FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2011年10月24日 (Mon)

速報的な・・・・・

なんかこのブログ、携帯では見れるけど、PCでは表示されなくなっててさ。
すぐ直るかな~って思いながらも、サポートに連絡しておいたんです。

でも、またまた土日はめまぐるしく、目が回るくらいの生活でね。
サポートの返事も見れなかったし、携帯では表示されてるから、データが消えたわけじゃないし~って思ってた。
で、今日メール見たら、「テンプレートの不具合で非表示のようです」とのこと・・・
仕方ない・・・テンプレ変えるか・・・・・ってやってきてみたら、表示されてるわ!!
ったく!
あたしは何にもいじってないんだからさ、管理側の何らかの不具合だったはずなのにさ~
ふ~~んだ!
ま、いいけどさ。
3日もアクセス数ゼロってのが、ちょいと寂しいだけさ・・・





見たわよ、ベム。
正確には9時半くらいから見た。
やっとその時間に帰ってきたんだもん。
dボタンは、娘が押してくれていました~♪

半からだったから、それで書いちゃうのもどうかと思うけど~速報的に見てくだされ。
なかなかのもんでした、ベム。
あたし、ドラマが苦手で、いくら挑戦して気合入れても、でくじけて放置することしきり・・・
内容がどうとか、語ることも出来なくなる・・・
亀ちゃん毎度ごめんなさい。

でも、ベムはなかなか良い。
がなさそうなので、とにかくいらぬ心配をしていないので、安心して見れる~
で、細かい彼の表情に、小さく、でも、細かく繊細に気持ちや立場などが織り込まれていて、驚きました。
人間との関係性、どう距離を置くかと悩んでみたり、
3人の妖怪の中でも、ベムは少し孤独な感じに位置してて。
熱くならないようにと、自制してるけれど、感激屋で熱いやつで。
だから、そのせいで変身してしまって、また自分が悲しい目にあっても、諦めが付くというか、後悔しないでいられるというか・・・
そんな感じがしたよ。

亀ちゃんがしきりに話していた、心理的な部分。
ぶっっちゃけ、そうは言っても妖怪ものに終始するのではないかと、そう思ってた。
そう見えても、彼の気持ちは汲んでいたいと思っていた。
でも違ってたね。
彼が話していたようなこと、すごく表現されていたって思う。
彼のアクションの少ない状態での、細かいうつむく角度や、伏し目具合、見つめる長さ・・・
目がとてもお芝居をしていて、
どれだけ心込めているんだろうと、心打たれる気がしていました。

また次も見たいです。
事務の子も、シンプルな言い方ながら「面白かったよ、あれ!あれなら私、また見たいもん!」
そう言って話してくれました。





じ~~んとしたのは・・・
彼の涙です。
あたし、彼が泣くところ、始めて見たような気がして・・・
なんだかね。
勝手に、身につまされるわよ・・・
その上、見てはいけないもの、見たような気持ちにもなるし・・・
複雑でしたが、いいシーンだったと思います。

頑張ってるんだな・・・と、改めて思いました。
いい作品だったと、ラストまで思える、思ってもらえる作品にするため、また今日も頑張っているんだろう彼。
どうか。
彼の残す、素敵な足跡になるよう、祈っています。




ちゃんと、前半見ておくからね~ ごめんね。








All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・








関連記事
スポンサーサイト



編集 |  18:08 |  亀ちゃん的日々  | CM(2) | Top↑

コメント

●おめでとう♪
ごんままっちさん、お久しぶりです。

「妖怪人間べム」、高視聴率だったようで、
良かったですね!
数字が全てじゃないって思っていても、
やっぱりファンとしては気になりますよね・・・
亀ちゃん喜ぶ顔が目に浮かんで、こっちまで
嬉しくなちゃいました。

「ベム」の発言は少ないけれど、仕草や表情で
うまく表現してた亀ちゃん。
私の周りでもなかなか評判良いです!\(^o^)/
あとは、主題歌「BIRTH」がたくさん売れるといいですね♪
ゆき |  2011.10.26(水) 08:44 | URL |  【編集】
●ゆきさま
コメントありがとうございます!

彼は数字をどう捉えているのか、言葉を見た記憶がないですが、業界人である以上、気にせずにやっていくってことはないでしょうね。
今回の数字にとても嬉しそうな様子だったのが、印象的でした。
これまで悔しい思いをしたことがある「数字」ってやつに、彼は自ら立ち向かって、とりあえず勝利したんだね。
これからの継続があるように、祈っています。

でも、あたしは素直にいい作品だったということのほうが、嬉しかったです♪
ほんと、彼の思いがいっぱい詰まった作品。表現も考えて試行錯誤で頑張っているんでしょう。
次は作品評価がいいものだといいですよね~
ごんままっち |  2011.10.29(土) 11:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索