところがありますよね?



CIMG3500.jpg
仙台空港。あの3月、車がなだれ込むように流れてきてて、水が入ってきて孤立したあの場所。
自衛隊、外国の方々の手作業から始まった努力により、今ではすっかりきれい。
でも、空港と市内を結ぶ鉄道は、10月に入ってからやっと回復したとのこと。被害の大きさを想像します。






松島のクルーズ。
CIMG3501.jpg
島巡り芭蕉コースです。自家用車じゃ乗れないコースだよね。
元に戻ってこないんだもんね。
CIMG3509.jpg  CIMG3516.jpg
船内に売ってあるカッパえびせんを差し出すと、カモメが寄ってきて取っていくので、大騒ぎでした!
あたしも少しだけやってみたけど、いざカモメが近寄ってくると、くちばしが怖くて、えびせんを放り投げてしまいました・・・(汗)
CIMG3520.jpg  CIMG3517.jpg
船が通ると大きく揺れます。
地震の大きな爪あとも、まだ残っています。



CIMG3521.jpg  CIMG3526.jpg
仁王島だったかな?「ベレー帽にサービスでカモメつきですね~」と、案内しながら船を操るおじさん。
少しずつ黄昏が近づきます。日の暮れるのがとても早いって実感です。

CIMG3531.jpg  CIMG3530.jpg
馬の形の岩?(島?) 侵食は風で起こったそうです。波は穏やかですもんね・・・
島がいっぱいあるとおり、水深は3メートルくらいと、浅いそうです。



塩釜から乗って松島へ到着。海から見た五大堂。
CIMG3537.jpg
すぐに五大堂へは行きました。周りを取り巻く十二支の彫り物が有名だそうですが、「寅」だけが妙に未完成というか、あいまいというか・・・
CIMG3539.jpg  CIMG3541.jpg
右のねずみは、ちゃんとしてるでしょ?
途中で止めたか、虎って生き物を見たことがなくて、こうなったか・・・などの説があるそうです。
団体旅行は、こういうガイドさんの説明が大好きです。
CIMG3540.jpg

お土産やさんでは、こうして笹かまを焼いて食べているところも~
CIMG3542.jpg
あたしは、宴会料理の為に、我慢したんだよん。







宴会、引越し!!(笑)、亀ちゃんとの3人集会、夜更かしを経て、
朝、窓から見た松島。
CIMG3546.jpg
「(ごんままっち)さんは、寝ちゃいました・・・」と、社長に言ってくれた同室の先生。
ありがとうございます・・・
バスを見送ってくれる相方に手を振って、また団体に吞み込まれて行動です!

国宝・瑞巌寺。
CIMG3551.jpg  CIMG3547.jpg
あいにくと、本堂が改修中でしたが、庫裏や奥のほうの廟が、普段なら非公開のところが公開されていました。
CIMG3550.jpg
立派な杉並木。でも、本道に迫ろうかというくらい、この杉並木のかなり上のほうまで、津波が到達していたと看板が立っていました。
あたりのお土産やさんは、回復したところもいっぱいありますが、建物の前に商品を並べて売ってるお店もあり。
中の修理がやれていなかったのでしょうか・・・




次は、被災地の見学。(言葉がうまく使いこなせない・・・)
バスで通っていくだけでしたが、ガイドさんがベテランのいい方で、観光客のいなかった頃は、政府などの視察団のバスに乗っておられたようで、いくつものエピソードを聞かせてくれながらでした・・・
CIMG3553.jpg  CIMG3554.jpg
壊れた建物、瓦礫の山。

CIMG3555.jpg  CIMG3557.jpg
車が流されて寄り集まって、5段にも6段にも重なっていたというスーパーあたり。
CIMG3559.jpg  CIMG3560.jpg
中が抜け殻になってしまってる民家。
あたりは地盤沈下が1メートルとかであってるようで、大雨が降りましたが、排水が極端に悪くなってて、あちこちにこうして水がたまっています。
最近はずっと晴れが続いているのに、乾かないそうです。

9割がたは片付いているとのこと。
当時の様子は、想像の余地もありません。
でも、道に沿っていたであろう線路が寸断され、もう敷設されていない。途切れ途切れにレールが残っていたり、新しくされた歩道にレールなんてないのに、踏切が残って立っていたり。

当時はガードレールに人が引っかかっていたり、キリンビールの大きなタンクも数本倒れ、缶のお飲み物が散乱して・・・まだ飲めるからと、持っていっていいからと、拾う方々がたくさんいたり。
両親をなくしたある子ども。遠くの親戚に引き取られて行ったものの、リストカットが続いた。
カウンセリングで「帰りたい」という欲求があるということで、被災地の親戚に移った。
ところが、目を離た隙にに、両親の遺骨を抱いて海に入ってしまったと・・・・
3分以上続いた揺れ。ずっと続いた強い余震。
ガイドさんの体験者としても語るエピソードと、涙を溜めそうな瞳。
あたしは何度も何度も涙を流しながら聞きました。
そうして・・・
相方が無事だったこと、電気が付いた日、水が出た日、やっとお風呂に入ったという日・・・
あの頃のことも思い出され、涙が・・・・・・・







次は、仙台城に行きました。
CIMG3565_20111011165044.jpg
一番の賑やかな通りのようですが、大きな並木が清々しく、伊達政宗が基盤を作ったという、碁盤の目に整備された道。
とてもきれいな街、仙台です。
仙台城は山城。天守閣とかはなくても、街が見渡せたそうです。
こんな碑があったそうですが
CIMG3566.jpg
震災で粉々・・・・CIMG3567.jpg

伊達政宗の像は、こうしてすっくと建っていました。
CIMG3569.jpg
楽天、岩隈のマンションだって~♪ すごい高層!
CIMG3572.jpg
仙台にいる間、山崎さんの退団が発表された由。
この日は球場ではデーゲームが行われていました。あの試合がホームで山崎さんのラストだったのか?
帰りの空港のテレビでは、胴上げされている姿が映っていました。
涙の退団・・・亀ちゃんもたくさんお世話になった選手です。
まだ野球を続けたいという山崎さんの意思が通りますよう。またあのバッティングが見れますよう、期待して待っています。



最後の食事、お昼ご飯は牛タンの定食。
亀ちゃんたちが行った「利久」とは違いましたが、ま、こんないろんな牛タン料理が~
CIMG3574.jpg  CIMG3575.jpg
テールスープ、つくね、燻製、シチュー、そして、焼いたの。
やたら、食べ過ぎました~~ 食べつくしましたから!(笑)
美味しかったですよ。九州と違って、やっぱり東北はやや塩辛い印象もありましたが・・・
九州では砂糖を使った味付けが、もう少し強いですからね。
これは、昔々からの「身近な調味料」が違うんですもんね。





というわけで、空港へ戻る。
相方が、可愛い三男ちゃんを連れて、待っててくれました。
しばしまた一緒に過ごして。
ほんの短い時間でしたが、仙台を満喫し、相方との時間を楽しんで。
ちょっと痩せた彼女と、ハグして、少しの涙を溜めて。
また機上の人になります。
CIMG3576.jpg
相方は、息子ちゃんと展望デッキへ上がって、機体が見えなくなるまで見送ってくれたとのこと。
「さよなら」
「またきっと」
「頑張って生きて、また必ず会おうね!!」

CIMG3577.jpg   CIMG3579.jpg
青かった空は、やがて夕日色になり、着陸する頃には、それは街の灯がきれいでした・・・・・









始めての地で、あっという間でしたが、しっかり思い出を持ち帰りました。

あたしの、会社の中での転機が来ているようですが、

亀ちゃんを見習って、与えられたことを、もたらされたこととして、邁進していかなきゃ・・・とも思うし。

自分をいじめすぎていないか・・・との押し問答もあるけど、

後悔しない道をセレクトしなくては・・・の今週です。

いいお天気と、力強い東北の人々に敬意を。

相方や、同室の方の優しい気持ちに感謝を。

またね。仙台。









All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・








関連記事
スポンサーサイト



編集 |  17:13 |  日々つれづれなるまま  | CM(2) | Top↑

コメント

あなたの旅の記録がとても好きなのね。
その中に仙台が加わったことが嬉しいです。
地元の人間の方が、じっくり見る機会は少ないかもね。
ガイドも付かないし~
あなたの方が詳しくなっちゃったかも(笑)

震災の話には・・・
あなたに心配してもらったこと、励ましてもらったこと、
いつも気に掛けてもらっていたことが思い出されます。
どんなにありがたかったかも・・・。
私の生活は普通に戻っているけれど、こうして改めて爪あとを見ると
まだまだ辛い思いをしている人がいるということを忘れてはいけないと思わされます。
そんな大切なことに気付かせてくれた写真と記事でした。

短い時間でしたが、仙台を満喫出来たようで良かったです。
いつか、あなたの住む街にも行ってみたいな・・・
夢は持ち続けることにします。


PS.
東北のために・・・と旅行を企画して下さった社長さんに感謝します。

hide |  2011.10.11(火) 23:56 | URL |  【編集】
●hideさま
あらん。あたしの旅記録好き?~きゃはっ!嬉しいです!
東北は始めてで、すごくいい経験もしたし、珍しい食べ物も頂いたし、美味しかったし、楽しい時間でした。
被災地には、この足で立ってみたかったんです。亀ちゃんもそうしてたし。社長も提案してた。
だけど、バスを停めることはダメだったんです。
理由が解らなかったから、あたしなりにずっと考えてた。
で、もしあたしがあそこの住人だったら・・・と考えてみた。
すると、嫌だよね。ぽつんと亀ちゃんが来るならまだしも、観光バスが次々に停まって見て行くなんてさ。
その理由は正しくはないかもしれないけど、被災地の方々の気持ちでその地には行かなくては・・・と、気を引き締めてみたのでした。
団体客はいっぱい食べて飲んで、お土産を買うことがいいんだって、そう思いましたよ。
一応ルール違反は梨で、行って来れたようですね。

hideちゃんも、いつか機会があったら、こちら地方にお出かけくださいね。
ごんままっち |  2011.10.17(月) 17:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索