FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2012年04月29日 (Sun)

焼き付けたい記憶 1日目

この記事では、福岡公演の記憶記録をしたいと思います。
例によって、順番はごちゃごちゃになるはず。
勘違いなど、きっとたくさんあると思いますんで、ご容赦の気持ちでご覧ください。

どうしても薄れてくあの日の感覚を、少しでも書きとめておきたくて、キーボードに向かっていますので・・・




1日目、席はアリーナでした。
KAT-TUN福岡でアリーナが当たったのは初めてです!
番号見ても、全く位置が想像できない、いつまで経っても素人のあたし。
娘と二人、チケット持って探しながら歩いて行きました。
す、す、すると!!!
たどり着いたその場所は、バクステの横、一番バクステ側から二席。
そう!横向いたら一番前!って訳!!
もち、柵あるし、スタッフさんいるし、ステージまでは2メートル位かなあ~距離はあるけど、一番前なんです。

そこにメンバーが来ると、ほんっと近い。
よく来てくれたのは田口くんだったかな・・・
亀ちゃんはいつもそうだけど、必死で見てると、おばちゃんはきちんと除外して、違う人を見るんだもんな~

だから、あたしは使いましたよ。「ザ・近いのに双眼鏡」
「歩道橋」を含む、バラードの並び、センターステージの高く上がる装置に乗り、真っ直ぐにこちらを向いたまま彼は歌っていました。
あたしは、ライブではほぼ全曲歌いながら聴いています。
6人KAT-TUNの歌なら、仁くんのパートを歌います。
5人KAT-TUNの歌なら、ハモリパートを練習していきます。
時には、亀ちゃんの歌う場所に、あたしなりのハモリを作って練習していきます。

双眼鏡を両手で握ったまま、左手には彼の名を書いたうちわも持っていましたが、
凄く近くに居る彼がゆっくり上昇していくのもずっと覗いて見てました。
彼からだと、うざいおばちゃんの視線がなくなるのでしょう(笑)
双眼鏡の視線と、ずっとずっと、ずっとずっと彼の視線は合ったままでした。
「歩道橋」は大好きです。
ちょっと心が湿った日には、歌うと涙が出ます。
看病しに和也の部屋まで必死で行ったかりんの姿が見えてきてしまうからです。
(ごめんなさい。あまりにレアな理由ですね・・・)
「歩道橋」については、またいつか語ろうと思っているので、ここでは止めておきますね。

そんな歌を歌いながら、彼にハモリを入れていました。
ずっと、ずっと、ずっと、レンズ越しに目が合ったまま・・・・・・・
近くに来てくれても、視線は外される。今までの常でした。
遠く、遠くならまっすぐ見ることもありましたが、だけど今回は近い距離でした。長い時間でした。
たとえそれがレンズ越しでも。
レンズの下では、あたしの涙でいっぱいになった目から、ポロリポロリと涙のしずくが流れ落ちます。
静かに・・・・・
ポロリ、ポロリ。

何の涙だったのでしょう?
一緒の屋根の下に居て。一緒に歌を歌ってた。
彼が・・・まさに、そこにいて。
あたしが、その近くにいた。

そんな感激だったのでしょうか。





今回は、凄く大きなムービンが持ち込まれていました。
DVDで見るとき、憧れたムービンの下。
真下ではなかったのですが、下に入ることができました!
でも~~~~
あれって損な場面があってね。メインステージからやってくるときは、距離が縮まって感激なんだけど、
止まる位置に、そのすぐ下に居るとね、
そのステージが止まった後、高く上がっていくものだから、全く!全く!5人が見えなくなるんです。
チラッ、チラッと、田口くんらしき手の先が見えたりするだけ。
双眼鏡をずっと持ってると、モニターに合わせるのってタイミングが難しくて、ピントも合いにくいからあんまりあたしは見ないんだけど、
ほんっと目の前でステージが上がってくもんだから、モニターすら眺めにくくて・・・
ステージの「足」見ながら、声聞いて想像してましたよ(笑)
少なくとも2曲は全く見なかったもん!





彼はとても元気でした。(と、思いました)
でも、竜ちゃんはとても静か過ぎるくらい静かでした。
中丸くんが、見たこともないような明るさで、賑やかさでびっくりしました。

竜を心配しながらも、MCが楽しかったな。
よく喋るようになりましたね~みんな。
1日目は、中丸くんがお客さんの中に「せつこ」がいる~みたいな話しになって、その名を連呼したり。
亀ちゃんはタイタニックのラストシーンのモノマネとかで、苦しげに「カムバック・・・」を連呼。
「右ひじ左ひじ」は大流行で、やたらやってました(笑)
田口くんは、福岡でもつ鍋を食べたいけど、他のメンバーは水炊き希望でいつも叶わないようで~
「モツ」の話しになったら、「モツ」を混ぜ込んだダジャレ?が出るわ出るわ!
いっぱい、いっぱい出て・・・・・・あれ? 全然思い出せないよ
娘が覚えててくれたのがありました! 竜ちゃんの「俺、さっきダンス、もつがえた~」
こんな風にね。凄く面白かったのに! 自分の脳みそ、恨むわ

中丸くんの疑問。
「スマートフォンって、何でスマホって略すんだ?ホはないだろ??」とか。

ま、いろんな話が次々に出てきた。竜ちゃんはごく静かだったけど・・・
番宣とかも田口くんくらいだし、1位のお礼だけだし、そういう商業ベースな話がないのも、凄くよかったぁ。

サイン入りのポスターが、座席で抽選して当たるんだ。
抽選箱が出てくるんだけど、お渡しする巻いたポスターで遊ぶのが楽しそうでしたよ(笑)
これは二日目のほうが賑やかだったから、そっちに書こう。
当たった人、いるんだよね~
そうそう、バックステージツアーってやつ? あれも当たる人がいるんだよね?
なんか、あたしには、席が良いくらいで運は目一杯なんだろうなあ。
多分、人生半分は過ぎてしまってる身としては、そんな大幅な素敵なことって、もう起こらないような気がする。
もち、今までにもあったとは思ってないよ。
でも、あたしって人種にはそんな素晴らしいことは廻って来ないような・・・ね。
だから、ポスター当たらなくても、それが普通に感じたよ(笑)
ボールも投げてたようだけど、亀ちゃんが投げる姿すら、見かけないままだったよ。



今回、ムービンに驚いたし、ムービンの上で炎炸裂!!で、驚いたけど、
この日は「割と地味なセットだな~」って気がして見てた。
双眼鏡で、近い彼をやたら追ってたら、それしか感じないよね(笑)
衣装も、余計な羽織ものとかなくて、シンプルで、割とタイトで動きやすそうな感じで、素敵だった。
あたしは、とても好きだな~って思ってみてた。





曲とか、進行とか、もうわかんないから略!(笑)
アンコールは、福岡では珍しい・・・ダブルアンコールだったんだ。
今までは1日に2ステージだったじゃない?
で、いつも早く帰れるように、大抵1公演目に行ってた。
1日目の2公演目に行っても、福岡ラストの2日目2公演目には、決して行けなかったの。
2日も続けて行くことを、内緒にしてきたからさ。
1日目に夜遅くなって、2日目は旦那がいない間に行って帰ってくる・・・って作戦ね(笑)
大抵そうだったわ。
曜日がいつもそれしかできない並びだったはずだよ。
だけど、もう違う・・・
今回は「2回行く」って娘が言ってたし。あたしもファンだから行く・・・って様相になってきてるしね。
仕事して、ギリギリで、泣きそうにもなりながら、口の中にもの詰め込んで車走らせて、二日通ったんだ。
今回は、そういうのも大きかったな・・・あたしには。

そんな公演、ダブルアンコで嬉しかったよ。
福岡はいつも、あっさりとアンコールの声が引いてしまうのだけど。
いつも、いつも悔しくて、悔しくて仕方がなかったのだけど。
でも、今回は皆頑張って声出してたよ。
2回出てきてくれて、歌ってくれた。
なんだかじ~んとしたよ。





仕事して、仕事して、ストレスまみれで、体調もガタガタになりがちで。
精神的にも、追い詰められることばかり。
やりたくて出来なかったり、
やらなきゃならない事が、襲ってくるような気分で生きてるし、
あれも、これも、それも、あっちも、こっちも・・・
覚えてなきゃならないことばかりで、目が廻りそうだし。

実際、必死で働いて、必死で車走らせて、夜遅く帰ってきて、
また仕事行って、泣きそうになるくらい仕事終わらなくて、
高速使って、飛ばして、滑り込んで、ライブギリギリで。
くたくたな2日でした。
だけど、だけどね・・・
アンコールで歌ってくれるのは、凄くうれしかった。
ずっと、ずっと一緒に居たかったなあ~
そんなライブって、素敵だよね。
そう思って、ひた走って駆けつけたい人が、この世にいてくれるって、あたしには本当に嬉しいこと。
そんな実感でした。







見つめた眼差しは、レンズ越しなだけに、ちょっと影から覗いてる感も無きにしも非ずでしたが、
彼の存在は実感していました。
すごく近くて。
手は届かないんだけどね。

楽しい・・・というか、
トリップ出来て、充電できる時間をもらえました。


そんな福岡、1日目でした。











All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・







【More】









仙台でのオーラスまで駆け抜けましたね。
今朝は、生で中丸くんが見れて、なんだか感激でした。
東京ドームの裏情報は、またゆっくりしたときに見ることになりそうです。

メンバーのみんな、お疲れさまでした。
スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

心のこもったライブを、ありがとう。






福岡二日目、こっちはちょっと更なるミラクルでしたが、また書上げまで時間かかりそうだわ・・・








 →よかったらパチコーンとおひとつ・・・





関連記事
スポンサーサイト



編集 |  11:37 |  KAT-TUN的日々  | CM(2) | Top↑

コメント

「歩道橋」の高く上がって行くステージ。
素敵な演出でしたね。
1日目はバクステ近くのスタンドで、亀ちゃんは近かったですが、ずっと横顔を見つめていました。
2日目は、メインステージとセンターステージの丁度真ん中辺りのスタンドだったので、
彼の後ろ姿を見る形でした。
2日目かな。あなたが「バクステのすぐ横」と言っていたのを思い出して
「亀ちゃんの視線のまっすぐ前だったんだ・・・」と思いながら彼の後ろ姿を見ていました。
どんな気持ちでその姿を見ていたんだろうと思いながらね。

いつも、ライブに参戦出来るだけで、そこにいられるだけでいいと思ってはいるものの、
いざライブが始まると、中々近くには来てくれないことを残念に思うのよね(笑)
今回はね、その想いが強かったかな。
反対側に行くことが多かったせいもあったのかなぁ~
特に「歩道橋」の時はね、あの視線の先にいたいとスゴく思った。
せめて、アリーナのあの近くにいたいなって。
双眼鏡の視線と彼の視線は合ったままかぁ・・・
今回、私が双眼鏡を覗いたのは、MCの時にちょっとだけ。
あとは、遠くにいてもず~~っと彼を目で追い、見つめ続けたのね。
なぜかそうしたかった。
私にもそんなチャンスが訪れたら、レンズ越しに彼と見つめ合ってみたいな。
hide |  2012.05.02(水) 14:58 | URL |  【編集】
●hideさま
よく人に、「亀ちゃんがテレビに出てるの見るの、そんなに旦那さんが嫌うの?」って聞かれるのだけど、もちろんそれもあるけれど、あたしが旦那の前で亀ちゃんがテレビに出てるのを見ないのは・・・
   「本気」がバレそうになるから。
いつもそう答えます。

その相手が、かなり近くにいて、歌ってて。
あたしはレンズ梨での見つめあいは抱え切れなかったかも知れないよ。
夢の時間でした~
彼は、あたしなんてきっと見てやしないのに。
でも、あたしは見てた。ずっとずっと涙を流しながらね・・・

hideちゃんにも、また必ずチャンスはあるさ。
あたしだって、諦めた時にやってきた至近距離だったからね。
「きっといつか・・・」を胸に秘めて、また彼の元へとみんな行くんだろうね~
きっと、あなたにも夢叶う時間がありますように。
ごんままっち |  2012.05.22(火) 16:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索