FC2ブログ
2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

プロフィール

FC2カウンター

彼も同じ月、見ているかな

ジャニじゃに情報

お友達のみなさま

カテゴリー

ここ1年で見た映画(^.^)

☆☆☆

ガンバレかめさん

2012年05月05日 (Sat)

焼き付けたい記憶 2日目

ライブの熱さも薄れて行く中、亀ちゃんはまた新しいお仕事の発表がありましたね。
彼は常に先を見なければならない状況にあり、
どんな種類の仕事でも、首は縦に振りつつも、迷い戸惑いは吞み込んで、自分を鼓舞して進んでいくのだろうと想像します。
でも、やり遂げた時には、必ず手中にキラキラした確かなものを掴んでいる彼。
それが自信となり、また違う「亀梨和也」への挑戦エネルギーを生むんだろうと・・・

勝手な想像なんですが、あたしにはそう見える。
「亀梨和也」は常に進化してく。
だから、決して目を離すことが出来ず、釘付けのままであたしは生かされているのでしょうね。

体調だけは気をつけて、邁進してほしいです。
いつも祈っています・・・









さて。福岡の二日目を、簡単ですが書いておきますね。

この日も土曜ですが、あたしは仕事してて、時間が近づくと仕事場に娘が来て待ってて。
で、娘が買ってきてくれたサンドイッチを一口ずつ口に押し込んでは、仕事してました。
なかなか終わらなくて、最後はイライラして・・・
終わるやいなや、高速使って、少し料金が高くて離れてても、確実に止められる駐車場へまっしぐらに行き、
早足で歩いてやっとたどり着いた会場でした。


チケットはスタンド。
あまり良い場所じゃないのかな・・・って娘と二人して思っていたんです。
メインステージの上手に一番近いあたり。会場の端っこです。
正直言って、メインステージに出てくるところなんかは、奥のほうにいるので見えないです。そんな位置。
ただ・・・
通路があって、その上側の一番前だった。
 「もしかして、トロッコが来たら・・・? 最前列??」
それは思ってみた。


高いところでしたから、ステージ全体の構成がこの日は良くわかりました。
前日は、ほんと、タイトに亀ちゃんと向き合ってた感があったんですが、この位置ではKAT-TUNのライブというものが楽しめます。

今回って、ジュニアが全く来ていないんだよね。
今まで、キスマイ、ABC、山田くんも、関西の子もいろいろ一緒に見れて贅沢だったよね~って話しながら、ちょっとそれは寂しいものがありました。
特に娘は、ジュニアが歌うコーナーで、五関くんを見たり、二階堂くんを見たりするのも楽しみでしたしね。
でも、その分KAT-TUNたっぷりたっぷり~~ってことでもあったような気がします。



高いところでの発見といえば、照明です!
東京ドームのあと、テレビでも流れていましたが、あの動く照明がとても素敵でした。
以前の竜ちゃんの「LOST」で驚嘆して以来、ライブでの照明の効果ってものには、感嘆します。
仁くんのフラッシュのような効果も好きでしたし。
今回は照明設備もセットの一部と化し、かなりの距離を動いて、ムービンに炸裂する炎の暑さと共に、五感で感じるまさに「LIVE」というものを演出していたと思います。



1日目との大きな違いは、MCでした。
竜ちゃん復活?? 物凄くよく喋って笑ってふざけていました。
プレゼントするポスターで「まゆげ」ってやるのは竜ちゃん。
「おじいさん・・・」と杖つくのが中丸くん。
危険な位置に持ってきて「ぞうさん」と口にして怒られたのは亀ちゃん。
「つめ」ってやったのが田口くん。
面白くないからか「やっと止まった・・・」と聖。
途切れることなく、モノマネやらおふざけが出る出る出る~~~~
その全てを、一人で受け止めて、突っ込みかけるのが聖くんなんだあ。
その早い流れたるや!!
あの5人、必死で練習してあんなのやってんのか?(笑)
それとも、ノッてきたら、あんな次々に飛び出すのか!(笑)
とにかく面白かったぁ

Perfumeのチョコレート・ディスコを歌いだす亀ちゃん。
となると、レーザービームで対抗する竜ちゃん。
中丸くんは、きゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」歌いだしたり・・・
第一、誰もきゃりーぱみゅぱみゅがうまく言えなくて、また皆で可笑しくなって笑っちゃう。
亀ちゃんは「♪盗んだバイクで走り出す~」も出すし。
もう、アラカルト、アラカルト~~♪



それと、田口くんは、朝から海ノ中道まで船で行ってきたって話してた。
多分泊まるホテルだろうと噂のところは、中道まで船出てるし。
あ、そっか・・・ライブ会場の近くからも出ているはず。
あたし、1回だけ乗ったことある様な記憶があるわ。
お見合いだったかもしれない

やっぱり水炊きに決まって、前夜は4人で食べたんだと。
聖は具合悪くて、部屋にいたって。たらこパスタ食べたって言ってた。
それ聞いても判らないくらい、2日とも凄く元気な聖を見てたら、プロ根性を感じてね・・・
だから逆に心配するまい! 楽しく過ごさなきゃ!って思ったんだ~
水炊きは、前行ったお店とは違ってたのかな?
古い造りのようで、一番奥の部屋に通されたけど、換気扇の音だけがやたら大きくて。
で、中丸くんが持ってた音楽プレーヤーかな?で、入ってたジャズ風の曲を流して、換気扇の音をかろうじて消してたとか話してたよ。
それでも結構長い時間居たみたい。3時間とか・・・
思い浮かぶ店・・・・あそこかなあ~~♪
あそこだったら、安くて美味しくて、ちょっと暗くて古くて(笑)
でも、有名♪

あとね~亀ちゃんはお買い物に行ったんだと。
な、な、何とデパート! 岩田屋だって!
何買いに行ったと思う?・・・・・バスローブだって。
岩田屋ね~~ そんな特別なものがあるのかしら?
タオル専門のお店、あるけど・・・
あたし、娘の誕生祝のお返しに使ったから、カタログ持ってた。お店で結構大量に買った。
そこ??
でもなあ~東京にもいっぱいあるお店だしなあ。
聞くと、バスローブ売ってるとこ、片端から行って尋ねてみたくなりますよね。
きっとそうした人が、ライブ後も、もしかしたらこの連休もたくさんいたかも知れないな・・・
迷惑だから、止めたいけど。
でも、どんなの買ったのか聞けるなら聞いてみたい・・・
そういえば、何年か前には、聖の足跡探しに、宮地嶽神社に行ったっけなぁ~

博多弁を随分お気に入りでね。
2日とも、その話も多かったよ。
いったい誰がKAT-TUNの傍で博多弁で喋ってんの???
誰が聞かせてるの???
ちょっと間違えた博多弁を使おうとする亀ちゃんが、可愛かったよ


メンバー全員が、すっごくはつらつと止まらないおしゃべりして。
合間に給水ごくごくごくごくごくごくごくごくごくごくごくごく・・・・・
なが~~~~く飲んでる亀ちゃんを
 「飲む飲む飲む飲む飲む飲む~」
と呟きながら見てるあたしでした。
亀ちゃんが食べたり飲んだりしてるの見るの好きなの。彼も実態ある人間だって思えるから(笑)
生きてんだぁ~ってね







さて。この日のメインの出来事に行きましょ。
それは最初に予感したように、トロッコでした!

まず、右側の暗がりにスタンバイするのが見えたのは、聖でした。
あたしたちの位置が前述のように端っこだから、明かりが当たってやってくるまでにはあっという間です。
トロッコに乗ってやってくるときって、なぜか皆ポーカーフェイスなんだよね・・・
まっすーとか、亮ちゃん、小山は、満面の笑みで来てくれることが多かったけど。
聖も、ポーカーフェイスでしたが、手は出してくれて近づいて来ました!
一番前!! 手を伸ばします!!!
 「こうき~~~!!!」
思わず叫んでいたはず。
ふ、ふ、触れたんです! 聖くんの手に! 娘も!
冷たい手でした。
でも、男らしい感覚の。
それは、それは大感激!!!!!
タレントさんに触れたのって、大江千里くんしかないもん。
あの時は、すごくあったかい手だったけど~

大感激のあたしたちを残して、聖くんは左のほうへ去って行きました。

そのトロッコに、入れ替わりで乗って戻ってきたのが竜ちゃんのようでした。
聖のことがあるから・・・と、大緊張で見つめるあたしたち。
竜ちゃんがどんどん近づいてきます。
またポーカーフェイスです。
でも、聖ほどじゃないけど、片手は少し手すりからだらんと出してくれていました。
左側があたしなんで、先にあたしに近づきます。
さ、さ、さ、さ、触った!!!!!竜ちゃんにも!!!
また冷たい感触! 聖より少し細い感覚。
次に、娘も!! 手を伸ばす、伸ばす、思い切り伸ばす!!!
娘も竜ちゃんに触れたんです。
しばらく呆然としていた娘。
と・・・肩を震わせて泣き始めた。
大抵のことじゃ泣かないやつなんです。最近は・・・
悲しくても、悔しくても、寂しくても、最近は泣かない。
でも、号泣してました。長いこと・・・・・・
よかった~ ありがたかった~ あたしも嬉しかった~
竜ちゃんから、世界最高の合格祝いを頂きました。

娘は言ってます。竜ちゃんが本当にいる人なんだって、そう思えたって。
いつぞやの握手会で、いろんな人にたくさんの人が握手をしていただいているでしょうから、あたしたちみたいな、ちょっと手に触れただけじゃ、感激はないかもしれません。
でも、あの時、あたしには案内が来なかったし、来ても多分行けなかったし、行けても中丸くんだった。

泣いてる娘の肩を抱きながら、神様が一度にくれた、プレゼントに感謝しまくっていたあたしでした。



MCのあとのトロッコでは、田口くんは歌の最中で高いところ見て歌ってたから、触れ合いはなりませんでした。

次は中丸くんがやってきました。
ファンサの中丸くんといえども、やっぱりポーカーフェイスでした。
手は手すりを握っていたので、かなりの高さ。
あたしは左から来る中丸くんの高さまで必死で背伸びして、何とか手すりを握っている中丸くんの細い指に、ちょっぴり、ちょっぴりだけ触れることが出来ました。
感触はわかりません。 でも、やっぱり冷たかったよ~
みんな、手が冷たいんだね
娘も手を伸ばしていましたが、背が低いので届かず・・・
でも、「竜ちゃんの感覚が消えちゃうから良かったよ」って。さすがです。

さあて、ラストが亀ちゃんです。やはり左からやってきました。
でも、あたしにとって亀ちゃんはどこまで行っても高嶺の花。運命ですかね。
亀ちゃんは、トロッコの後ろ側にもたれるようにしてやってきて・・・
手が出るはずもなく。
ただ、あまりにも肉眼で正面で近かったんで。
あんなに近くで、肉眼で見たのは始めてて。(帝劇では、もっと近くでしたが駆け抜けてしまいましたからね)
皆さんがよく言われる「きれい」というのを、初めて感じました。ホント、初めて。
それはそれはきれいで、真っ白に見えた。
有田焼のような陶磁器に見えたの。
亀ちゃんを「白い」って思ったのも、初めてです。
絵の具の白とは違います。陶磁器の、あたしには身近な有田焼の白です。
ほんのわずかにアイボリーが混ざっているような・・・白。
後ろにもたれて、ちょっと上目線で見下ろしていく・・・ ある意味蔑まれたような気にもなる。
でも、ライブの亀ちゃんって、あたしには終始それなんだよね・・・

ただ、あたしから娘と並んで、その隣は4人の親子連れだったんだ。
娘の横がお父さんで、息子ちゃんを抱えてトロッコのほうへ差し出したの。
亀ちゃんは少し通り過ぎかかってから、それに気がついてね、
体を起こして、お父さんが持って差し出してた男の子の手に、さっと急いで触ってあげてました。
亀ちゃんが大きく体を動かしたから、香りがするんじゃないかって、慌てて空気を吸ってみましたが、判りませんでした。
娘も、何も感じなかったって・・・
よく言われる「いい香り」って、どんな香りなんだろう。
亀ちゃんが放つ香り、永遠の憧れです。


かくして、5人中3人の手に触れたという!!!!!!!
凄いです。物凄い衝撃でした。
もはや、ありがたや~~~の領域です。
本当に、嬉しかったです。








さて。時は流れて、アンコール。
この地最後のステージに参加するのは、多分始めてのあたしたち。
アンコールにも期待しちゃいます。
この日も、会場みんな凄く熱心にアンコールの声を続けました。
結果、初めての体験、トリプルアンコ

トリプルだからこそ、「ハルカナ約束」とか「Going!」が聞けたんですよ。
1日目は、どうやらバックステージツアーは始まる前だったようですが、2日目は終了後に集められていましたから、時間の余裕はあったようですね。

でも、「ハルカナ約束」は嬉しいね~♪
仁くんパート、きっちり歌ってまいりました(笑)

それでも、2日とも3時間半くらいだったと思います。
ジュニアのコーナー梨で、いつもと同じくらいの長さやるからね。KAT-TUNたっぷりって感じです。
あ、でも、ダンサーさんのコーナーとか、バンドさんのコーナーは考えてみたら、一応ありましたわ(笑)


タイトな毎日の中に、押し込むようにして参加した今回のライブ。
素敵な、素晴らしいお土産を頂いて、気持ちほっこり、充填されて。
KAT-TUNって、生きてる人間なんだな・・・って、やっと思えて。

亀ちゃんが実態であるって確かな証拠は、まだまだつかめないけれど。
また行ってみたいと、参加させて欲しいと、心から思いながらの帰り道でした。






当たったチケットにありがとう。

譲っていただいたチケットにあありがとう。

多くのスタッフさんにありがとう。

一緒に行って、感激を分かつ唯一の存在である娘にありがとう。

そうして、KAT-TUNにありがとう。

亀ちゃんに・・・ありがとう。












All Johnny's Fan ブログランキング  →よかったらパチコーンとおひとつ・・・








関連記事
スポンサーサイト



編集 |  18:18 |  KAT-TUN的日々  | CM(4) | Top↑

コメント

ライブツアーは最高の繋がりを持って無事に終えましたね

レポありがとう!福岡の記憶が甦ってきました!(b^ー°)
楽しかったですよねぇ

私はまるっきり反対にいたんですね~
まーったく来なかったもんね←チーン

亀ちゃん本当に美人で真っ白ですよね
顔も小さくて。
オーラが拍車かけるように出ていて。
ただただ見つめてしまいました(;^_^A

たっちゃんが元気だとMCの盛り上がりが全然違うから、2日目は乗りツッコミ満載で笑いが止まらずだったね!
娘さんの最高のお祝いが出来て本当に良かったって思います。

ツアー前の私は最悪の状況で自分の生き方に迷って、悩み、仕事も辞めるつもりでいました
そんなときにツアー参加
今もまだ様々に悩みながらジリジリと日々を過ごしていますが
KAT-TUNがあり亀ちゃんがいてくれれば・・・
何とか這いずりながらでも乗り越えていけるかなぁっ・・・て思っています

お互い、頑張りすぎないようにしましょうよね

コンレポありがとうです!
しずく |  2012.05.05(土) 21:31 | URL |  【編集】
本当に素敵な瞬間があって・・・
お嬢さんが号泣した気持ち。
その肩を抱いた、あなたの気持ち。
読んでいて、じ~~んとしちゃいました。
良かったね。ホントに良かった・・・


トロッコは、必ず1回は回って来てくれますからね。
トロッコ通路1列目。憧れの席の一つです。
そうそう、ごんままちゃんのように、その手に触れることが出来るものね。
今回は、通路から3列目。
こちらを向いていてくれれば、その姿はすぐ近い場所でした。
「綺麗な」「白い」亀ちゃん。
私も、同じことを思いました。
横顔の顎のラインが、シュッと研ぎ澄まされてる感じでね。
でもその顔は、優しい笑顔で。
目の前に来てくれたのは、たった1度だったけど
嬉しい瞬間でした。
読みながら、その時を思い出しています。








hide |  2012.05.05(土) 23:11 | URL |  【編集】
●しずくさま
すっかり遅くなりました。
その後どうしてますか?
お仕事は続けられている?それとも、辞める決断を?
ライブからすっかり時間が経ってしまいました。
亀ちゃんは映画のお仕事に邁進している様子。
あたしも頑張らねば・・・と、奮い立たせるように頑張ってるところです。

人生なんて、楽ばかりな人なんていないんだろうしね。
主婦でいたって、辛いことはたくさんあるだろうし・・・
亀ちゃんだって、悔しいことも、頭に来ることもきっとある・・・そんなこと勝手に思い込んで生きています。

しずくさんこそ、ギリギリすぎるとこまで自分を追い込んではダメですよ~
頼りましょ。両手投げ出してでもさ(笑)
あたしは、亀ちゃんと同い年の同僚に随分助けられてここまで来たよ。

どうか、元気でいてよね!
ごんままっち |  2012.06.05(火) 17:39 | URL |  【編集】
●hideさま
KAT-TUNが思いを込めた被災地でのライブ。福岡と派違うところもあったんだろうな~と、思っていましたよ。
広い会場、ラッキーなことはそう多くの人間に訪れるわけはなく。あたしも始めての体験で、沸き立ちました。
でも、とりわけ神様は娘に優しいんだと、感謝したり、ちょっぴり羨ましかったりです(笑)

あたし、ライブで近くに来た亀ちゃんが笑顔で目が合ったことってないかも?
いつもメタルな重たい鋭い視線が、あたしを貫く・・・
穏やかな彼って人である時間は、いつも想像の中。

しかし、「もっともっと近くに!」って願望は消えることはないですね。
遠い人だと心底解っているのにね。
優しい手は、亀ちゃんの近くにいる時は、あなたの手ですね~
いつか一緒にライブも行ける日があったらいいね。
ごんままっち |  2012.06.05(火) 17:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

パスワード

Calendar

最近の記事+コメント

記事一覧(月別)

メールはこちらから・・どうぞ

人気のページは?

♪♪♪

NTTコムリサーチ             

アクセスランキング

ブログ内検索